人気ブログランキング |

カテゴリ:自転車イベント( 40 )

久万高原ヒルクライム2013

7/27(土)
 今年も久万高原ヒルクライムに参加しました。受付時間が早いため,前泊で,四国の最西端,佐田岬へを走ってから,大洲で泊まりました。

 前日飲み会があったので,10時前にやっと出発。時間がないので,佐田岬手前の道の駅「瀬戸農業公園」に車をデポして,海岸線を佐田岬をめざします。片道30km程度ですが,結構アップダウンがあります。
久万高原ヒルクライム2013_e0201281_19491328.jpg

久万高原ヒルクライム2013_e0201281_1949311.jpg

 午後走ったので暑かったですが,青い海に癒されます。岬が近づくと風力発電の風車群が。風もなく止まっていました。
久万高原ヒルクライム2013_e0201281_19524524.jpg

 佐田岬は,自転車以外でも今まで来たことがなかったのですが,駐車場から灯台まで2km弱の遊歩道が。せっかくなので自転車を押して歩きましたが,途中で写真を撮り,あきらめて引き返しました。
久万高原ヒルクライム2013_e0201281_19534792.jpg

久万高原ヒルクライム2013_e0201281_19543131.jpg

 車に財布を忘れてきたので,飲み食いできずヘロヘロになりながら,デポ地まで引き返しました。大洲はなかなか風情のある町でした。ビールをいただき,22時頃にバタンキューでした。
久万高原ヒルクライム2013_e0201281_1958654.jpg

久万高原ヒルクライム2013_e0201281_19581729.jpg


距離: 65.02 km
タイム: 2:52:43
平均スピード: 22.6 km/h
高度上昇値: 1,207 m
平均気温:31.1 °C

7/28(日)
 前日の天気予報はあまりよくなかったのですが,3時頃雷の音で目が覚めました。外を見ると吹きなぐりの雨。ホテルを5時過ぎにチェックアウトして,久万高原へ。60km弱ありますが,信号もなく快適に,集合場所の美川スキー場へ7時前には到着。本格的に横なぐりの雨が降っています。
 開会式も雨の中30分遅れで始まりました。ラインウェアを来ていても,寒くて震えるぐらいでした。
久万高原ヒルクライム2013_e0201281_2063015.jpg

 スタートは,集合地点より9kmほど下ったところです。雨の中慎重に下ります。スタートを待つ間に,雨も小降りになったので,レインウェアはジャージのポケットへ。雨の中,沢山の参加者がいました。
久万高原ヒルクライム2013_e0201281_20102345.jpg

 ここのコースは,15.4km,平均斜度6.8%です。我々50歳以上のクラスは,最後から2番目のスタート。最初はアップもかねて控えめにと思うのですが,ついつい心拍数を上げてしまいます。

 美川スキー場までは,一部平坦な場所もあり,スピードも出せるのですが,ついつい頑張りすぎて足を使ってしまします。スキー場を過ぎたあたりから斜度もきつくなり,ヘロヘロに。ゴール前2kmぐらいからは,森林もなくなり見事な風景が広がるはずなのですが,真っ白で何も見えません。500mごとに残りの距離が表示されているので,最後500mだけは頑張りました。
久万高原ヒルクライム2013_e0201281_20345561.jpg

 ゴール後,いつものようにスポーツ飲料とトマトが配られ,寒い中震えながらいただきました。今回は,まだ上ってくる方がいても,下山させてくれたので,レインウェアを着込みすぐに下山。参加賞のカレーを美味しくいただき,帰路につきました。
久万高原ヒルクライム2013_e0201281_20223356.jpg

 帰ってからガーミンの計測を見ると,気温も低かったためか, 1:06:10 と昨年よりは2分ぐらいよかったです。久万高原は遠かったですが,来年もと考えてしまいました。

距離: 15.28 km
タイム: 1:06:10
平均スピード: 13.9 km/h
高度上昇値: 1,017 m
平均気温:18.2 °C!

