人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2021北海道6輪車中泊旅14日目(サヨナラ北海道)

9/25(土) 晴れ 気温 14〜25℃
道の駅「みついし」で最後の車中飯。今日はちゃんと炊けました。
2021北海道6輪車中泊旅14日目(サヨナラ北海道)_e0201281_15421072.jpg
 
こちらの道の駅の裏にはオートキャンプ場がありました。すてきなところですが,コロナの影響か営業は終わっていました。
車中泊とオートキャンプ場を併用して夏に再訪したいものです。
2021北海道6輪車中泊旅14日目(サヨナラ北海道)_e0201281_15422666.jpg
コテージとテントサイトと両方ありました。私は一人旅なのでテントサイトですかね。
となりのせっかくなのでサラブレッド銀座サラブレッド銀座(両側に大きな牧場がずっと)は車で走って苫小牧へ(間違って消してしまい写真はなし)。新冠は自転車でまわっても楽しそうですね。
途中の台地の上にも牧場。
2021北海道6輪車中泊旅14日目(サヨナラ北海道)_e0201281_15424049.jpg
昼前には苫小牧につきました。洗濯物もたまり,家まで持ち帰るのもいやなのでコインランドリーで洗濯。さっぱりしました。
フェリーは23時過ぎ,時間はたっぷり。近くにウトナイ湖があるので行ってみることに。
新しい道の駅や展望タワーがあり賑わっていました。渡り鳥で有名だそう。
双眼鏡片手にタワーへ。がんなど多くの渡り鳥。オオハクチョウはもう少し後のようでした。
街中からほんの少しです。さすが北海道。
2021北海道6輪車中泊旅14日目(サヨナラ北海道)_e0201281_15431747.jpg
2021北海道6輪車中泊旅14日目(サヨナラ北海道)_e0201281_15425530.jpg
新千歳空港への航路が真上を通っているようで,ひっきりなしに着陸便が。ランディングギアを下ろしています。
2021北海道6輪車中泊旅14日目(サヨナラ北海道)_e0201281_15432416.jpg
こちらで昼食。wifiもあるのでたまった記事を書きながら。
2021北海道6輪車中泊旅14日目(サヨナラ北海道)_e0201281_15432964.jpg
あまり長いもできないので,ファミレスへ。じいさんがピザ食べながらブログ整理。勉強中の大学生二人組もいてまあいいか。
2021北海道6輪車中泊旅14日目(サヨナラ北海道)_e0201281_15433934.jpg
時間をつぶして19時頃には苫小牧東港へ。仙台行きフェリーは市街地に近いところからでているようです。こちらは。かなり離れています。
車両甲板が3階建てになっている大きなフェリーに22時過ぎに乗り込みました。舞鶴ー小樽の船より大きそうですね。
船内のお風呂に入り寝酒を飲んでバタンキューです。

# by simisimit | 2021-09-26 16:27 | 自転車旅 | Comments(0)

2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)

9/24(金) 曇り夕方少し晴れ 気温 14〜22℃
明るくなってもまだ少し降っていました。寝るときは,自転車を外に出しているので,タオルで拭いて車に収納。炊飯中電気切れ。昨日TVなんか見て使いすぎた。
仕方なくおかずだけ食べて出発。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_16414245.jpg
 
車中泊もあと一日。襟裳岬から帰りのフェリーに乗る苫小牧の間でと帯広を通過して南下します。このルートには,懐かしい幸福駅などあるのですが,3年前自転車で通った道。まっすぐな道を気持ちよく車を走らせます。自転車ではあんまりまっすぐで,うんざりしながらペダルをこいだことを思い出す。
忠類道の駅に。複合施設でこの町で発掘されたナウマン象の化石を展示。3年前見学。今日はやはり休館中。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_16414205.jpg
小腹が空いたので,道の駅で買ったカレーパンを裏山の展望台で食しました。写真のセンスがないので,何をとっているか分かりませんが。
前方に日高山脈が見えるはずですが,雲がかかっています。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_16414235.jpg
少しは知るとお隣の大樹町。
民間ロケットが打ち上げられる場所で有名ですね。一度見てみたい。
3年前はこちらのすてきなゲストハウスで泊まりました。

