人気ブログランキング |

64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった

6/24(日) 晴れ時々曇り 気温 12〜22℃
オーナーの水本さんに見送られ「旅うたり」を後にします。また雪の季節に丹頂鶴を見に訪れたいものです。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04182254.jpg
青空の中十勝平野を南下。
海岸線に出ると十勝港のある広尾町中心部。何の建物かと思ったら消防署でした。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04184102.jpg
国道沿いに崖から直接水が落ちている滝がありました。フンベの滝と言うそうで、知床のミニチュア版。えりもへ続く道を黄金道路というそうです。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04185755.jpg
海岸を見ると、大量の海藻が。それをとっている人がいます。昆布です。これからが昆布をとる最盛期だそうです。海岸線ではいたるところでとっていて、直接軽トラに載せていました。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04190533.jpg
えりも町に入ります。日高山脈が海に直接おちこむ場所で、断崖が続き、2kmを越える長いトンネルが何本も。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04191575.jpg
走っていると、3日前に札幌で再会した友人とバッタリ。いくらなんでもそんな偶然がある分けはなく、えりもでキャンプ中の友人から今朝連絡があり、丁度会えそうだなと。
黒塗りクラウンで北海道を1ヶ月ほどキャンプしながら周っています。進行方向が逆なので、またの再会を約束して別かれました。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04192383.jpg
友人と別れ少し走るとまたトンネル。今度は北海道最長のトンネル。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04193267.jpg
こんなところを通って来たのですね。
道路建設にまつわる碑があり、江戸時代から十勝と日高を結ぶ道の建設は様々な形で行われ、昭和の初めに多額のお金をかけてつくられた時、黄金を敷き詰めた道路だということで黄金道路とよばれるようになったとか。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04194310.jpg
襟裳岬方面が見えてきました。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04195013.jpg
途中には牧草地が広がり、牛が放牧されています。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04195987.jpg
台地の上には自衛隊のレーダーが。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04201335.jpg
もうすぐ岬。何かと思ったら駐在所でした。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04202232.jpg
岬に到着。「襟裳岬」の歌碑が。昔からの拓郎ファンとしては、襟裳岬と洛陽で歌われた苫小牧はぜひ訪れたかった場所です。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04203211.jpg
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04204111.jpg

64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04205022.jpg
襟裳岬の風は強くて少し寒かったのですが、念願の岬を訪れた満足感で、今日の宿浦河へ急ぎます。
途中にはいたるところに小石を敷き詰めてありました。聞くとここで昆布を干すそう。最盛期には昆布で一杯になるとのこと。それぞれが個人のものだそうです。
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_04210188.jpg
4時前には、宿に到着。今日は久しぶりにビジネスホテル。
時間もあるので、自転車の掃除を念入りにできました。


今日のルート
64日目【大樹町−浦河町】襟裳岬は寒かった_e0201281_05290185.jpg


走行距離 118.19km
走行時間 5:47:50
獲得標高 478m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-25 05:31 | 日本一周 | Comments(0)
<< 65日目【浦河−苫小牧】昆布海... 63日目【札幌−帯広-大樹町】... >>