リザルトが発表されていました。
時間 1:06:25
男子E(50歳以上) 12/51
総合         150/361
昨年よりは少しいいので満足です。

by simisimit | 2013-07-28 20:35 | 自転車イベント | Comments(4)

雨の那賀川流域センチュリーラン

5/19(日)
 昨年参加したイベントではほとんど雨に会わなかったのですが,今回は本格的な雨になりそうです。昨年は自走で会場まで出かけましたが,今回は車で。8時30分頃会場到着。まだ雨は降っていません。
 いただいた参加者名簿にはAコースに飯泉知事の名前が。本当に走るのでしょうか(そんなはずはないですよね)。開会式では,西阿波に続き知事の挨拶もあり。ところが,雨がポツポツ落ちてきました。
雨の那賀川流域センチュリーラン_e0201281_18401484.jpg

 スタートは,ゼッケン順に。私は早いゼッケンだったので,9時8分頃スタート。少し雨は降っていますが大丈夫です。横風が強いので慎重に。那賀川町へ入る頃には雨も止み,路面もドライです。昨年は速い人について行ったのですが,今日は一人旅です。
 相生の手前で,アンカーに乗った方に抜かれたので頑張って後ろにつき,ほんの少し楽をさせてもらいました。すぐに坂で離され一人旅です。何とか長安口ダムへ。この手前から雨が落ちてきて,結構本降りです。
雨の那賀川流域センチュリーラン_e0201281_18464256.jpg

 レインウェアを持っていたのですが,止まるのも面倒なので,雨の中折り返しのCPへ到着。寒くて,バナナとパンをいただきレインウェアを着込み,早々に出発。
雨の那賀川流域センチュリーラン_e0201281_184869.jpg

 復路は結構雨が降ってきますが下り基調で。一人旅なので,背中に入れた補給食をとりながらマイペースで。昨年は足がつりそうになりましたが,今回は大丈夫でした。阿南支援学校手前の坂もクリアし,ゴールへ。雨で曇っていますが,13時9分頃ゴールできました。
雨の那賀川流域センチュリーラン_e0201281_18525049.jpg

 いただいたカップラーメンが冷えた体にしみわたり,大変美味しゅうございました。
雨の那賀川流域センチュリーラン_e0201281_18541624.jpg

 長時間雨の中を走るのは初めてでしたが,これはこれで記憶に残る大会になりました。昨年より少しタイムは落ちましたが,ほとんどひとりで走りきり,充実した一日でした。帰りは徳島市内の温泉により,温まって帰りました。
 雨の中,多くのスタッフの方には大変お世話になりました。

距 離:112.65 km
タイム:3:48:27
平均スピード:29.6 km/h
高度上昇値:518 m
平均気温:15.1 °C
by simisimit | 2013-05-19 18:59 | 自転車イベント | Comments(6)

ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。

5/12(日)
 ツール・ド・にし阿波に参加しました。週間予報では,雨マークも出ていたのですが,日頃の精進のおかげで?絶好の晴天です。

 今年が3回目になるのですが,私の参加するCコースは,今までと逆コースで,池田ダム湖畔を出発して,まず北の雲辺寺へ上り,下ってから南の黒沢方面へ上るコースです。今までと逆コースとあって楽しみです。

 いつものように,遠足の日の小学生のように早起き(3時頃)して,自宅を6時前に出発。7時頃に池田に到着。ごそごそと準備をして,スタート場所へ行くと,すでに飯泉知事が挨拶をされていました。今日も知事自らスタート前のデモンストレート走行で出発。どこまで行かれたのでしょうか。

 Cコースはゼッケン順に7:50にスタート。私は140番台だったので,8:04分にはスタートできました。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_1631714.jpg

 最初は吉野川沿いに東へ。池田ダムを渡り,北岸を西へ。川之江方面の国道を北へ進み,少し走るといよいよ雲辺寺への上りです。昨年までは,雲辺寺への激坂でヘロヘロになっていたのですが,まだまだ元気で,10%程度の坂が続きますが,結構上れました。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_1635149.jpg