今回はパスしましたがまた一度。
広尾町から海岸線に。
国道沿いにフンベの滝。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_17010878.jpg
あんなところに道路を通すとは。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_17010965.jpg
1km以上のトンネルを3本抜けると「えりも黄金トンネル」4941m。愛媛,高知の境,寒風山トンネルが5432mで人や自転車が通れるトンネルの最長。こちらが2番目だそう。3年前は歩道がないので,車道の端っこを慎重に走り恐怖感はそれほどなかったのですが,今回車で走ると,皆さん思った以上のスピードで。これを見ると自転車では走りたくないですね。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_17010814.jpg
「何も~ない~」と歌われた襟裳岬ですが,色々あります。歌碑が2つ。吉田拓郎のと古い襟裳岬が並んでいます。展望台からまだ先があります。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_06543315.jpg
双眼鏡持参。銭形アザラシを観察することに。いたと思ったら海鳥。強風に耐えながらしばし観察していると向こうの岩礁の間にいました。
コンデジなのでよく分かりませんがとりあえず撮影・
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_06543479.jpg
4~5頭いたのですが,すぐ潜るので1頭だけ写っていた。今夏も風が強く寒々した襟裳岬でした。中学校の時から拓郎ファンだったので,襟裳岬を再訪でき,アザラシも観察できたので大満足。
岬から少し行ったラーメン屋さんで昼食後,今日の車中泊予定の新ひだか町へ。
3年前に泊まった浦河を通過。キレイな街並みですね。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_07280850.jpg
新ひだか町に入ると国道沿いでも馬の牧場が広がっています。
今日の車中泊地,道の駅「みついし」へ。地味な名前ですが温泉施設があり,目の前には牧場が広がっていました。今日はこちらでお世話になることに。
道の駅の施設は,非常事態宣言のためか閉鎖中でしたがトイレやとなりの温泉施設は営業中なので問題ないだろうと。
まだ時間もあるので,今日もおいしいビールをいただくために,牧場ランに出かけました。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_07453230.jpg
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_07461552.jpg
馬の牧場は広々して馬も美しい。走っていると警戒心が強いのかじっとこちらを見ていて,目が合いそうになると知らんぷりでした。
自動車には全く反応しないのに,私は不審者扱いでした。
内陸に少し走ると踏切。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_07461532.jpg
日高本線。2015年から高波や台風など災害に襲われ,線路はズタズタ。3年前は,代替バス運行中の表示を見たり,被害にあったレールを目の当たりにして,普及するのかなと思ったものです。今年,鵡川駅~苫小牧までの30kmほど残して廃線となったようです。寂しいですね。
久しぶりの10kmラン。写真撮りながらゆっくりですが疲れましたが,普通の道路を馬を見ながらランニングなんて最高でした。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_07461580.jpg
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_15133240.jpg
ランニング後は,お隣の温泉で汗をながしました。露天風呂があり,どんよりした雲と水平線の間に少し隙間がありもうすぐ日が沈みそう。サウナで暖まり見ていると思った通り,雲から太陽が顔を出し,丸い夕日が10分ほどで水平線に沈んでいきました。水平線に沈む夕日なんて初めて見たような。
吉田拓郎の名曲「落陽」の「しぼったばかりの~夕日の赤が~水平線から~もれて~いる~」を思い出しながら,旅の終わりにいいものを見せていただいたと少し感傷的に。襟裳岬や落陽の作詞をされた岡本おさみさん,昔から大好きでした。少し前に亡くなられていたんですね。
襟裳岬・落陽~牧場ランニングと充実した一日だったなあと,温泉の食事処で乾杯。
2021北海道6輪車中泊旅13日目(吉田拓郎と牧場ラン)_e0201281_15141067.jpg
明日は,仙台行きじゃないけど,苫小牧発敦賀行きフェリーで帰ります。



# by simisimit | 2021-09-25 16:55 | 自転車旅 | Comments(0)

2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)

