人気ブログランキング |

カテゴリ:海外旅( 19 )

19日目最終日【上海−関空】上海空港でチェックイン詐欺にあうものの何とか帰ってこられました。

5/7(火) 晴れ 
リスボンを昼頃出発したイベリア航空は、予定より少し早く朝6時過ぎに上海到着。
スペインでネット予約したチケットは、上海で中国東方航空に乗り換えのため、一旦入国してチェックインする必要があるよう。
厳しいチェックが何度もあり、私は昼過ぎの関空便、娘は9時の成田便なのでそれほど余裕はない。また、到着したT1からT2へ移動する必要があります。1kmはあろうかと思える通路をT2にいそぎます。

7時半頃だと思うのですが、中国東方航空のチェックインカウンターに到着。自動チェックイン機でパスポート認証で航空券を発券してカウンターで手荷物を預けるシステム。
何台かの機械の前に列ができていたので並んでいると、上下ブルーのスーツ(ノーネクタイ)の係の青年が近寄ってきて、空いている機械まで案内して、その上私の手続きをしてくれた。親切だなと思っていると、娘は来る時間が遅くて席が埋まり機械ではチェックインできないとカウンタへ案内された。
私は荷物預けの列に並んでいると,カウンターで先ほどの青年ともう一人の男性,娘がカウンターの係の女性と話をしている。
心配しながら荷物を預けたころに娘もやってきて,遅れてやってきたので席を取るには1万円必要と言われ,仕方なく払うとチケットを発券してくれたとのこと。娘は急ぐのでここで別れ先に出国ゲートへ。
帰国してから連絡を取ると,出国ゲートを出てから航空会社の係に聞くとそんなシステムは無いとのこと。東京へ帰り着いてから航空会社に電話しても多分詐欺でしょうとのこと。何人が詐欺に関わっているか分かりませんが,急いでいる旅行者や私のように言葉が分からずもたもたしている旅行者を騙しているのかと思われます。
チェックインカウンターの前で堂々とやっているので,厳しい警備をするならそちらも取り締まればと思ってしまいます。
最終日に少し後味が悪かったけど,いい勉強代かなとポジティブに。

娘と分かれた私の方は,時間が十分にあるので寝過ごさないよう気をつけてのんびり読書。
発着便が多くてボーディングブリッジが足りないのか,バスで搭乗。
1時間ほど遅れたものの,夕刻関空に到着しました。
e0201281_22554851.jpg
関空から徳島へは高速バスで。小腹も空いたので,久しぶりのおにぎり弁当と日本のビールで美しい夕焼けに乾杯。
e0201281_22560143.jpg
e0201281_15395915.jpg
今回,旅の前半は一人旅で少し自身もついたので(後半は娘について行くだけで楽ちん。感謝しています!),日々節約をして!またどこかへ行きたいものです。




by simisimit | 2019-05-08 16:59 | 海外旅 | Comments(0)

18日目【マドリード−上海】やっと帰れそう

5/6(月) 晴れ 気温 8〜?℃
取り直したチケットは、マドリード12:00発、上海乗り換え便。
余裕を持って!7時過ぎにホテルを出発。
当日予約したので二人で1泊1万4千円くらいと、場所とホテルの格の割に安価に泊まれました。
e0201281_17474469.jpg
ホテ近くのアトーチャ駅横のバスターミナルへ。
立派な駅でした。
e0201281_17480485.jpg
e0201281_17482114.jpg
途中渋滞があり、空港までは45分以上かかり、9時頃到着。今日乗るイベリア航空はT4、おとといバタバタしたT1,T2と滑走路をはさみ逆側。バスはいったん外に出てT4へ。思っより大きな飛行場でした。

今回は余裕を持ってチェックイン。パぅポートコントロールも空いていて搭乗口へ。
途中のカフェでは生ハムが。街ではよく見た光景ですがさすが。
e0201281_18123382.jpg
後は順調に飛ぶことを願うばかり。
e0201281_18130475.jpg


by simisimit | 2019-05-06 18:24 | 海外旅 | Comments(0)