 まだ写真を撮る余裕もあり,最初のCP1へ到着。バナナ,ケーキ等をいただき,ここからまだ上ります。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_1636659.jpg

 途中で黄色いジャージの方にすいーと抜かれ,自転車を見ると何とシングルギアです。すごい方がいるものです。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_16382082.jpg

 頂上付近を通過し,このコース名物の北海道へ到着。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_16395328.jpg

 途中天気もよく,絶景が広がっていましたが,あまり写真を撮る余裕もなく。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_16404130.jpg

 国道32号に出る手前にCP2がありました。ここでもバナナをいただきました。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_16413779.jpg

 ここからは,快適な32号の下りで,あっという間に三好高校前の交差点へ。ここから東へ。下り基調でその上,追い風です。気分はジロ・デ・イタリア?
 周りに誰もいないので,ひとりでCP3「四国三郎の郷」を目指します。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_16475286.jpg

 ちょっとガンバリ過ぎたのが後半尾を引きますが,CP3へ到着。ここではそば米雑炊(徳島名物),半田そうめんをいただきました。しっかり塩分補給も出来ました。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_16483716.jpg

ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_16485036.jpg

 休憩もそこそこに出発。南岸へ渡り西を目指します。平地ですが,やや上り基調でその上向かい風。何とか辻のCP4へ。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_1651850.jpg

 ここから今日最後の山岳です。最初は川沿いに緩い上りで,腕山スキー場へよく通った道です。

 数km走るといよいよ本格的な上りへ。10%を越える坂が次々出てきて,もうヘロヘロの二乗です。つりそうになる足をごまかしながら,CP5へ。ここではにし阿波名物ガリガリ君が振る舞われました。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_16565020.jpg
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_16564015.jpg

 まだ上りが10km以上続くと聞いてげんなりしましたが,アップダウンがあり何とか頑張れました。大阪の岸和田から来られた方とゴールを目指します。参加名簿を見ると,いろんなところから参加されています。途中コケで滑りやすい場所もあり慎重に。何とか国道へ。下ハン握って下ったので,肩が凝ってしまいました。国道を少し走り,何とかゴールできました。
 8時過ぎにスタートし,13時過ぎのゴールでした。
距 離:102.92 km
タイム:4:32:58
平均スピード:22.6 km/h
高度上昇値:1,960 m
平均気温:25.5 °C

 昨年より平均スピードは少し落ちましたが,我ながら最後の上りを頑張れました。ゴール後,徳島ラーメン,祖谷そばなど美味しくいただき,帰りにはいつものように,高速の吉野川ハイウェイオアシスで美濃田の湯につかり,帰宅しました。
ツール・ド・にし阿波2013に参加しました。_e0201281_1771925.jpg

 ボランティアの方も多く,沿道の声援も暖かく素晴らしい大会でした。本当にお世話になりました。いつまでも続くことを願っております。
 来週は那賀川です。天気がよいことを祈るばかりです。
by simisimit | 2013-05-12 17:09 | 自転車イベント | Comments(3)

伊吹山ヒルクライム2

4/14(日)
 ヒルクライム当日,長浜から関ヶ原へアップもかねて自走です。途中,今日上る伊吹山が。今の力で上れるのか少し心配に。
伊吹山ヒルクライム2_e0201281_658533.jpg

 8時頃に関ヶ原に到着。今年は,私のGグループは最後にスタートするため,受付やら,荷物を預けたりしてのんびり過ごします。アップで自走したのですが,しっかり冷えてしまいました。
 伊吹山ドライブウェイ入り口に移動し,10時半過ぎにスタートです。
伊吹山ヒルクライム2_e0201281_754885.jpg