9/23(木) 晴れ一時雷雨後雨 気温 16〜28℃
今日も車で少し移動するだけなので,ホテルで朝風呂に入りのんびり朝食。食い過ぎた。
マスクの熊に送られてホテル出発。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_14541296.jpg
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_14542013.jpg
展望を見ようとホテル近くの小高い展望台へ。
晴れてはいるがどんよりして,展望はよくない。気球が上がっていたが,紐付きのようで少し上がるとすぐに下りた。地図にアクティビティのイラストがあったような。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_14542943.jpg
 
帯広市内の博物館見学でもとまず,ビート博物館。てん菜から砂糖を作る工場跡なのかな。入ろうと思うと,
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_15074071.jpg
緊急事態宣言中で休館。
競馬場に馬の資料館があるようなので行ってみるとこちらも休館。競馬は無観客で開催中のようだが今日はやっていなかった。残念。

市内見学はあきらめ,連れ合いから頼まれたお菓子を買うため北上。小遣いをたくさんもらったので仕方ないですね。
帯広発祥の二大菓子店。両方混ぜてNHKの朝ドラのモデルだそう。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_15070523.jpg
大量のお菓子を自宅まで送ってもらいミッション完了。
お菓子売り場だけでなく,軽食,無料コーヒー,工場見学など盛りだくさん。
帯広で豚丼食いそびれたので,こちらで昼食。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_15240545.jpg
豚肉ライスバーガーと無料コーヒー。おいしゅうございました。
これで家に入れてもらえると一安心。さらに北上。
何かと思ったらひまわり畑。まだあるのですね。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_15304324.jpg
今日は士幌町の少し山間にある道の駅「しほろ温泉」で風呂に入った後,新しい道の駅で車中泊する予定。
今日は気温がうなぎ上り。半袖で十分です。まだ日は高いしどうしたものかと車を走らせていると,浮かびました。「そうだ,しほろ温泉に車をデポして,少し走ろう。朝はたらふく食べたし,カロリー消費して汗をかいて温泉には入れる」と。我ながら名案。
今日車中泊予定の道の駅をまず偵察。キレイで駐車場も大きい。問題なさそうです。
山間に少し入り「しほろ温泉」。元々あった温泉施設が道の駅を名乗っているよう。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_15491634.jpg
短パンに履き替え,久しぶりのランニング。
緩い坂をひたすら上ります.この頃には,気温も少し下がり,曇り空。遠くで雷鳴が聞こえるけどまだ大丈夫そう。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_15491607.jpg
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_15491650.jpg
歩道がついていて安全。スタートしたときは側道から元の場所に帰れそうだったのですが,スマホの調子が悪い(何かの拍子にディスプレイが暗くなっただけでした)。仕方なく基本に帰り?来た道を引き返しました。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_15570179.jpg
変なコース図でごめんなさい。広大な十勝平野の端っこに足跡が刻めました。
ランは久しぶりなのでへろへろで温泉へ。
汗を流し露天風呂に入っていると雨がポツポツ。中々よいタイミングでした。ところが風も強まり豪雨。風呂から出ても車のところまで歩いて行けそうにありません。
30分以上休憩しているとやっと小ぶりに。
車中泊予定の道の駅へ来るまで向かっていると。道路を泥水が。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_16070404.jpg
道の駅「ピア21しほろ」について頃には,雨はやんでいました。町制100周年でできたそうですが,名前の由来はよく分からない。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_16114462.jpg
夕飯は簡単に,こちらで買ったソーセージをホットサンドメーカーで焼いたもの。
2021北海道6輪車中泊旅12日目(不安定な天候に注意)_e0201281_16115811.jpg
寝ているとまた雨が降りだし,一晩中雨音が高級車?の中に響き渡っていました。


# by simisimit | 2021-09-25 15:46 | 自転車旅 | Comments(0)

2021北海道6輪車中泊旅11日目(のんびり十勝へ)

9/22(水) 曇り・濃霧 気温16〜23℃
 今日は,車で十勝へ移動するだけ。車中泊に優しい「阿寒丹頂の里」でのんびり炊飯したり,ブログ書いたり。いいところですが,農場も近いからかハエが多い。2匹ぐらのハエが車中から出て行かず,一緒に十勝までドライブすることになりました。私も田舎に住んでいますが,牛などを飼う農家がなくなり,ハエが少なくなりましたね。
本物のカボチャのオブジェ。とる角度が悪かったが,もう少し可愛らしい。

