人気ブログランキング |

カテゴリ:自転車旅( 61 )

種子島・屋久島の旅⑤・・・最終日

9/13(金)
安房発7:00の高速船で鹿児島へ。
屋久島は,宮之浦がメインの港ですが高速船は安房発が早い便があるので宿を取りました。
6時頃,宿の近くの安房港へ。高速船なので輪行袋へ自転車入れて(自転車代金+千円)。
 種子島・屋久島の旅⑤・・・最終日_e0201281_19175685.jpg
今日の屋久島はどんよりしています。ロケットは飛ばなかったけど,天気に恵まれた5日間でした。
 種子島・屋久島の旅⑤・・・最終日_e0201281_19175622.jpg
2時間半で鹿児島港。思ったほどは揺れませんでした。
再び組み立て鹿児島中央駅へ。
駅でまた輪行袋へ。これが面倒ですね。
12時前の新幹線へ。駅弁がを買って自由席へ乗車。平日なので空いていて,最後部の席をゲット。後ろに輪行袋を置けて快適です。
 種子島・屋久島の旅⑤・・・最終日_e0201281_19175553.jpg
後は駅弁食べながら鉄道旅。夕方自宅へ帰り着きました。

旅のまとめ
① 経費
  食費等は入っていませんが,宿3泊,テント1泊で宿泊費は少なくすみました。
交通費  板野-鹿児島中央往復 41370
鹿子島-種子島フェリー 4310
種子島-屋久島フェリー 1770
屋久島-鹿児島高速船 10000
宿泊費 鹿児島ドミトリー 2800
屋久島民宿(2泊) 7000
67250
② ルート等
  • 九州新幹線で思った以上に早く鹿子島に到着。瀬戸大橋をマリンライナーで渡るとき通勤時間帯で輪行の身にとっては形見の狭い気分。もう少し遅い便で出発した方がよかったかな。
  • 両島ともフェリーの便数が少ないの旅程を立てるときには注意する必要が。
  • 鹿子島のドミトリーは鹿児島中央駅に近く,その上平日は空いていて快適でした。
  • 両島ともコンビニが少なく補給には注意が必要。 

by simisimit | 2019-09-18 20:18 | 自転車旅 | Comments(2)

種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ

9/12(木)
屋久島2日目。計画していたときは,トレッキングシューズを持ってきて登山もと持ったりしたのですが,荷物がかさみ最初からサイクリングだけと今日はヤクイチ?!
最高の天気の下,宿を7時過ぎに出発。島を回るときはお約束の時計回り(海が左側に見えるので)。といっても海はほとんど見えません。小さなアップダウンで南へ。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21030240.jpg
少しは知るとサル川ガジュマルの看板。周回道路から少し入り徒歩で数百m歩き杉林の向こうにガジュマル林と苔むした岩が。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21030255.jpg
周回道路に戻り少し走ると「トローキの滝」。海に直接滝が。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21030327.jpg
屋久島南西部は自然が一杯ですね。
宿から20kmほど走ると平内海中温泉。干潮の時だけ入れるようです。荷物は宿に置き,タオルだけこのために持ってきました。まだ8時台なので誰もいません。200円を入れ入浴。硫黄の匂いがして温泉です。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21030340.jpg
屋久島最南端から西側へ。中間ガジュマルです。朝ドラのロケにも使われたとか。ガジュマルの大木が門になっています。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21030367.jpg
続いて大川の滝。屋久島の中央は花崗岩が隆起した山脈ですが,周囲は四国南部に見られる四万十帯と同じ岩相。砂岩がマグマで変成岩となったホルンフェルス(固い)の滝です。周回道路から少し入ると見られます。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21001797.jpg
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21001727.jpg
徳島南部の千羽海崖のような風景。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21001814.jpg
西海岸は道路も狭くなり,一車線道路が続きます。道路脇でサルが毛繕い中。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21001861.jpg
シカも出てきて,逃げる気配がありません。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21001831.jpg
下りも対向車や動物に気をつけながら。周回道路から少し入ると屋久島灯台。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21001846.jpg
灯台の向こうに口永良部島。活火山で噴煙を上げています。噴火による火砕流のため全島避難のニュースがありましたね。