17日目【マドリード】マドリード観光

5/5(日) 晴れ 気温 7〜25℃
飛行機の遅延で予定外のマドリード泊。
せっかくなのでと気持ちをポジティブに朝はランニングに。歴史的な建造物が朝日に照らされ。
坂が多く息が切れるほど。
e0201281_11105783.jpg
ホテルから王宮まで走り折返し。
e0201281_11112590.jpg
帰る途中、高圧の放水で清掃中。
e0201281_11114212.jpg
ゆっくり見物も兼ねて1時間ほどで宿へ帰りました。
e0201281_12231031.jpg
走行距離:スタート押し忘れ5kmほど。

カフェで朝食後、近くのソフィア王妃芸術センターへ。有名なゲルニカを始め近代現代美術を中心に展示されているそう。

開館の時間に行ったのでほとんど並ばず入館。18世紀建築の立派な建物に近代的なエレベーターが設置されているのが面白い。
e0201281_11122617.jpg
ゲルニカが展示されているゾーンだけ写真撮影禁止。
美術にそれほど興味のない私でも、ゲルニカの本物の迫力に圧倒されました。
近くには写真で記録されたゲルニカ制作の過程が展示され、絵がどう変わっていったか本物と見比べ面白かったです。

撮影可のゾーンも普通にピカソ、ダリ、ミロ等(私が知っているのはこの3人くらい)
の作品が展示され、ピカソがゲルニカを作成する動機となったスペイン内戦の写真や映画も展示され興味深く見ました。
e0201281_11152439.jpg
ダリ
e0201281_11143847.jpg
e0201281_11145303.jpg
ミロ
e0201281_11150633.jpg
ピカソはたくさんありすぎ撮り忘れました。
広い館内を2時間ほど見学。

次は日曜に開かれている蚤の市へ。多くの人で賑わっていました。
e0201281_11131295.jpg
お腹も空いたので、王宮近くのサン・ミゲル市場へ。100年前にオープンの歴史ある市場だそうですが、改装され近代的。
e0201281_11133067.jpg
高知のひろめ市場のように(と言ってもこちらが先か)それぞれの店で料理や飲み物を購入し椅子席などで食べるシステム。人であふれ椅子席は空いていなかったので、立呑席で。
南スペインを旅してきたので少し高めですが、雰囲気を味わいながら食べるのはいいですね。
e0201281_11140799.jpg
王宮横のアルムデナ大聖堂。案外新しく19世紀後半に建造されたとか。
e0201281_11154951.jpg
入り口には、ホームレスのジーザス!
e0201281_11160594.jpg
内部は荘厳な雰囲気ですが、新しいものも多く、古いものと新しいものが融合した聖堂でした。
e0201281_11162068.jpg
朝訪れた王宮は、入れる見たですが長蛇の列で外から眺め歩いていると、
グラス・ハープを奏でるおじさんとか、
e0201281_11164997.jpg
どうしてこんな姿勢が取れるのか謎の青年(多分支えている手は作り物で台とつながっているのかな)や見てるだけで楽しい。
e0201281_11194274.jpg
王宮の北にある公園まで行くと見晴らしもよく、マドリードの地形がよくわかります。芝生ではたくさんの市民が寝っ転がって日光浴。中には水着の人も!
e0201281_11171705.jpg
エジプトから移築した神殿が。
e0201281_11191891.jpg
予定外のマドリード観光を楽しみ、宿へ帰りました。明日は12:00の便。今度こそスムーズに帰れることを願いながら。



by simisimit | 2019-05-06 13:38 | 海外旅 | Comments(0)

16日目【リスボン−マドリード−関空?】関空へ帰るはずが!

