65日目【浦河−苫小牧】昆布海岸?と競走馬の故郷を行く

6/25(月) 晴れ 気温 11〜19℃
夜ニュースを見ていると、関東では35度を越える猛暑日とか。こちらは20度にも満たず肌寒いくらいでした。今年は以上で作物への影響が心配されるとか。

雨が少し降ったようで、路面が濡れている浦河を少し寒いですがアームカバーだけで出発。
30年以上前ですが大きな地震に見舞われた町です。大通りはきれいに整備されています。
e0201281_21031381.jpg
海岸線に出ると向こうは青空。海岸は昆布でうまっています。さすが日高昆布の産地ですね。昨日から海岸線はずっと昆布。
e0201281_21032449.jpg
新日高町に入ると、国道脇に馬が放牧されて入れています。サラブレッドなのかな。
e0201281_21033932.jpg
昆布を干してあります。浜と小さな岬が連続して、浜ごとにこのような風景。
e0201281_21043355.jpg
新日高町の中心静内。郊外型の大きな店舗が並んでいます。
e0201281_21045128.jpg
新冠町に入り少し行くと道の駅。浦河を出たときは追い風だったのが、すぐに強い向かい風に変わりヘトヘト。
少し休んでいくことに。
活躍した競走馬のモニュメントが並んでいます。競馬にはあまり興味はない私でも聞いたことのある町だけのことはあります。
展望台のある建物は、新冠レ・コード館と表示がありなんだろうと中に入るとレコードが沢山。著名な評論家からの寄付だそうで60万枚所蔵とか。視聴室もあり聞けるようです。学生の頃バイトでプレイヤーやアンプを購入して、なけなしのお金でLPレコードをかっていたことを思い出しました。その時買ったレコードもあり懐かしい。
e0201281_21054469.jpg
懐かしいレコードが並んでいます。月曜ということで、展望台と2階の展示は休館で残念。
e0201281_21061293.jpg
外にはハイセイコーの銅像が。
e0201281_21062353.jpg
道の駅から少し行くと牧場が見渡せる場所。ここから川沿いに牧場が並びサラブレッド銀座というそう。競馬好きの友人T・K氏が喜びそうな場所ですね。
e0201281_21063494.jpg
e0201281_21064450.jpg
日高町に入ると線路が。調べてみると日高本線は3年前の盛土流出以来運休中とか。道理で列車が走っているのを見ないはず。他の場所でも被害を受けていました。
e0201281_21065618.jpg
日高町の中心門別からは少し海から離れ広々してきます。遠くには日高山脈。昨日見たのと逆側から見ることになるのですね。
e0201281_21071111.jpg
町の外れには門別競馬場。
e0201281_21072987.jpg
ずっと馬の放牧場が続いていたのですが、むかわ町に入ると水田が現れました。日本海側を走っているときは、稚内の手前の天塩町あたりに最北の水田という表示が出ていたような。道東を走ってきて初めて見た水田です。
確かではありませんが、夏の気温の違いなのかな。
e0201281_21080240.jpg
厚真町に入るともうすぐ苫小牧。
e0201281_21090510.jpg
国道を離れ産業道路のようなところを走ります。千歳も近いので、飛行機の航空路になっているようで、次々旅客機が通過。次はあの飛行機でと怠け心も。
e0201281_21091742.jpg
苫小牧に入り、フェリー乗り場に。吉田拓郎の「落葉」で歌われた場所です。たぶん当時とは風景が違うと思いますが、大きな仙台、名古屋行きのフェリーが停泊中。
苫小牧は港が広がり、物流の中心なのが実感できました。
e0201281_21094564.jpg
今日の宿は苫小牧駅近くですが、時間もあるのでスーパー銭湯へ。
思ったより距離があったのですが、湯につかると「苫小牧発〜仙台行きフェリー〜」と鼻歌を歌いながら満足感にひたれました。

今日のルート
e0201281_04005716.jpg

走行距離 142.29km
走行時間 7:32:33
獲得標高 561m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

[PR]
by simisimit | 2018-06-26 05:10 | 日本一周 | Comments(0)
<< 66 日目【苫小牧−洞爺湖温泉... 64日目【大樹町−浦河町】襟裳... >>