 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21001803.jpg
西部は崖が多いのですがやっと砂浜が。ウミガメの産卵で有名だそう。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21344802.jpg
屋久島,種子島で初めて通過するトンネル!
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21001963.jpg
昼頃,昨日フェリーで着いた宮之浦到着。食事して宿まで20km。
宮之浦岳方面。サドルバッグやフロントバッグを外し楽でした。といってもペースは上がりませんが。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21001988.jpg
宿への途中,昨日落としたザックが歩道に置かれたいました!どなたかが移してくれたみたい。感謝感激,ありがとうございました。
なんとか日の高いうちに宿へ帰着でしました。
夜は,居酒屋へ。鯖の刺身や亀の手をいただきました。(亀の手は徳島でも磯で見たことはありますが食べるのは初めて)
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21440401.jpg
天気もよく楽しいサイクリングでした。
周囲は100km弱ですが獲得標高は1400mとアップダウンが激しいコースでした。
 種子島・屋久島の旅④・・・ヤクイチ_e0201281_21420488.jpg


by simisimit | 2019-09-15 21:47 | 自転車旅 | Comments(2)

種子島・屋久島の旅②

9/10(火)
早朝、鹿児島市内のゲストハウスわ後にして港へ。2800円で4ベッドの部屋は私一人。寂しいけど快適。
種子島・屋久島の旅②_e0201281_19272554.jpg
フェリーで種子島へ。3時間半の船旅。
少し噴煙を上げる桜島を横目に、
種子島・屋久島の旅②_e0201281_19275772.jpg
昨年走った開聞岳や佐多岬を見ながらの船旅は感慨無量。
種子島・屋久島の旅②_e0201281_19284122.jpg
などと思っていると種子島到着。港の灯りもロケット。
種子島・屋久島の旅②_e0201281_19350723.jpg
フェリーを降りて、種子島の南、ネットで調べた射場に最も近い恵美之江展望公園を目指します。
屋久島がすぐそこに。
種子島・屋久島の旅②_e0201281_19354303.jpg
海岸線から内陸へ。と言っても、種子島は最も高いところも200m少々なので大したことはないのですが、細かな起伏と暑さでヘロヘロ。
何とか展望公園到着。すでに車が一杯。
HⅡBロケットはすでに射場に。
種子島・屋久島の旅②_e0201281_19364236.jpg
種子島・屋久島の旅②_e0201281_19371074.jpg
テントも持っているのですが、グランドシートに昨年の旅で持っていったものの使わなかったエマージェントシートにくるまり寝ます。
種子島・屋久島の旅②_e0201281_19373458.jpg
種子島・屋久島の旅②_e0201281_19375908.jpg
明日が楽しみです。

by simisimit | 2019-09-10 18:44 | 自転車旅 | Comments(0)

種子島・屋久島の旅①

9/9(月)
一度は見たかったロケットの打ち上げ。
9/11に予定されており、天気もよさそうなので、屋久島にも行こうと輪行旅。
朝一の特急て板野を出ると、12時前に鹿児島中央駅。
今日は市内のゲストハウスを予約しているので市内を散策。最後にジリジリ照りつける太陽の下城山へ。
種子島・屋久島の旅①_e0201281_04293245.jpg
桜島は雄大です。
明日はフェリーで種子島へ。ロケット予定通り上がればいいのですが。

by simisimit | 2019-09-10 04:12 | 自転車旅 | Comments(0)

信州百名城自転車旅④

8/2(木)
7時過ぎに浅間温泉を出発。青空は広がるものの北アルプスははっきりは見えず残念です。
信州百名城自転車旅④_e0201281_05170188.jpg