5/4(土) 晴れ 気温 9〜26℃
リスボンの宿を4時前に出発。タクシーを拾い空港へ。
荷物はマドリードまで預けてあり、チケットもあるので身軽に手荷物検査を通りポルトガル出国。
6:20の便で30分ほど前にはすでにゲートに人が並び始めています。寝不足でボーと椅子に座り後は帰るだけなどと思っていると、一向に搭乗する気配がありません。

飛行機を眺めていると作業員が出たり入ったり。嫌な予感が的中。マドリードでは十分余裕を持って乗り継ぎの時間を設定していたのですが、2時間以上遅れでやっと搭乗。
e0201281_05474742.jpg
やっと飛び立ったものの帰りの飛行機はマドリード12:00発。良くて1時間前につくのが関の山。機内で相談して荷物をとる時間はなさそう。お土産以外には金目のものは入っていないので、後で空港に連絡することにして、チェックインカウンターへ急ぐことに。
e0201281_11102173.jpg
結局11時過ぎにマドリード到着。その上、到着ターミナルがT1で出発はT2。ターミナルはつながっているので駆け足でチェックインカウンターへ。何とかカウンターに着いたときには、カウンターはすでに無人。インフォメーションを探し娘が聞いても無理そうです。

ポルトガル航空のカウンターを探し帰りの便等を交渉するものの、とおしのチケットでないのでここでは無理とのこと。仕方ないので遅延の交渉は娘が帰国してからメールで行うことに。
空港のwifiにつないで、帰りの便とホテルを検索。明日5日の便は高額のものばかりなので6日の便を予約し明日は予定外のマドリード観光することに。

アトーチャ駅近くのホテルを予約し空港からバスでマドリード市街地へ。流石に首都だけあって今まで巡ってきた街と規模が違い、これもなにかの縁かなとホテルへチェックイン。

空港を走ったり大変な一日でしたが明日のマドリード観光を楽しみに眠りにつきました。

by simisimit | 2019-05-06 12:01 | 海外旅 | Comments(0)

15日目【フェズ−リスボン】モロッコ一泊弾丸ツアー②

5/3(金) 晴れ 気温 12〜27℃
モロッコ フェズの宿で昨日のバス旅の疲れもあり熟睡。
少し明るくなって目覚めたので屋上に上がると、旧市街の町並みが。さすが迷宮都市。
e0201281_04243819.jpg
e0201281_04242213.jpg
朝食は宿でとり迷宮観光。今日は身軽なので何とかなるかとでかけました。
昨日トランクが通りかねた道。
e0201281_04245276.jpg
少し広いところに出ると猫が。猫は結構見かけました。
e0201281_04250625.jpg
旧市街と外を隔てる門。
e0201281_04252165.jpg
ところ狭しと並ぶ商店。
e0201281_04253939.jpg
宿の屋上からいくつも塔が見えましたが、その一つ有名なイスラムの神学校。今もモスコとして使われているそう。
有料ですが中へ入るとアルハンブラ宮殿でも見た浮き彫りが見事でした。
e0201281_04261053.jpg
e0201281_04255574.jpg
迷いながらも、宿を目指しているとロバが歩いていたり。有料で乗せてもらえるようです。
e0201281_04263441.jpg
今回は自力でホテルへたどり着き、タクシーを呼んでもらいました。
もちろん城壁の外なので、ホテルの方の案内でタクシーへ。
一泊でしたが充実したフェズ観光でした。
e0201281_04270623.jpg
フェズ近郊の空港は近代的。
e0201281_04272165.jpg
午後4時の便でリスボンへ。
ポルトガル航空の乗り継ぎでリスボン−マドリード。今日はリスボンで一泊して早朝の便でマドリードへ。マドリードで乗り継ぎ往路と同じエアチャイナで帰ります。
e0201281_05463711.jpg
小さいながら会敵な空の旅、2時間程でリスボンへ。
空港から宿へは地下鉄。
e0201281_05465473.jpg
宿は娘が昨年止まってよかったのでと安価なドミトリーの個室。荷物をおいて街の中心へ。
リスボンは坂の多い街でした。
e0201281_05470943.jpg
e0201281_05472946.jpg
シンプルな味つげだけど美味しいエビや牛肉をいただき宿へ。早朝便のため少ししか眠れなないけどいよいよ明日は帰国できます。


by simisimit | 2019-05-06 05:58 | 海外旅 | Comments(0)

