人気ブログランキング |

種子島・屋久島の旅⑤・・・最終日

9/13(金)
安房発7:00の高速船で鹿児島へ。
屋久島は,宮之浦がメインの港ですが高速船は安房発が早い便があるので宿を取りました。
6時頃,宿の近くの安房港へ。高速船なので輪行袋へ自転車入れて(自転車代金+千円)。
e0201281_19175685.jpg
今日の屋久島はどんよりしています。ロケットは飛ばなかったけど,天気に恵まれた5日間でした。
e0201281_19175622.jpg
2時間半で鹿児島港。思ったほどは揺れませんでした。
再び組み立て鹿児島中央駅へ。
駅でまた輪行袋へ。これが面倒ですね。
12時前の新幹線へ。駅弁がを買って自由席へ乗車。平日なので空いていて,最後部の席をゲット。後ろに輪行袋を置けて快適です。
e0201281_19175553.jpg
後は駅弁食べながら鉄道旅。夕方自宅へ帰り着きました。

旅のまとめ
① 経費
  食費等は入っていませんが,宿3泊,テント1泊で宿泊費は少なくすみました。
交通費  板野-鹿児島中央往復 41370
鹿子島-種子島フェリー 4310
種子島-屋久島フェリー 1770
屋久島-鹿児島高速船 10000
宿泊費 鹿児島ドミトリー 2800
屋久島民宿(2泊) 7000
67250
② ルート等
  • 九州新幹線で思った以上に早く鹿子島に到着。瀬戸大橋をマリンライナーで渡るとき通勤時間帯で輪行の身にとっては形見の狭い気分。もう少し遅い便で出発した方がよかったかな。
  • 両島ともフェリーの便数が少ないの旅程を立てるときには注意する必要が。
  • 鹿子島のドミトリーは鹿児島中央駅に近く,その上平日は空いていて快適でした。
  • 両島ともコンビニが少なく補給には注意が必要。 

# by simisimit | 2019-09-18 20:18 | Comments(2)

種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ

9/12(木)
屋久島2日目。計画していたときは,トレッキングシューズを持ってきて登山もと持ったりしたのですが,荷物がかさみ最初からサイクリングだけと今日はヤクイチ?!
最高の天気の下,宿を7時過ぎに出発。島を回るときはお約束の時計回り(海が左側に見えるので)。といっても海はほとんど見えません。小さなアップダウンで南へ。
e0201281_21030240.jpg
少しは知るとサル川ガジュマルの看板。周回道路から少し入り徒歩で数百m歩き杉林の向こうにガジュマル林と苔むした岩が。
e0201281_21030255.jpg
周回道路に戻り少し走ると「トローキの滝」。海に直接滝が。
e0201281_21030327.jpg
屋久島南西部は自然が一杯ですね。
宿から20kmほど走ると平内海中温泉。干潮の時だけ入れるようです。荷物は宿に置き,タオルだけこのために持ってきました。まだ8時台なので誰もいません。200円を入れ入浴。硫黄の匂いがして温泉です。
e0201281_21030340.jpg
屋久島最南端から西側へ。中間ガジュマルです。朝ドラのロケにも使われたとか。ガジュマルの大木が門になっています。
e0201281_21030367.jpg
続いて大川の滝。屋久島の中央は花崗岩が隆起した山脈ですが,周囲は四国南部に見られる四万十帯と同じ岩相。砂岩がマグマで変成岩となったホルンフェルス(固い)の滝です。周回道路から少し入ると見られます。
e0201281_21001797.jpg
e0201281_21001727.jpg
徳島南部の千羽海崖のような風景。
e0201281_21001814.jpg
西海岸は道路も狭くなり,一車線道路が続きます。道路脇でサルが毛繕い中。
e0201281_21001861.jpg
シカも出てきて,逃げる気配がありません。
e0201281_21001831.jpg
下りも対向車や動物に気をつけながら。周回道路から少し入ると屋久島灯台。
e0201281_21001846.jpg
灯台の向こうに口永良部島。活火山で噴煙を上げています。噴火による火砕流のため全島避難のニュースがありましたね。

e0201281_21001803.jpg
西部は崖が多いのですがやっと砂浜が。ウミガメの産卵で有名だそう。
e0201281_21344802.jpg
屋久島,種子島で初めて通過するトンネル!
e0201281_21001963.jpg
昼頃,昨日フェリーで着いた宮之浦到着。食事して宿まで20km。
宮之浦岳方面。サドルバッグやフロントバッグを外し楽でした。といってもペースは上がりませんが。
e0201281_21001988.jpg
宿への途中,昨日落としたザックが歩道に置かれたいました!どなたかが移してくれたみたい。感謝感激,ありがとうございました。
なんとか日の高いうちに宿へ帰着でしました。
夜は,居酒屋へ。鯖の刺身や亀の手をいただきました。(亀の手は徳島でも磯で見たことはありますが食べるのは初めて)
e0201281_21440401.jpg
天気もよく楽しいサイクリングでした。
周囲は100km弱ですが獲得標高は1400mとアップダウンが激しいコースでした。
e0201281_21420488.jpg


# by simisimit | 2019-09-15 21:47 | 自転車旅 | Comments(2)

種子島・屋久島の旅③・・・ショック!