2021北海道6輪車中泊旅11日目(のんびり十勝へ)_e0201281_10323934.jpg
2021北海道6輪車中泊旅11日目(のんびり十勝へ)_e0201281_10323965.jpg
2021北海道6輪車中泊旅11日目(のんびり十勝へ)_e0201281_10323983.jpg
9時過ぎにスタート。これからさきは,サイクリングの予定はありません。海岸線に出ると濃霧。
3年前も自転車でこの道を帯広まで走ったのですが,そのときは雨交じりの濃霧。まだましですが,景色は見えないまま。
2021北海道6輪車中泊旅11日目(のんびり十勝へ)_e0201281_12192967.jpg
国道は山を抜けるルートなのですが,また海岸へ。展望台の表示があったので砂利道を上ると,
2021北海道6輪車中泊旅11日目(のんびり十勝へ)_e0201281_12251624.jpg
案の定何も見えません。十勝平野に入るとやっと霧も晴れたものの展望はそれほどよくない。マップにハルニレの木とあるので行ってみると,十勝川の河川敷にありました。
2021北海道6輪車中泊旅11日目(のんびり十勝へ)_e0201281_20272324.jpg
よく似たのがもう一本近くに。樹齢150年とのこと。北海道の開拓が始まる前から立っているのですね。

今回の旅の趣旨?は,「車中泊なら密を避けることができる。そうすれば,非常事態宣言中でも大丈夫」なのですが,ずっと車で寝ていると1泊ぐらいはという欲望に負け,十勝川温泉の宿を予約してしまいました。
本当は,連れ合い,娘夫婦と落ち合って十勝川温泉に泊まる予定にしていたのですが,宣言延長でキャンセル。そこで私一人,別の宿を取り直すことに。
3時にはまだ時間があるので,定番ワイン城へ。
2021北海道6輪車中泊旅11日目(のんびり十勝へ)_e0201281_20272374.jpg
2年前,飛行機輪行で富良野,十勝をまわった時にも寄ったのですが,今回は車なので十勝ワインも購入。

予定通り3時頃宿に到着。十勝温泉はモール温泉(泥炭と反応した植物起源の温泉)で有名。茶色く弱アルカリ。肌がすべすべに(私には関係ありませんが)。
今日は全く汗をかいてないので,サウナでたっぷり汗を出して夕食。
2021北海道6輪車中泊旅11日目(のんびり十勝へ)_e0201281_12502341.jpg
。90分
秋分の日の前日ですがすいていて,密とは無縁。ホテルは大変ですね。バイキングなので安く泊まれました。2千円で90分飲み放題をつけたので,この旅行で一番の贅沢となりました。



# by simisimit | 2021-09-25 10:48 | 自転車旅 | Comments(0)

2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)

9/21(火) 曇り 気温 16〜22℃
北海道に着いて最初の頃は,寝袋だけでは寒くって,ダウンを着込んで寝たこともありましたが,それ以降は夜も暖かくて,ペラペラの寝袋で十分。
釧路河畔駐車場で一夜を明かし,8時前にスタート。どんより曇り空。雨は大丈夫そうです。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_04481919.jpg
車中泊中,自転車を外に出さなくは行けないので少し面倒朝食は,釧路駅近くの釧市場で勝手丼。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_04570383.jpg
 
彩りが悪いけどおいしゅうございました。よく考えたら3年前の自転車旅でも釧路駅横のホテルに泊まりこちらにお邪魔しました。

車で釧路市湿原展望台へ。今日はここに車をデポして釧路湿原サイクリング(といっても,湿原の周囲の道路を走るだけです)。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05070342.jpg
内部は資料館になっており有料(480円)。3年前にも訪れてたのですが天気が悪くて何も見えなかったので再訪。

