大坂峠の思い出

5/12(土)
 今日は,午後から所用があるため,午前中大坂峠でもと出かけました。北風が強く,結構寒かったです。半袖ジャージに冬用のアームカバーで十分でした。

 北風があまりに強いため,県道を外れまったりとあせび公園直登ルートへ。昔のことを思い出しながら,久しぶりのあせび公園を目指します。
e0201281_22442610.jpg

 わたしは,大学生時代を除き,生まれてからずっと,大坂峠の麓で生活しています。アンジェラ・アキのHOMEで歌われた「素朴な町」です。小学生の時,春の遠足は近所の寺からはじまり,6年生になると大坂峠へ歩いて上がり,少し大人になった気分がしたものでした。それから40年たち,自転車でたった30分ほどで上がるとは思いもよりませんでした。

 大坂峠は,源義経が屋島を目指して越えたことで有名ですが,鳴門の北灘や香川の引田からは,海岸線沿いのルートがなかったため,大坂峠を越えて魚などが運ばれ,大正時代には,私の曾祖父はこんな山の中で魚屋をしていたそうです。

 こんな事を考えながら,あせび公園へ到着。雲は多いですが,徳島市まできれいに,見渡せました。
e0201281_22445840.jpg

 あせび公園から大坂峠までの道は,昨年の台風?のため通行止めでしたが,崩壊現場の工事もほぼ終わり,大坂峠経由で引田へ下る事が出来ました。北灘海岸は,冬のような快適な追い風でに鳴門スカイラインへ。いつもの四方見の展望台でコーヒータイムです。
e0201281_22483073.jpg

 帰りはサイクルサイエンスで買い物をして,昼前には帰宅しました。20日は那賀川センチュリーランに申し込んでいるので,トレーニングがてら明日はどこへ行こうか思案中です。
走行距離:74 km
獲得高度:858 m
平均速度:23.4 km/h
走行時間:3:09:51
[PR]
by simisimit | 2012-05-12 22:56 | 練習 | Comments(2)
Commented by t at 2012-05-13 23:01 x
土砂崩れが改修されたのですね。
また、行ってみたいと思います。
Commented by あずさ at 2012-05-19 20:22 x
しみちゃんの曾祖父は魚屋だったんだね。初耳。
<< 三頭トンネルを越えて香川周回 連休最終日(大串半島,大窪寺) >>