人気ブログランキング |

とびしま-しまなみ一周

12/17(土)
 現在乗っているステップワゴンが調子は良いものの20万kmを越えて,注文した車が今週納車になるのですが,間違ってガソリンを満タンにしたので,手放す前に長距離をと思い立ち,とびしま-しまなみへ行ってきました。ついでに家人には,50数歳の誕生日記念(言い訳ですが)と言って出かけました。
 朝4時30分に自宅を出発。今治には6時40分頃到着しました。以前にの停めた,今治駅東横の駐車場(24時間500円です)に停め今治港へ。ここからとびしま海道の起点岡村港へ。フェリーもありますが,始発の7時36分の便は自転車をたたまなくては乗れません。そこで輪行バッグを用意して,乗船しましした。約1時間で岡村港へ到着です。今回のルートはこちらです(ルートラボ)
とびしま-しまなみ一周_e0201281_18552153.jpg

とびしま-しまなみ一周_e0201281_1855479.jpg

 とびしまは,今年の3月に1泊(三原泊)で訪れましたが,しまなみ海道と比べて車も少なく素朴なところが何度でも行きたくなります。
 海岸線沿いに小さな島を渡り,大崎下島へ。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_1963087.jpg

とびしま-しまなみ一周_e0201281_197139.jpg

 この島には,江戸時代に栄えた港町「御手洗」があります。昔へタイムスリップしたような町並みが保存されています。ゆっくり見学したいのですが,日帰り,先を急ぐ旅なので写真を数枚とって次の島を目指します。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_19113038.jpg

 豊島をとおり,上蒲刈島へ。適度なアップダウンが快適です。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_19181875.jpg

とびしま-しまなみ一周_e0201281_1919732.jpg

とびしま-しまなみ一周_e0201281_19195667.jpg

 とびしま海道最後の安芸灘大橋をとおり本州へ渡ります。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_19222751.jpg

 ここからは,国道185号を通り尾道へ国道185号は,街中,山沿い,海沿いと様々な所を通ります。一部交通量が多くストレスになる場所もありますが,比較的快適に走れました。
 しばらく走ると竹原へ。この町も江戸時代に栄えた場所で,当時の町並みが保存されています。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_19271887.jpg
 
 3月には宿泊した三原を通過して尾道へ到着。14時頃到着したので,日暮れまでに今治までと先を急ぎます。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_19332846.jpg

 尾道から向島へはおきまりの渡船で。運賃100円+自転車10円です。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_19362314.jpg

 あっという間に向島です。向島から因島へ。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_1940449.jpg

 因島から生口島,大三島,伯方島,大島へ。寝不足気味でいつもよりへろへろになりながら,伯方島へ。この間カメラの調子が悪くて写真はありません。大島を縦断してやっと来島海峡大橋が見えてきました。3連橋の吊り橋で有名です。この頃には日が暮れてきました。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_19502649.jpg

 やっと四国本土へ渡り,何とか今治へ帰り着きました。今治城をとおり駐車場へ。疲れましたが充実した誕生日(誰も祝ってくれませんので)になりました。
とびしま-しまなみ一周_e0201281_19534355.jpg

とびしま-しまなみ一周_e0201281_1954382.jpg


走行距離:183.43 km
獲得高度:1,199 m
最高速度:56.4 km/h
平均速度:24.3 km/h
走行時間(走行のみ):7:32:12
by simisimit | 2011-12-18 19:56 | 自転車旅 | Comments(4)
Commented by pilot at 2011-12-19 18:26 x
行動範囲が半端なく広いですね。
見習わなくては・・・・。
Commented by t at 2011-12-19 19:11 x
本当に、長距離走行に関心です。
私なんか、休日の神山往復46キロで満足な生活をしております。
Commented by simit at 2011-12-19 21:16 x
pilotさんへ
自転車を始めたのが遅いので,ついつい残された時間を考え?
遠くへ行きたくなります。pilotさんのように,到底宇宙へは行けません。
Commented by simit at 2011-12-19 21:18 x
tさんへ
そんなことはないですが,いつかご一緒したいです。
<< 大坂峠-星越峠 鳴門スカイライン >>