14日目【アルフェシラス−モロッコ フェズ】モロッコ一泊弾丸ツアー①

5/2(木) 晴れ後小雨 気温 12〜29℃
グラナダから深夜にアルフェシラスに到着し、モロッコへ船で渡るため7時半頃近くのフェリーターミナルへ。
e0201281_01074313.jpg
ターミナルのチケット売り場で聞くと(もちろん交渉は彼女。感謝!)
もう少し南のタリファ港からのほうが便利とのことでバスと船のチケットを購入。
e0201281_01081563.jpg
バスに乗って振り返ると英領ジブラルタル。
地中海の大西洋への出口へ来たのを実感。
e0201281_01083830.jpg
タリファ港到着。古い城壁が残る小さな港町。バスに接続した高速フェリーに乗船。
e0201281_01101140.jpg
フェリー内でモロッコ入国手続きをすませ、1時間程でモロッコタンジェに到着。多分人生最初で最後のアフリカの地。
e0201281_01102307.jpg
上陸後、フェリーターミナルでユーロを少しだけモロッコ通貨に両替。
港からバスターミナルか、駅までは距離があるのでタクシーを探して港から出ると早速よってきた人をスルーして歩くとたくさんのタクシーが止まっているところに。
フェズまではバスか鉄道か決めてなかったので、その前にいる人たちに聞くと、多数決でバスが良いみたい。
そこでタクシーに乗り数百円でバスターミナルへ。結構距離があり町並みを見ながら。スペインとそれほどは変わらない。
e0201281_01111299.jpg
バスターミナルからは様々な方向へ出ていて、案内のような人が寄ってきて、フェズと言うとすぐバスまで案内してくれ、現地通貨で一人千円ほど払いバスに乗車。

バスはスペインの長距離バスのお古のような感じで思ったより快適。
1時間?ほどは高速道路を走り、そこからは一般道。
e0201281_01113305.jpg
時々止まりながら3時間ほど走り、にぎやかな場所で休憩。アナウンスもなくどれくらい停車するか分からないけど、車掌さんも休憩タイムか買い物中。
e0201281_01115070.jpg
小腹も空いたので、娘がバスの前の店屋でバナナを購入。
e0201281_01122169.jpg
結構止まって走り出すと、のどかに馬車も。

e0201281_01120356.jpg
線路と並行して走ることもあったのですが、4時間ほど走り初めて列車を見ました。
バスと列車どちらが速いのか?
e0201281_01124242.jpg
小麦が黄金色に。去年の日本一周中の佐賀平野を思い出しました。
e0201281_01125527.jpg
結局7時間ほどバスに揺られフェズに到着。近郊には空港があり帰りは飛行機で。
疲れましたが、海路、陸路でこれも思い出に残る旅になりました。
e0201281_01131139.jpg
バスを下りてフェズ旧市街へ。迷宮都市だそうでgooglemap頼りに城壁内のホテルへ。
e0201281_01132723.jpg
市場もあり道はあまりに複雑。道も細くGPSもうまく拾えなく、スマホを見ていると高校生くらいの青年が寄ってきて案内すると。俺は気持ちでいいと言うので素直に着いていきました。バッグがやっと通れる道を案内してくれ無事ホテル到着。適当にお金を渡そうとすると二人で案内したから20ユーロと言うので10ユーロしかないと言うとそれで納得。
この迷宮をスマホだけでは無理でした。
e0201281_01134565.jpg
ホテルのロービーは素敵な内装で休憩。宿の方は連絡くれれば迎えにいくのにといいますが、wifiだよりの我々には無理でした。
e0201281_01140359.jpg
夕食は近くのモロッコ料理レストラン。これもホテルの方に案内してもらい何とか。
モロッコの物価を考えると少し高めですが、モロッコを堪能できる料理でした。
e0201281_01144178.jpg
レストランからホテルまでは自力で何とか帰還(と言っても50mくらい)
弾丸ツアーなもので明日の午後は空港へ行くので、午前中だけ迷宮都市観光。どうしたらいいのか考えながら眠りにつきました。


by simisimit | 2019-05-06 04:18 | 海外旅 | Comments(0)

13日目【グラナダ−アルフェシラス】アルハンブラ宮殿は広かった!