今日は百名城高遠城を目指します。とりあえず塩尻方面へ松本市内の町中を。途中こんなレンタサイクルが。昨日もよく見かけたのですが,スマホなどで登録して借りられるよう。電動で楽そうですが電池が切れたらどうするのでしょうか。
信州百名城自転車旅④_e0201281_19580155.jpg
街中を走るので,塩尻までは渋滞箇所も多く大変。
塩尻を抜けるとずっと緩い坂道を上るとやっと峠。分水嶺の表示があり,ここから向こうの水は太平洋に注ぐのでしょうね。
地図で確認すると,諏訪湖からの水が天竜川となりここからの水は下流の辰野で合流して伊那谷をつくっているようです。信州の地形は複雑です。
信州百名城自転車旅④_e0201281_19580100.jpg
峠から快適に下る途中には,昔の街道の面影がある立派な建物。
信州百名城自転車旅④_e0201281_19580296.jpg
伊那谷に入ると思いの他広く田園が広がっています。
国道から高遠方面の県道へ。交通量も少なくのどかな道です。
向こうに見えるのは木曽山脈。3年前は,あの山の向こうの木曽川沿いに走りました。
信州百名城自転車旅④_e0201281_19580277.jpg
高遠へ向かう街道だったのでしょうか。蔵や立派な門構えの家が続いています。
信州百名城自転車旅④_e0201281_20065229.jpg
最後少し上って高遠到着。
信州百名城自転車旅④_e0201281_20061921.jpg
今回5つ目の百名城高遠城。建物は残っておらず,桜がたくさん植えられ樹齢百年を超えるものもあるとか。
これは,上田城などでもよく見た空堀。
信州百名城自転車旅④_e0201281_19580119.jpg
桜の季節にはにぎあうそうですが,今は人も少なくひっそりしていました。
信州百名城自転車旅④_e0201281_19580116.jpg
近くの歴史博物館で百名城のスタンプを押し伊那市街へ。ずっと下りで楽ちんでした。
高速バスで名古屋へ出る予定をしていたのですが,ひょっとして天竜川沿いに愛知へ簡単に出られるかもと伊那市駅で聞いてみると,名古屋へ行くならら電車で塩尻まで行った方がいいですと言われ,予定通り高速バス乗り場へ。
13:00のバスに乗り3時間半ほどかけて名古屋へ。名古屋からは岡山経由で21時頃帰宅できました。
信州百名城自転車旅④_e0201281_20090262.jpg
草津から志賀高原へ抜けることができず展望にも恵まれなかったのですが,5つの百名城のスタンプを集めることができ充実した旅となりました。
今日のルート
信州百名城自転車旅④_e0201281_20022215.jpg
走行距離:72km
獲得標高:593m


by simisimit | 2019-08-02 20:43 | 自転車旅 | Comments(2)

信州百名城自転車旅③

7/31(水)
床の間付きの部屋で一泊。
信州百名城自転車旅③_e0201281_05011968.jpg
松代ゲストハウス布袋屋の女将さんに見送られ出発。桃やヨーグルトごちそうさまでした。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20394891.jpg
松代といえば幕末に活躍した天才佐久間象山。宿の近くの象山神社に参拝。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20402893.jpg
今日は松本まで。予定が変わったのでどのルートで行こうかと。R403 で行くことに。
千曲川を渡り、
信州百名城自転車旅③_e0201281_20403709.jpg
山際の真っ直ぐな坂道の両側には昔の面影のある民家が。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20404716.jpg
少し上ると棚田が広がっていました。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20411559.jpg
千曲川が見渡せますが、見通しは良くない。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20405846.jpg
600mほどのぼり聖湖へ。ヘラブナ釣りの方がたくさん。ここからはほとんど下りで快適でしたが景色はそれほどでも。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20413322.jpg
昼前に安曇野へ出ました。期待していた北アルプスももやっていて残念。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20414808.jpg
時間もあるので定番の大王わさび農場へ。30年近く前に車で来たことが。
博物館もあり、開拓の歴史を興味深く見ることができました。なんと行っても無料でエアコンが聞いていて最高。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20420546.jpg
農場内のレストランで生わさび丼。自分でわさびをすりおろし美味しかったですが、ビールがあればと思うもののぐっと我慢。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20421555.jpg
今回の旅で4番目の百名城、国宝松本城。いつ来ても素晴らしいお城ですね。
外から何回かは眺めたことがありますが、今回はスタンプを押すため入城。天守にも上りました。天守の階段は狭くて平日ながら混み合っていました。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20422452.jpg
松本城からは今日の宿浅間温泉へ。
途中、近々国宝に指定されるそうな開智学校が。前回の旅で見学したので外から写真だけ。
信州百名城自転車旅③_e0201281_20423245.jpg
浅間温泉の宿へ到着。宿の横に美ヶ原への案内看板。
信州百名城自転車旅③_e0201281_19223367.jpg
ちょうど3年前に乗鞍からこの道を通り美ヶ原へ行きました。最初の激坂で大変でした。今回はもちろんパスします。

浅間温泉は北杜夫の「どくとるマンボウ青春記」にも筆者が旧制松本高校在学中によく行った場所として登場するので一度は泊まりたかった場所です。
湯量が多くて,宿のこぢんまりした浴槽では湯が流れっぱなしでした。
ここから北アルプスをと思っていたのですが,それはかなわなかったです。
今日のルート
信州百名城自転車旅③_e0201281_20564980.jpg
走行距離:82km
獲得標高:998m




by simisimit | 2019-08-02 19:36 | 自転車旅 | Comments(0)

