人気ブログランキング |

北海道again 1日目【徳島−舞鶴】

6/19(水) 晴れ 気温 20〜28℃
昨年の今頃,道東を走っていましたが,今年も友人に会うため北海道へ。
今回は10日ほどの日程で美瑛や富良野から帯広へ。

北海道へは舞鶴からフェリーで。自宅近くの高速Pから高速バスで三ノ宮。
e0201281_19094542.jpg
三ノ宮からも高速バスで福知山へ。高速バスは、自転車を載せてくれない場合もあるようですが、どちらもOK。ただ、福知山へはバスの荷物置きが一番コンパクトな輪行袋でもギリギリでした。

鳴門西7時過ぎのバスでしたが11時前には福知山到着。
昨年の11月に走ったマラソンのコースをたどり舞鶴へ。
e0201281_19100855.jpg
e0201281_19113856.jpg
福知山マラソンは寒くてヘロヘロでゴールしたことを思い出しながら、今日は追い風で快適。舞鶴まで40km程なので2時ごろには舞鶴到着。

小樽行きのフェリーは夜中に出発のため、昼食後、昨年の旅でも寄った赤煉瓦へ。
e0201281_19115802.jpg
1年前ですが、何か懐かしい。
夕方まで散策して、スーパーで船旅の買い出しや夕食後フェリー乗り場へ。
e0201281_19121557.jpg
e0201281_19123084.jpg
夜中に出発して小樽へ20時間。船内でどう過ごしたものか。


走行距離 43.9km
走行時間 1:51:13
獲得標高 184m




# by simisimit | 2019-06-19 19:49 | 自転車旅 | Comments(0)

久しぶりの自転車

5/22(水)
ランニングはボチボチやっているものの,自転車はミニベロや通勤に使っていたGHISALLOで買い物やテニスに出掛けるくらいで全く乗れてません。
6月に一週間程の自転車旅を計画しているのもで,今年初めて日本一周に使ったピナレロで練習に。

快晴で絶好の自転車日和。大坂峠を越えて鳴門方面へ。
ゆっくり自転車では久しぶりの大坂峠。
e0201281_20504410.jpg
昨日までは風も強く大荒れでしたが今日は風も弱く快適。北灘海岸から鳴門スカイラインへ。
四方見展望台で小休止。
e0201281_20504339.jpg
ミステリツアーのバスが止まっており大賑わい。
気持ちよく下って昼頃帰宅しました。
e0201281_20565026.jpg
梅雨入りまでにもう少し自転車にも乗りたいものです。

# by simisimit | 2019-05-22 20:57 | 練習 | Comments(2)

19日目最終日【上海−関空】上海空港でチェックイン詐欺にあうものの何とか帰ってこられました。

5/7(火) 晴れ 
リスボンを昼頃出発したイベリア航空は、予定より少し早く朝6時過ぎに上海到着。
スペインでネット予約したチケットは、上海で中国東方航空に乗り換えのため、一旦入国してチェックインする必要があるよう。
厳しいチェックが何度もあり、私は昼過ぎの関空便、娘は9時の成田便なのでそれほど余裕はない。また、到着したT1からT2へ移動する必要があります。1kmはあろうかと思える通路をT2にいそぎます。

7時半頃だと思うのですが、中国東方航空のチェックインカウンターに到着。自動チェックイン機でパスポート認証で航空券を発券してカウンターで手荷物を預けるシステム。
何台かの機械の前に列ができていたので並んでいると、上下ブルーのスーツ(ノーネクタイ)の係の青年が近寄ってきて、空いている機械まで案内して、その上私の手続きをしてくれた。親切だなと思っていると、娘は来る時間が遅くて席が埋まり機械ではチェックインできないとカウンタへ案内された。
私は荷物預けの列に並んでいると,カウンターで先ほどの青年ともう一人の男性,娘がカウンターの係の女性と話をしている。
心配しながら荷物を預けたころに娘もやってきて,遅れてやってきたので席を取るには1万円必要と言われ,仕方なく払うとチケットを発券してくれたとのこと。娘は急ぐのでここで別れ先に出国ゲートへ。
帰国してから連絡を取ると,出国ゲートを出てから航空会社の係に聞くとそんなシステムは無いとのこと。東京へ帰り着いてから航空会社に電話しても多分詐欺でしょうとのこと。何人が詐欺に関わっているか分かりませんが,急いでいる旅行者や私のように言葉が分からずもたもたしている旅行者を騙しているのかと思われます。
チェックインカウンターの前で堂々とやっているので,厳しい警備をするならそちらも取り締まればと思ってしまいます。
最終日に少し後味が悪かったけど,いい勉強代かなとポジティブに。

娘と分かれた私の方は,時間が十分にあるので寝過ごさないよう気をつけてのんびり読書。
発着便が多くてボーディングブリッジが足りないのか,バスで搭乗。
1時間ほど遅れたものの,夕刻関空に到着しました。
e0201281_22554851.jpg
関空から徳島へは高速バスで。小腹も空いたので,久しぶりのおにぎり弁当と日本のビールで美しい夕焼けに乾杯。
e0201281_22560143.jpg
e0201281_15395915.jpg
今回,旅の前半は一人旅で少し自身もついたので(後半は娘について行くだけで楽ちん。感謝しています!),日々節約をして!またどこかへ行きたいものです。