9/11(水)
テントわ張らずにシートにくるまっていたものの虫がひどく、結局張ったものの暑さや、多くの人がいるもので話し声やらで寝たり起きたりで4時頃テント撤収。
e0201281_05303503.jpg
暗闇に浮かぶロケットや満天の星空を眺めながら待ちます。天の川を見るなんて久しぶり。
5時頃放送が。不具合があり今日の打ち上げは中止とのこと。
どうしたものかと思案しているとキレイな日の出。
e0201281_05305058.jpg
6時からのJAXAの会見をネットで見ていた方が発射台で火災があったとと。
天候のための順延ならテント泊で待つつもりだったのですが、仕方ないので屋久島へ行こうと。打ち上げのあと種子島を少し周るつもりだったのですが、それは次回に(リベンジしたいものです)
種子島南端、門倉岬へ。
e0201281_05320353.jpg
日本史で習った1543年ポルトガル人が上陸し鉄砲を伝えた門倉岬。
e0201281_05322900.jpg
岬から海岸線沿いに屋久島へフェリーが出ている島間港へ。
11時前のフェリーで屋久島へ。ここからの船便は奇数日が午前、偶数日がこごと変化します。
一時間の船旅で屋久島、宮之浦港。
e0201281_16231548.jpg
宮之浦で昼食、島の東部安房(縄文杉や宮之浦岳登山の起点になってるみたい)へ。
安房からの高速船が早い時間に出ているのでこちらで宿を取りました。
e0201281_05341745.jpg
20km走り安房到着。途中サドルバッグにゴムバンドでくくりつけたザックを落としてしまいトホホ。大したものは入っていないのであきらめて。
時間も早いので、少し山へ入った屋久杉自然館へ。
汗だくで上り到着。縄文杉への登山口へは車をここに置きバスに乗り換えようです。
今回はここで屋久杉について学ぶだけで我慢します。
e0201281_05343020.jpg
素泊まり7千円(二泊で!)の宿に投宿。個室で快適。
近くの食堂で屋久島定食。トビウオの干物や刺身が美味しかった。昼もトビウオの唐揚げでした!そう言えば鹿児島から種子島へのフェリーからトビウオが飛んでるのが見えました。
e0201281_16474751.jpg
今日のコース
e0201281_05345259.png
走行距離:70km

# by simisimit | 2019-09-12 06:12 | Comments(0)

種子島・屋久島の旅②

9/10(火)
早朝、鹿児島市内のゲストハウスわ後にして港へ。2800円で4ベッドの部屋は私一人。寂しいけど快適。
e0201281_19272554.jpg
フェリーで種子島へ。3時間半の船旅。
少し噴煙を上げる桜島を横目に、
e0201281_19275772.jpg
昨年走った開聞岳や佐多岬を見ながらの船旅は感慨無量。
e0201281_19284122.jpg
などと思っていると種子島到着。港の灯りもロケット。
e0201281_19350723.jpg
フェリーを降りて、種子島の南、ネットで調べた射場に最も近い恵美之江展望公園を目指します。
屋久島がすぐそこに。
e0201281_19354303.jpg
海岸線から内陸へ。と言っても、種子島は最も高いところも200m少々なので大したことはないのですが、細かな起伏と暑さでヘロヘロ。
何とか展望公園到着。すでに車が一杯。
HⅡBロケットはすでに射場に。
e0201281_19364236.jpg
e0201281_19371074.jpg
テントも持っているのですが、グランドシートに昨年の旅で持っていったものの使わなかったエマージェントシートにくるまり寝ます。
e0201281_19373458.jpg
e0201281_19375908.jpg
明日が楽しみです。

# by simisimit | 2019-09-10 18:44 | 自転車旅 | Comments(0)

種子島・屋久島の旅①

9/9(月)
一度は見たかったロケットの打ち上げ。
9/11に予定されており、天気もよさそうなので、屋久島にも行こうと輪行旅。
朝一の特急て板野を出ると、12時前に鹿児島中央駅。
今日は市内のゲストハウスを予約しているので市内を散策。最後にジリジリ照りつける太陽の下城山へ。
e0201281_04293245.jpg
桜島は雄大です。
明日はフェリーで種子島へ。ロケット予定通り上がればいいのですが。

# by simisimit | 2019-09-10 04:12 | 自転車旅 | Comments(0)