信州百名城自転車旅②

7/30(火)
草津の格安ゲストハウスを早朝後にして、湯畑横のコンビニで朝食を購入。
夜は結構雨も降ったようですが、天気も上々。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20062757.jpg
国道最高点渋峠を目指します。
途中バイクや自転車は通行禁止の看板がありますが、草津温泉では、時間規制がかいてあったので大丈夫と朝から汗をかきながら坂を上ります。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20065278.jpg
5kmほど上り時間規制の8時前にゲートに到着。看板をよく読むと時間規制は自動車のことで、バイクや自転車は終日ダメとのこと。一瞬強行突破も考えたのですがそういうわけにもいかず草津温泉へ。白根山活動のための火山ガスによるものだそう。
HPでチェックして再びチャレンジしたいものです。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20070681.jpg
最初は渋峠から松代で宿泊する予定だったのですが、googlemapで調べて3日目に行く予定だった小諸、上田から松代と逆ルートで。

昨日標高を稼いだので、ほとんど下りで嬬恋村へ。高原キャベツ畑が広がっていました。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20134022.jpg
浅間山の山麓を小諸へ。

昼前に百名城小諸城到着。城址には神社。こちらの神社は天満宮。昨年の旅と同じく某高校の受験生の合格祈願をしておきました。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20143086.jpg
城址から藤村の有名な「小諸なる古城のほとり・・・」の千曲川が。雨が多かったので茶色くにごり旅情を誘うにはもう少し。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20141374.jpg
大手門は線路を挟んだ向こう側。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20144866.jpg
小諸城を後にして少し走ると由緒深げな蕎麦屋が。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20150601.jpg
今日の昼食も蕎麦。昨日から蕎麦ばかり食べています。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20152124.jpg
小諸から千曲川沿いに上田へ。千曲川は小諸から長野市で信濃川となり新潟で日本海へそそぐ日本一長い川だそう。そのため、小諸から上田へは結構な下り坂。気温は30度を越えているようですが、快適に上田城到着。
真田幸村の父、真田昌幸が徳川を苦しめたことで有名ですね。
真田の上田城は徳川により徹底的に破壊されたそうです。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20155330.jpg
信州百名城自転車旅②_e0201281_20160862.jpg
上田城を後にして松代へ。松代は現在は長野市。千曲川沿いに、途中から堤防道路を走ったので車も少なく快適。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20184769.jpg
松代の手前には川中島の戦いで上杉謙信が陣を張った妻女山。展望台があるようです。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20190521.jpg
千曲川の近くの平地にある松代城到着。
もとは、川中島の戦いで武田謙信が入った海津城。江戸時代に真田昌幸の長男、信之が入城したそうです。
今日は上田城といい真田尽くしです。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20165726.jpg
今日の宿は、松代ゲストハウス布袋屋さん。
昔商家だった古民家をゲストハウスにしたそうで、トイレなどは新しく改装していますが、ほとんど昔のまま。
お風呂は近くの松代温泉へ。酸化鉄かで濁った本格的な温泉。宿の近くには結構飲食店もあり、女将さんに教えていただいたお店で夕食。鯉こくなどをいただきました。

夜度に帰ると、同宿の私と同年代のご夫婦と娘さん、お孫さんの4人と共有スペースで一緒になりました。ご主人は、ロードバイクやマラソンをされているそう。マラソンはニューヨークシティーマラソンを走られたことがあるそう。また、イタリアをレンタルのロードで走られたとのこと。羨ましいですね。趣味が合う方とこんなところでご一緒するなんて。話がはずんで楽しい夜を過ごしました。

エアコンはありませんが、昔ながらの自然の風で安眠できました。
信州百名城自転車旅②_e0201281_20170776.jpg

by simisimit | 2019-08-01 04:53 | 自転車旅 | Comments(0)

信州百名城自転車旅①

7/29(月)
国道最高点を走りたいと思っていて、一緒に信州百名城をと思い、群馬の草津から信州へと、輪行で群馬へ。いつものように鳴門西から高速バスで神戸へ。10年近く使っていた輪行バッグをおニューにしました。
信州百名城自転車旅①_e0201281_20205324.jpg
新幹線で東京まで。在来線を乗り継ぎ長野原草津口へ。
信州百名城自転車旅①_e0201281_20211441.jpg
信州百名城自転車旅①_e0201281_20114674.jpg
3時頃到着。ここから自転車で草津温泉へ。

10kmぐらいと思っていたらずっと上りで途中から雨も降り出し大変でした。
信州百名城自転車旅①_e0201281_20061224.jpg
草津温泉に到着した頃には雨もやみ古い民家を改築したゲストハウスへ。4人部屋で2千円!

