人気ブログランキング |

2014年 07月 28日 ( 1 )

久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート

7/26(土)
 今年も久万高原ヒルクライムに参加しました。前日は,松山泊の予定で,ホテルに車をデポして今治経由で。ルートはこちらです。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_2313782.jpg

 暑さの中,奥道後から石出川ダムへ。
 
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_2365115.jpg

 今治へは緩い上りが続きます。途中,棚田が広がります。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_0333885.jpg

 何とか越えると,今治側にもダム湖が。ボートが涼しげに練習をしていました。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_036547.jpg

 今治市街へは下らずに,途中から山越えをして海岸線へ。海岸線沿いに再び松山へ。結構な向かい風で,海岸線の風景に癒されながら松山市街へ。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_039226.jpg

 道後温泉を経由して車をデポしたホテルへ。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_0414719.jpg

 スーパー銭湯と合体したホテルでゆっくり休んで明日に備えました。
距離: 90.47 km
タイム: 4:00:06
平均スピード: 22.6 km/h
高度上昇量: 792 m

7/27(日)
 ホテルを5時に出て,スタート地点の久万高原の美川スキー場へ。8時に開会式。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_047581.jpg

 今回のコースは,15.4km,標高差1065m,平均斜度6.8%です。スタート地点まで,開会式会場から10kmほど下ります。9:30からグループ順にスタート。我々50歳以上のグループは,最後から2番目(MTB,女性,少年の前)にスタートです。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_052146.jpg

 スタートを待つ内に雨が少し落ちてきました。最初は自重気味に。民家の続く平坦区間で頑張りすぎて,スキー場の開会式会場が遠くヘロヘロに。スキー場からゴールまで5km。少し足が回り始めたものの,最後の10%近くの傾斜で再びヘロヘロに。雨交じりの風が強く,ガスっていてゴールがどこかさっぱり分かりません。ラスト1kmの表示で頑張ろうと思いますが気持ちだけ。何とかゴールできました。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_132241.jpg

 晴れていると素晴らしい景色が広がっているはずですが,何も見えずにトマトとポカリをいただき下りを待っていました。タイムは,1:08を過ぎたところでした。昨年より2分近く悪かったですが,3kg以上の体重増と練習不足を考えると満足です。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_15927.jpg

 寒さに震えながらやっと全員がゴールしたので下って12時過ぎに下山できました。参加賞のカレーと素麺をいただきました。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_175755.jpg

距離: 15.35 km
タイム: 1:08:09
平均スピード: 13.5 km/h
高度上昇量: 1,023 m
平均気温: 20.6 °C
リザルトが発表されていました。
時間 1:08:11
男子E(50歳以上) 22/73
総合         190/419



 午後の予定があるので早々に会場を後にして,松山市内の温泉へ。汗を流して香川へ向かいました。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_110788.jpg

 今日は大串半島のテアトロンで小田和正のコンサートが。久万高原ヒルクライムと重なっていたのですが,何とかなると,両方予約していました。高速を飛ばし4時前に大串半島へ。自転車ではたまに来ますが,駐車できないので手前の適当なところで車をデポして自転車で会場へ向かいました。
 大汗をかきながらテアトロンへ。私より10歳上とは思えないエネルギッシュな素晴らしいコンサートを堪能しました。
久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_116225.jpg

久万高原ヒルクライム2014&小田和正コンサート_e0201281_1161473.jpg

 少し疲れましたが,充実した2日間でした。明日は,夏休をとっているのでどこかへ出かけたいものです。





 
 
by simisimit | 2014-07-28 00:44 | 自転車イベント | Comments(2)