 ペース配分をと思いながらも,ついつい心拍上がり気味で頑張ってしまします。頑張っているつもりでも,自分より年配と見受けられる方々にすごいースピードで抜かれていきます。何とか10km地点の平坦部へ。最近の不摂生のためか,昨年より2~3分遅めですが,ゴールまでもう少しと頑張ります。
 ところが大きな勘違い。今年は雪が少なめで,頂上がゴールなのです。しっかり昨年と同じ12km地点がゴール場所と思っていました。あと3km,ヘロヘロでペダルを踏みました。ゆっくりしか上れないため,写真を1枚。
伊吹山ヒルクライム2_e0201281_7165440.jpg

 なんとかゴールにたどり着きました。雪が少し残り,疲れましたが,充実感はありました。HPにアップされたリザルトを見ると。
 タイム1:12:13 順位126/323 でした。今の力ではこんなものです。
 集団で下山したあと,彦根へ。彦根で温泉につかり,彦根駅から輪行で神戸へ。神戸で買い物に来ていた連れ合いに拾われ帰宅しました。
by simisimit | 2013-04-15 21:56 | 自転車イベント | Comments(2)

伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013に参加しました

4/13(土)
 昨年に引き続き「伊吹山ヒルクライム2013」に参加するため,前日に長浜の子どものところへ。
 早起きしていると,5時半頃結構長く地震です。テレビをつけると淡路島を震源とする結構大きな地震のようです。幸いに,被害はそれほど大きくないようで,高速道路も止まってないようなので予定どおり鳴門西SAから高速バスで神戸へ輪行。
伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013に参加しました_e0201281_510059.jpg

 高速バスも定刻通り運行されており,朝はJRは止まっているようでしたが,まあ動き出すだろうと高をくくっていたのですが。10時ごろ三ノ宮につくと,まだ新幹線しか動いていないとのことで,しかたなく新神戸から米原まで新幹線輪行です(高くつきました)。
伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013に参加しました_e0201281_5183775.jpg

 子どもは夕方までは出かけているとのことで,彦根,長浜周辺をポタリング。
 桜は満開は過ぎているとはいえ,どこも見事でした。特に長浜城はまだ満開状態で,湖岸の道路でも桜を満喫しながら走れました。
伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013に参加しました_e0201281_522117.jpg

伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013に参加しました_e0201281_5272169.jpg

 時間つぶしに小谷城近くの須賀谷温泉へ。谷間にある一軒家で,お市の方も入ったという歴史のある温泉でした。
伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013に参加しました_e0201281_532418.jpg

 再び長浜城へ。満開の桜の中,沈む夕日は素晴らしかったです。
伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013に参加しました_e0201281_5393726.jpg

 子どものアパートに転がり込み近くのイタリアンへ。小じゃれた料理にワインなどいただき,幸せな気分で早々に就寝しました。
伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013に参加しました_e0201281_542041.jpg

 長くなったのでヒルクライム当日は明日ということで・・・・・・
走行距離:59.42 km
走行時間:2:40:56
平均速度:22.2 km/h

 
by simisimit | 2013-04-14 21:19 | 自転車イベント | Comments(0)

自転車王国とくしまライド in 鳴門に参加しました

11/18(日)
 先々週からひいていた風邪も何とか治り,3年連続「自転車王国とくしまライド in 鳴門」に参加しました。今回の風邪で,つくづく年齢を感じました。
 今回も自走で鳴門へ。ロードに乗るのは2週間ぶりです。行きは追い風で,快適に会場へ。今回も多くの方が参加されていました。9時スタートですが,9時20分くらいにやっとスタートです。
自転車王国とくしまライド in 鳴門に参加しました_e0201281_164566.jpg

 強風の中,海岸線沿いに南下します。昨年の右折ポイントを過ぎても,皆さん堤防沿いに南下しているので,コースが変わったのかと思いながらついて行くと,やはりミスコースでした。引き帰りして,川沿いに北上します。
自転車王国とくしまライド in 鳴門に参加しました_e0201281_16473142.jpg