5/1(水) 晴れ 気温 13〜28℃
今日も快晴。朝の気温は半袖では肌寒い。娘がアルハンブラ宮殿をネット予約しようとしたら当分は埋まっていて、今日の12:30からの現地ツアーがやっととれたと言うことで、とりあえずグラナダ大聖堂へ。

付属した王室礼拝堂(写真不可)に入館。美術館になっており、入館料込みの音声ガイド(日本語)を聞きながら素晴らしい内部の装飾や絵画等を興味深く見学。
有名なイサベラ女王もここに埋葬されていました。
e0201281_13033390.jpg
礼拝堂を出口に変わったブロンズ像。目が合うと動き出しました。バルセロナで見たガウディ像と同じ。紛争んどれくらいかかるのか。娘がお金を入れると、右手して色んなポーズを取ってくれました。
e0201281_13035288.jpg
バスも出ているみたいですが、時間もあるので歩いてアルハンブラを目指します。
結構な急坂。フラメンコギターが旅情を誘います。
e0201281_13041040.jpg
途中15%を超える急坂。ロードやマウンテンバイクで上って行く人が。
e0201281_13044341.jpg
アルハンブラ宮殿入り口に到着。ここが現地ツアーの集合場所。
英語ガイドなので娘の通訳を聞きながら入場。

e0201281_13084558.jpg
庭園も美しく、花が咲きベストシーズンなのかな。
e0201281_13091897.jpg
e0201281_13093171.jpg
全体が尾根に造られた山城のようになっており、対岸の眺めも素晴らしい。向こうが昨日上った展望台。
e0201281_13094680.jpg
1時間ほどまわって小休止。日向は真夏並み。ガイド(店先の水色のシャツ)さんもビール!とサンドイッチで休憩。
e0201281_13100182.jpg
休憩後、メインの宮殿へ。
e0201281_13102307.jpg
素晴らしいのですが、水は緑色になり案外期待。
e0201281_23133361.jpg
グラナダ市街地遠望。
e0201281_23135769.jpg
4時前にツアー終了。もし次回来る機会があれば、早めにチケットを予約して自由に回りたいものです。

充実した南スペイン巡りを終え、明日はモロッコ一泊弾丸ツアー。
とりあえずスペイン南端のアルフェシラスへバスで移動。この旅4回目。便が少なく21時発。食事をしてバスターミナルから乗り込み、4時間。アルフェシラスバスターミナル到着。ターミナルに隣接したホテルへ夜中の1時チェックイン。
途中海岸線も通り、昼間乗ってみたいバス旅でした。

明日はいよいよモロッコ(多分人生最初で最後のアフリカ!)





by simisimit | 2019-05-04 00:03 | 海外旅 | Comments(0)

12日目【セビリア−グラナダ】再びグラナダへ

4/30(火) 晴れ 気温 13〜28℃
昨日スーパーで買った食材で朝食。
e0201281_14324145.jpg
有名なスペイン広場へ。どの町にもスペイン広場があるのでなめていました。
圧倒的な迫力にビックリ。スターウォーズのロケに使われたのも納得。
e0201281_14340020.jpg
e0201281_14333292.jpg
宿に戻りバスセンターへ。バスセンター横の川ではカヌーやボートが。
水は緑色でそれほどきれいではなさそう。
e0201281_14343923.jpg
道路には歩道に自転車道のラインが引いてあり、セビリアではよく見かめました。
e0201281_14345340.jpg
バスセンターで早めの昼食をとり、12時のバスで再びグラナダへ。アルハンブラ宮殿見学の予約がいっぱいだったのでこのような旅程に。