草津は有料の外湯が3軒、あと地元の方が使われる外湯が10軒以上あるようですが、とりあえず3軒の外湯巡り。いい汗をかいたあとビールを飲み過ぎヘロヘロになりました。
信州百名城自転車旅①_e0201281_20115847.jpg

by simisimit | 2019-07-31 05:46 | 自転車旅 | Comments(0)

北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日

6/27(木) 晴れ後雨 気温 15〜28℃
今日はとかち帯広空港から羽田経由で帰るだけ。
途中のアクシデントが心配なので6時前に宿を出発。肌寒くらいです。昨年も通ったルートを。去年は立ち寄った愛国駅近くを通過。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124304.jpg
ジャガイモが花盛り。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124350.jpg
畑の真ん中に空港が。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124438.jpg
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124494.jpg
7時過ぎには自転車を輪行袋に。いつも使っている軽量タイプのものですが昨年沖縄ー鹿児島間の輪行でも使ったのでJALを信じて。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124401.jpg
帯広空港のには自転車の組み立てスペースがあり,空気入れも借りられるようです。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124474.jpg
無事に自転車を預けて搭乗。
十勝の大地が眼下に広がります。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124489.jpg
昨年走った襟裳岬が。日本一周以後,あそこは走ったなとか飛行機で眺める景色が楽しみです。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124467.jpg
予定より少し遅れて羽田到着。
徳島行きに乗換。待合室で待っていると,自転車も載せられていきました。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124448.jpg
熱帯低気圧が近づいていると心配でしたが,無事に徳島空港に到着。
自転車は手渡ししてくれました(感謝)。
雨もポツポツのなので自走で帰宅することに(どちらにしても迎えには来てくれませんが)。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21124577.jpg
追い風に助けられ,4時前に自宅に帰り着きました。途中旧道を走っていると多分今年生まれたコウノトリが。
北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日_e0201281_21134151.jpg
今日で9日目ですが,楽しい旅でした。

走行距離 44km
走行時間 1:55:53
獲得標高 185m




by simisimit | 2019-06-27 21:32 | 自転車旅 | Comments(2)

北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった

6/26(水) 晴れ 気温 21〜31℃
のんびり過ごせたクッタリ湖畔の宿を遅めに出発。
十勝晴れの中真っ直ぐな路を。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19130904.jpg
昨日越えた狩勝峠方面。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19132996.jpg
鹿追町に入り振り返ると十勝、大雪の山が。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19530906.jpg
今日の目的地、神田日勝記念美術館。道の駅や町民ホールがある広々した一角にありました。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19140314.jpg
NHK放映中「なつぞら」の天陽くんのモデルの農民画家だそうです。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19142401.jpg
展示されている点数はそれほど多くありませんが、ベニヤ板に描かれた馬の絵をはじめ迫力がありました。32歳で亡くなった生涯のビデオも上映され農業をしながら絵を描いた生涯に触れることができました。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19144766.jpg
美術館を後にして帯広方面へ。
まだ満開の菜の花畑が。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19151114.jpg
気温も上昇する中、川の向こうに帯広市街地が。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19181351.jpg
まだ午前中なので池田へ。
池田町へ入るとぶどう畑!
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19194203.jpg
北海道の池高。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19200442.jpg
目的地ワイン城到着。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19203806.jpg
本来は雪国でぶどうを栽培するのは大変だそうですが、苦労してぶどう栽培とワインづくりに成功したそう。これも北海道の開拓者精神ですね。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19211647.jpg
あとは帯広へ。飛んでいたヘリが川の近くに降りてきたと思ったら、自衛隊のヘリ。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19220486.jpg
十勝川を渡り帯広へ。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19222182.jpg
去年の旅でも訪れた帯広駅到着。今回も鹿が群れています。
暑かったけど、なつぞらを満喫した一日でした。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19230863.jpg
駅近くのビジネスホテルに投宿。なんと3500円。
帯広なので夕食は豚丼。美味しゅうございました。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_19233030.jpg
明日は飛行機輪行で帰るのですが台風が心配。
北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった_e0201281_20393843.jpg

走行距離 97km
走行時間 3:59:39
獲得標高 351m




by simisimit | 2019-06-26 20:48 | 自転車旅 | Comments(2)