 もろ向かい風で,ハンドルをとられるくらいでした。県道鳴池線沿いに大麻彦神社を目指します。ここでは,黄色いバイクに乗ったトライアスロンもされる方に大部分引いてもらい(私も少しは引くまねはしましたが),向かい風の中よいペースで大麻彦神社のCPに到着。
自転車王国とくしまライド in 鳴門に参加しました_e0201281_16514462.jpg

 いつもの参道コースです。(バチは当たらないのでしょうか)
自転車王国とくしまライド in 鳴門に参加しました_e0201281_16523224.jpg

 寒いくらいで,あまり休むと足が回らなくなるので早々に出発。今回のコース最大標高差の卯辰越えです。何とか越えて北灘海岸へ。追い風を期待してのですが,最初は微妙でした。途中からは快適な追い風で,40km超で巡航。風なしにこんなスピードで巡航できたらいいのですが,一生無理です。
 快適な北灘海岸を後にして,鳴門スカイラインへ。途中スカイラインを離れて名物潮かぶりロードへ。
自転車王国とくしまライド in 鳴門に参加しました_e0201281_165755100.jpg

 潮はかぶりませんでしたが,風が強くて海に落ちないように。海岸から10%を超える今回最大傾斜(短いですが)クリアして再び鳴門スカイラインへ。後は,内海をとおり無事ゴールできました。距離は60kmと短いですが,病み上がりで最後は,足がつりそうになりヘロヘロでした。今年最後のイベントを楽しむことができました。大会関係者の皆さんには大変お世話になりました。
 帰りは向かい風の中自走で帰りましたが,ハンガーノック気味で,最も疲れました。
 いつもひとりで走ることが多いので,イベントでは引きつ引かれつ走れるのが楽しいです。来年も,元気にイベントに参加したものです。
走行距離:62.78 km
獲得高度:663 m
走行時間:2:28:21
平均速度:25.4 km/h
最高速度:59.0km/h
ケイデンス:83 rpm
平均気温:13.5 °C
(途中なぜかサイコンがとまり2km程度短くなっています)
by simisimit | 2012-11-18 17:11 | 自転車イベント | Comments(2)

さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました

11/4(日)
 さぬきセンチュリーライド小豆島大会は,今年で3度目になります。距離は90kmとあまり長くはないのですが,小豆島の外周で,いつも海が見え,適度なアップダウンがあり,変化に富んでいます。コースはこちらです。 
 今回は,輪行(JR)で高松まで。高松から7:20のフェリーで土庄へ。フェリーでは,いつものようにうどんです。
さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました_e0201281_212148.jpg

 遅いフェリーだったので,自転車は10台ぐらいです。土庄から会場の「ふるさと村」へは8km程度なので,アップによい距離です。
さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました_e0201281_2152788.jpg

 9時から開会式。いつものように延々と40分程度。北海道から来ている方もいました。抽選会もありましたが,もちろん何も当たらず。スタートは10時からです。いい大会なのですが,せめて9:30スタートにしてもらえたらと思います。私は申し込みが遅かったので,Aコース最後のスタートで,10:20くらいでした。
さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました_e0201281_219080.jpg

 今回は天候に恵まれ,どこを走っていても青く,穏やかな瀬戸内海が展望できます。少し上れば,気持ちのよい下りが待っており,ついつい心拍が上がり気味(最後まで持つのか)。30kmで最初のエイド,大阪城残石記念公園です。バナナとスポーツ飲料をいただき早々に出発。
さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました_e0201281_2118992.jpg

 ここまでは数人の列車に無賃乗車していたのですが,ここから一人旅です。小豆島の道は,舗装もよく,車も少なく本当に快適です。
さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました_e0201281_21202090.jpg

 適度なアップダウンを繰り返しながら,唯一のCP南風台に到着。パンをいただき休憩もそこそこに出発します。
さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました_e0201281_21282999.jpg