# by simisimit | 2019-05-08 16:59 | 海外旅 | Comments(0)

18日目【マドリード−上海】やっと帰れそう

5/6(月) 晴れ 気温 8〜?℃
取り直したチケットは、マドリード12:00発、上海乗り換え便。
余裕を持って!7時過ぎにホテルを出発。
当日予約したので二人で1泊1万4千円くらいと、場所とホテルの格の割に安価に泊まれました。
e0201281_17474469.jpg
ホテ近くのアトーチャ駅横のバスターミナルへ。
立派な駅でした。
e0201281_17480485.jpg
e0201281_17482114.jpg
途中渋滞があり、空港までは45分以上かかり、9時頃到着。今日乗るイベリア航空はT4、おとといバタバタしたT1,T2と滑走路をはさみ逆側。バスはいったん外に出てT4へ。思っより大きな飛行場でした。

今回は余裕を持ってチェックイン。パぅポートコントロールも空いていて搭乗口へ。
途中のカフェでは生ハムが。街ではよく見た光景ですがさすが。
e0201281_18123382.jpg
後は順調に飛ぶことを願うばかり。
e0201281_18130475.jpg


# by simisimit | 2019-05-06 18:24 | 海外旅 | Comments(0)

17日目【マドリード】マドリード観光

5/5(日) 晴れ 気温 7〜25℃
飛行機の遅延で予定外のマドリード泊。
せっかくなのでと気持ちをポジティブに朝はランニングに。歴史的な建造物が朝日に照らされ。
坂が多く息が切れるほど。
e0201281_11105783.jpg
ホテルから王宮まで走り折返し。
e0201281_11112590.jpg
帰る途中、高圧の放水で清掃中。
e0201281_11114212.jpg
ゆっくり見物も兼ねて1時間ほどで宿へ帰りました。
e0201281_12231031.jpg
走行距離:スタート押し忘れ5kmほど。

カフェで朝食後、近くのソフィア王妃芸術センターへ。有名なゲルニカを始め近代現代美術を中心に展示されているそう。

開館の時間に行ったのでほとんど並ばず入館。18世紀建築の立派な建物に近代的なエレベーターが設置されているのが面白い。
e0201281_11122617.jpg
ゲルニカが展示されているゾーンだけ写真撮影禁止。
美術にそれほど興味のない私でも、ゲルニカの本物の迫力に圧倒されました。
近くには写真で記録されたゲルニカ制作の過程が展示され、絵がどう変わっていったか本物と見比べ面白かったです。

撮影可のゾーンも普通にピカソ、ダリ、ミロ等(私が知っているのはこの3人くらい)
の作品が展示され、ピカソがゲルニカを作成する動機となったスペイン内戦の写真や映画も展示され興味深く見ました。
e0201281_11152439.jpg
ダリ
e0201281_11143847.jpg
e0201281_11145303.jpg
ミロ
e0201281_11150633.jpg
ピカソはたくさんありすぎ撮り忘れました。
広い館内を2時間ほど見学。

次は日曜に開かれている蚤の市へ。多くの人で賑わっていました。
e0201281_11131295.jpg
お腹も空いたので、王宮近くのサン・ミゲル市場へ。100年前にオープンの歴史ある市場だそうですが、改装され近代的。
e0201281_11133067.jpg
高知のひろめ市場のように(と言ってもこちらが先か)それぞれの店で料理や飲み物を購入し椅子席などで食べるシステム。人であふれ椅子席は空いていなかったので、立呑席で。
南スペインを旅してきたので少し高めですが、雰囲気を味わいながら食べるのはいいですね。
e0201281_11140799.jpg
王宮横のアルムデナ大聖堂。案外新しく19世紀後半に建造されたとか。
e0201281_11154951.jpg
入り口には、ホームレスのジーザス!
e0201281_11160594.jpg
内部は荘厳な雰囲気ですが、新しいものも多く、古いものと新しいものが融合した聖堂でした。
e0201281_11162068.jpg
朝訪れた王宮は、入れる見たですが長蛇の列で外から眺め歩いていると、
グラス・ハープを奏でるおじさんとか、
e0201281_11164997.jpg
どうしてこんな姿勢が取れるのか謎の青年(多分支えている手は作り物で台とつながっているのかな)や見てるだけで楽しい。
e0201281_11194274.jpg
王宮の北にある公園まで行くと見晴らしもよく、マドリードの地形がよくわかります。芝生ではたくさんの市民が寝っ転がって日光浴。中には水着の人も!
e0201281_11171705.jpg
エジプトから移築した神殿が。
e0201281_11191891.jpg
予定外のマドリード観光を楽しみ、宿へ帰りました。明日は12:00の便。今度こそスムーズに帰れることを願いながら。



# by simisimit | 2019-05-06 13:38 | 海外旅 | Comments(0)