今回は曇りだけど展望は望めそう。展望台へはサイクリングが終わった後にして自転車でスタート。
こんな牧場があったり,
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05070328.jpg
湿原がちらっと見えたりで鶴居村。いいネーミングですね。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05070339.jpg
Google マップで見つけた鶴見台を目指します。
いつもはGarmin Connectでコースを描いてEdge530に転送しているのですが,今回はコースが単純なのでナビなしで走っていると,まっすぐ行けばいいものを,道路表示に惑わされ道を間違えてしまいました。方向音痴なもので,よく連れ合いに馬鹿にされます(^^;)
本来は通らない道を走っていると,
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05282896.jpg
牧草の上に白いもの,丹頂鶴がいました。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05284396.jpg
リュックから双眼鏡を取り出し観察。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05284382.jpg
頭の赤が可愛い。何かをずっとついばんでいました。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05284383.jpg
近所に営巣しているコウノトリをよく観察に行くのですが,丹頂も是非見たかったので念願が叶いました。コウノトリより少しスマート。
満足しながら自転車をこいで鶴見台。地元の方がこちらでえさを与えているようです。今回,こちらにはいませんでした。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05465328.jpg
湿原北部のコッタロ湿原展望台を目指します。
広い二車線道路脇の畑に,いました丹頂。探してみましょうみたいな写真ですが,中央奥と右の建物の下に寝そべっている2羽。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05470893.jpg
少し行くと,こちらには4羽。合計8羽も見られて大満足。よく分かりませんがみんなペアなのかな。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05470969.jpg
コウノトリは,ペアができると広い縄張りの中子育てし,巣立った子供も数ヶ月で縄張りから追い出します。資料館で,湿原内で営巣しているみたいです。
コッタロ湿原展望台までには,何度か小山を超えます。そのとき,2羽の丹頂鶴が優雅に飛んでいきました。カメラを取り出したときには飛び去った後。残念。
コウノトリと同じで羽の後ろが黒く,たたむと黒いしっぽみたいに見えるのですね。
下ると,どさんこ牧場。こちらは,前の記事に書いたY氏に教えてもらったところです。道産子に乗って湿原ツアーができるそう。事前予約が必要で,コロナのこともあ今回は今回はパスしていたのですが,サイクリングコースの途中にあるとは。再訪して乗ってみたいですね。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_05470861.jpg
昼ご飯を食べるお店らしきものはなく,携帯食も忘れて,やっと見つけた自販機のコーラでエネルギー補給。糖分を補えば,不摂生でたっぷりついた脂肪を燃やせるので大丈夫。
やっと展望台の案内表示。メイン道路から湿原へ入ります。といっても木々に隠れて湿原は見えません。
コッタロ湿原展望台到着。ここも自転車をおいて少し上ると展望が開けます。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06224362.jpg
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06224345.jpg

2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06224377.jpg
殆どの湿原展望台を訪れることがでよかった。後は湿原の周りを周回してと思うと,この先は工事(橋の架け替えのよう)で行けません。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06224359.jpg
ここからは砂利道のようで元々ロードバイクでは厳しそう。
仕方なく来た道を帰るばかり。先ほどの牧場ではどさんこに騎乗中。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06284018.jpg
途中の橋にこんな表示。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06304171.jpg
見てみたものですが,冬ここに来るのは厳しい。
あと10kmほどでキレイなカフェが。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06322521.jpg
お昼はコーラだけだったので寄ってみると,2:30でランチは終わったそうですが,カレーならと言うことでおいしくいただきました。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06322679.jpg
3時半頃展望台に帰着。
展望台に入館。3年前と違い湿原が展望できました。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06372391.jpg
噂通り湿原が山の向こうで展望は・・・・・
展示は,イトウがいたり丹頂の説明があったり興味深く見ました。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06372427.jpg
車を走らせ今日の車中泊地,道の駅「阿寒丹頂の里」へ。こちらは車中泊専用駐車場があり,施設内に温泉もあり助かります。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06372488.jpg
今日は車中飯。余り物のキャベツ,チーズとセイコーマ買った買ったサラダチキンを焼いてみた。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06372485.jpg
あとは,家から持参したマカロニ(ねじれたやつ)を市販のトマトソースで煮てみました。少し水を入れながら表示のゆで時間くらいで大丈夫でした。
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06372435.jpg

湿原サイクリングのコース
2021北海道6輪車中泊旅10日目(釧路湿原サイクリングと丹頂鶴観察)_e0201281_06372390.jpg

# by simisimit | 2021-09-23 06:50 | 自転車旅 | Comments(0)