車窓の風景を楽しめるのでこれもいいかな。
e0201281_14513821.jpg
グラナダの街とシエラネバダ山脈。
e0201281_14555724.jpg
約3時間でバスセンター到着。3日前にここからコルドバへ移動したのですが、なぜか懐かしい?
前回乗った路面電車兼地下鉄でこれも前回宿泊したホテルへ移動。

アルハンブラ見学は明日なので、夕景を見ようとサンクリストバル展望台へ。
街をぶらぶら散策しながら、展望台への坂は息が切れるほど。

展望台は大賑わい。
夕日に照らされたアルハンブラ。明日が楽しみです。
e0201281_14361737.jpg
e0201281_14363050.jpg
e0201281_14364286.jpg
降りるとライトアップされていました。
e0201281_14365407.jpg



by simisimit | 2019-05-01 15:43 | 海外旅 | Comments(0)

11日目【セルビア滞在】アパートタイプの宿で快適

4/29(火) 晴れ 気温 〜℃
セルビアでは、アパート形式の宿で二泊。
2ベッドルームにリビング、キッチン。洗濯機もあり、ここまで手洗いだったので、Gパンをはじめ洗濯し放題。乾燥してるので朝にはほとんど乾いていました。

部屋の様子。おしゃれで広くこれなら何泊でも出来そう。
人数関係なく(多分)一泊1万2千円程度と安い。
e0201281_23292481.jpg
e0201281_23294364.jpg
キッチンも充実。
e0201281_23300520.jpg
料理をする暇はないので、せめてと直火のエスプレッソメーカーを初めて使ってみる。何とかエスプレッソ完成!
e0201281_23162226.jpg
朝はせっかくなのでランニング。
川沿いに気持ちがいい。
e0201281_23182513.jpg
市街へ入ると石畳を乗用車が疾走。
e0201281_23194239.jpg
さすがフラメンコの本場。
e0201281_23201931.jpg
7時半頃日の出。朝日に照らされ。
e0201281_23213191.jpg
小さなリュックを背負って走っていたので、途中スーパーでお買い物。
e0201281_23215679.jpg
本に書いてあったように、果物などは量り売り。
e0201281_23233137.jpg
店員さんにジェスチャで聞いて何とか購入。ビールなども買ったのでリュックに入り切らず、買ったオレンジだけ手に持って宿へランニング。怪しい東洋人。
e0201281_23240275.jpg


近くのカフェで朝食を済ませて観光へ。

宿からは2kmほどのセビリア大聖堂。世界三位の大聖堂だそう。
e0201281_23252324.jpg
e0201281_23263730.jpg
内部にはコロンブスの墓も。
e0201281_00035894.jpg
e0201281_23271540.jpg
出たら昼頃なので昼食で市場へ。食べる場所は一杯で結局ビワ(スペインのビワも美味しかった)だけ購入。
e0201281_23275720.jpg
結局公園内のカフェで昼食。その後大聖堂の近くのアルカサルへ。14世紀にイスラム趣味の王様が立てた宮殿だそう。
この頃には気温は30℃。日向は暑いですが、建物の中や日陰は結構過ごしやすい。
e0201281_23284307.jpg
e0201281_23281909.jpg
e0201281_00160098.jpg
広い庭園にはやはりオレンジが多く植えられ、なんとオレンジの木の生け垣。
オレンジはイスラムにより持ち込まれ、街路樹や香料用として広まった?と表示がありました。

暑くてスペイン広場お見学は明日にして宿へ帰ることに。帰りはバスで。バスは路線や本数が多く、googlemapで検索するとバス停、路線番号が出てきて大変便利。

宿に帰って夕食へでかけましたが、途中大きなスーパーがあったので朝食の買い物。
なんと生絞りオレンジの販売機が! ボトルに自分で詰めて購入。
e0201281_23290913.jpg
セビリアは人口70万を超えるスペイン第三の都市。近代と古い街が融合した楽しい町でした。


by simisimit | 2019-04-30 20:15 | 海外旅 | Comments(0)

