人気ブログランキング |

2018年 06月 29日 ( 2 )

69日目【 函館滞在】雨の函館観光

6/29(金) 雨 気温 19〜21℃
関東甲信越は梅雨明けとのニュース。梅雨前線は北海道にやってきてこちらは雨模様です。週間天気予報もずっと雨マーク。
函館は初めてなので、雨のため歩きで函館観光。オーナーがご自分の家を改築したレトロなゲストハウスを出発。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18235774.jpg
歩くのは何kmでも平気ですが、傘をさしても濡れるほどの雨の中、数kmで函館港赤レンガ倉庫群。中はショップになっています。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18242124.jpg
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18243266.jpg
函館山の斜面に開けた元町へ。
資料館や博物館は好きなので、まず函館郷土資料館へ。元は赤レンガ倉庫をつくった金森洋物店だそうです。函館は幾度も耐火に見舞われ、その都度復興したことなど当時の様子が伺えます。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18250879.jpg
坂を上ると、
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18244388.jpg
旧イギリス領事館など異国情緒たっぷり。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18253357.jpg
重文の旧函館区公会堂。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18254412.jpg
大正天皇、昭和天皇もお越しになったとか。家具も函館の職人さんが製作されたととか。テーブルなどの木は、北海道産のタモの木(野球のバットにも使われますよね)だそうです。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18255797.jpg
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18322064.jpg
ロシア正教やカトリック、プロテスタントの協会が。
教会に入るのは、この旅では長崎以来。
生徒たちの合格を祈ってきました。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18323519.jpg
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18325191.jpg
函館市文学館、元は第一銀行の函館支店だそうです。
石川啄木をはじめ函館にゆかりのある作家について展示されていました。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18334855.jpg
最後は、日銀函館支店だった北方民俗資料館。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18341103.jpg
アイヌ民族の生活に関する展示が多かったですが、他の展示館で見た内容とダブルものあり、興味深く見学しました。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18342564.jpg
四館見学したら昼頃。昼食でもと先ほどを赤レンガ倉庫へ。こんな標示がいたるところにあります。今度の日曜日は函館マラソンなんですね。市内中心部を走るようで、アップダウンが大変そう。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18344218.jpg
喉も乾き自転車にも乗らないので昼間からこんなものを。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18345649.jpg
まだ時間があるので、路面電車で7kmほど離れた湯の川温泉へ。モノレールも含めると唯一電車が走っていない県の住人なので、路面電車に乗るのは人生3度目ぐらい。
町中の景色を眺めながらよいものですね。
日帰り温泉でのんびりできました。
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18351043.jpg
69日目【 函館滞在】雨の函館観光_e0201281_18353581.jpg
明日はフェリーで青森へ。
最近のんびりし過ぎでちゃんと走れるか心配です。


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-29 21:18 | 日本一周 | Comments(0)

68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ

6/28(木) 晴れ後曇り 気温 18〜23℃
楽しい女将さんの民宿は、新幹線工事関係の方が何人か泊まられており、現場から帰ってきたばかりの方が酒を飲みながら食事中。昼夜交代で地質調査を行っているとのこと。ご苦労さまです。
朝から青空の広がる八雲町を出発。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_04582542.jpg
森町に入ると、裾野を広げたきれいな山が。北海道駒ケ岳、1000mを越え10年前にも噴火した活動中の火山のようです。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_04583881.jpg
左を見ると室蘭方面。2日前に訪れた地球岬かな。室蘭からこのあたりまでは円形の湾になっており噴火湾とも呼ばれるよう。江戸時代にこの地を訪れた英国人が火山噴火によるカルデラだと言ったことが由来のようですが、カルデラではないようですね。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_04584969.jpg
海岸沿いの道は通らず、最短ルートで函館へ。左手には、駒ケ岳が間近に。残念ながら頂上には雲がかかっていました。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_04590030.jpg
函館まで30kmの表示。北海道は今日で23日目。函館からフェリーで大間へ渡るので、長かった北海道の道を走るのもあと30kmかと、少し感慨にふけりながらペダルを踏みます。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_04591774.jpg
少し走ると大沼公園の標示。函館周辺の案内では見たことがある地名なので寄ってみることに。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_04593365.jpg
大沼、小沼の間を鉄道が通り、小島が浮かび、遊歩道が整備されています。たぶん火山噴火でせき止められてできたのか、北海道の雄大な風景と異なる雰囲気のよいところですね。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_04594533.jpg
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_04595616.jpg
公園からは、湖岸を少し走ると国道と合流。トンネルを抜け平野に出ます。せっかくなので現在の北海道新幹線の終着、新函館北斗駅へ。
畑の中に駅が見えてきます。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05001063.jpg
新函館北斗駅前。函館へはここから乗り換えるようです。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05002341.jpg
北斗駅からは真直な道をずっと走ると函館市内へ。五稜郭をめざします。
日本百名城、五稜郭到着。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05003352.jpg
登城する前に五稜郭タワーに。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05012162.jpg
写真では見たことがありますが大迫力。北海道に入ってすぐ松前で会ったスクーターで百名城めぐりをしている方は、百名城の最後に五稜郭へ行くと言っておられたが、いまどこを走っているのかな。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05011009.jpg
函館山と市街地が望めます。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05005145.jpg
幕末、五稜郭内には函館奉行所が設けられていたようです。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05090745.jpg
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05092230.jpg
箱館奉行所が再現されて資料館に。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05093507.jpg
お掘りには五稜郭に似た水草、わざとなのかな。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05013667.jpg
函館は初めてなので、二泊して観光する予定。明日は雨予報なので、今日のうちに自転車で函館山へ行こうと。
とりつきの坂をずっと上り、激坂を少し行くと
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05014803.jpg
残念!
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05020204.jpg
仕方ないので、近くの立待岬へ。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05021457.jpg
坂を行く路面電車。
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_05022942.jpg
二泊するゲストハウスへついた頃には、函館山には雲がかかりロープウェイで夜景でもと思っていたですが、こちらも残念。
あすは雨の中電車にでものって市内観光に出かけます。

今日のルート
68 日目【八雲町−函館】北海道最後の地、函館へ_e0201281_06063428.jpg


走行距離 93.34km
走行時間 4:52:20
獲得標高 565m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-29 06:09 | 日本一周 | Comments(0)