10日目【コルドバ−セルビア】古都コルドバ観光

4/28(日) 晴れ 気温 14〜27℃
ドミトリの5人部屋(宿泊者は、我々と深夜に到着したカップルの4人)で6時頃目が覚めたので今日もランニングと思いましたがまだ暗い。7時頃、明るくなってきたので支度をしてそっと外へ。まだ日は出ていません。

昨日の喧騒が嘘のような石畳の道。
e0201281_13552525.jpg
ローマ今日から見るメスキータ(イスラム時代モスクとして建てられ、その後キリスト教会になったそう)。昨日はこの橋の上も人でいっぱいだったのですが、早起きは三文の徳。
e0201281_13554148.jpg
橋を渡ると熱気球が。アクティビティのようです。
e0201281_13555953.jpg
ふんわり浮かんで移動していきました。上からコルドバ見学。羨ましい!
e0201281_13562419.jpg
コルドバラン
e0201281_07113813.jpg

荷物を預けて宿の近くで朝食後、観光へ。
ランニングのとき橋から遠望したメスキータ。朝10時過ぎだったのかほとんど並ばず入れました。
イスラムとキリスト教の融合が興味深い。
内部は思った以上に広く、ガイドブックを見ると2万5千人収容とのこと。
e0201281_13563732.jpg
観光馬車がメスキータの横を。
e0201281_13565694.jpg
メスキータ横のアルカサル(イスラム王の宮殿後にグラナダ攻略のために造られた城)。前の庭にヤシの木?とオレンジ。入ろうと思ったら長蛇の列で諦めました。
e0201281_13571659.jpg
近くにイスラム時代のアラブ浴場後が。
ローマの浴場後に比べると規模は小さいものの、湯を沸かしたボイラー後があったりおもしろい。
e0201281_13573369.jpg
近くの川辺には浴場へ水を汲み上げた水車跡。
e0201281_13575723.jpg
街を歩いていると水が。飲んでる人がいたのでからのペットボトルへ。冷たくて美味しい。

e0201281_13581523.jpg
最後の見学地ローマの遺跡前のレストランで昼食。せっかくなのでイベリコ豚。ソースで食べるよりふってある岩塩で食べると美味。
e0201281_13583823.jpg
市庁舎横のローマ時代の遺跡。結構人が市庁舎へ入っていくのでついていくと玄関ロビーで投票しているみたい。
夜テレビでスペイン総選挙についてやっていました。

コルドバは、ローマ、イスラム、キリスト教の各時代ごとの建物や遺跡が見学でき、町並みも素晴らしいかったです。
e0201281_13591065.jpg
宿に預けてあった荷物を取って昨日着いたバスセンターへ。
16時過ぎのバスでセルビアへ。
昨日のバスの旅では広大なオリーブ畑に驚きましたが、セビリアまでの車窓は牧草や小麦畑が広がっていました。
e0201281_13593471.jpg
e0201281_13595064.jpg
セビリアまで120km弱。この路線は高速道路を走る場合が多く2時間ほどでセビリアのバスセンターに到着。
路線バスで2kmほど先の今日の宿(アパートメントを民泊に提供しているものを予約してあるどうです)へ。

googleで調べて宿の前に。チャイムを鳴らしても反応なし。バスセンターに着いたとき到着時間をメールしていたのですが(娘が)。
近くを歩いている老夫婦に尋ねるとあまり英語は分からないようですが、携帯でどこかに電話をして聞いてくれたり。親切ですね。

走行していると管理している方が下りてきた。どうも寝ていたみたい。
ホテルと違いこういうリスクはあるのですね。
e0201281_06573065.jpg




by simisimit | 2019-04-30 07:13 | 海外旅 | Comments(0)