 Aコースは,ここから二つの半島を周回し,結構な上りがあります。最初の半島を周回し二十四の瞳で有名な岬の分教場への分岐あたりで,早そうな長身の方に追い抜かれたので頑張ってついて行きます。草壁港を過ぎて最後の半島の上りでちぎれましたが,快適に引いていただき,ありがとうございました。最後の半島は数カ所の上りがあり,へろへろになりながら,ゴールのふるさと村が見えてきました。
さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました_e0201281_21364392.jpg

 何とかゴールできましたが,タイムは昨年より頑張ったつもりですが,6分程度悪く,ちょっとがっかりでした。
さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました_e0201281_21383295.jpg
 ゴールの後,参加賞についている無料入浴券でふるさと村の温泉へ。展望風呂で瀬戸内海を眺めながらゆったりと汗を流せて幸せ一杯でした。
 温泉から出て,自転車に乗ろうとしていると,知らない方からブログ見ていますよと,声をかけられました。出雲路でお会いしたとのこと。こんなブログでも,見ていただいている方がいると,うれしかったです。









 帰りも輪行で。おきまりのビールを飲みながら幸せなひとときでした。参加賞を広げると,Tシャッツ,醤油・・・・・・・充実した内容でした。
さぬきセンチュリーライド小豆島大会2012に参加しました_e0201281_2157146.jpg

走行距離:90.57 km
獲得高度:1,156 m
走行時間:3:20:33
平均速度:27.1 km/h
最高速度:61.1km/h
ケイデンス:83 rpm
平均気温:14.7 °C
by simisimit | 2012-11-04 21:57 | 自転車イベント | Comments(2)

吉野川センチュリーラン(2012)に参加しました

10/14(日)
 昨年に続いて,吉野川センチュリーに参加しました。今回が27回目と県内では老舗のサイクリングイベントです。自走でスタート地点の鮎喰川河川敷へ。池田までの往復160kmのAコースにエントリーしています。Aコースの参加者が約200名とのこと。
 8時にスタートです。並んだ順に5名ずつスタートします。私は,8時10分くらいにスタートできました。
吉野川センチュリーラン(2012)に参加しました_e0201281_20195895.jpg

 コースは吉野川沿いにひたすら池田をめざします。単調ですが,上流へ行くほど吉野川の姿も変化していきます。結構向かい風が強かったのですが,ちょうど足の合う方と協力しながら上流へ。阿波市の堤防道路から県道へ出るあたりで,追いついたり,追いつかれたりした方と6人程度の集団走行になりました。向かい風の中,30kmオーバーで西へ。時々先頭に出ると,もう心臓パクパクで大変ですが頑張ります。10:35に池田のCPに到着。
吉野川センチュリーラン(2012)に参加しました_e0201281_20374220.jpg

パンとバナナ,水を補給して,少しでも早く池田を折り返せば追い風に乗れるかもと,ひとりで早々に出発。池田ダム北岸を少し走ると,折り返しの池田大橋に到着。
吉野川センチュリーラン(2012)に参加しました_e0201281_20383357.jpg

 さあ追い風と思いましたが,ほとんど無風でした。仕方が無いのでひとりで頑張りましたが,辻を通り過ぎたあたりでビューンとCPまでご一緒した方々に抜かれました。これはついて行かねばと頑張ります。貞光のBコースのチェックポイントで休憩と足をゆるめると,誰も止まりません。ここでちぎれて後は一人旅です。名田橋の手前では,両足のハムストリングがつりそうです。無理して回していると何とか行けそうです。最後はいつものようにヘロヘロになりながら,河川敷へ。
吉野川センチュリーラン(2012)に参加しました_e0201281_2047154.jpg

 ゴールしてカップヌードルを美味しくいただきました。
吉野川センチュリーラン(2012)に参加しました_e0201281_20492450.jpg

 自走での帰りに,焼き鳥を購入して,帰宅してからビールを。結局160km走って消費したカロリー以上に補給したようです。次の土日には天気がよければのんびり紅葉見物へ出かけたいものです。
走行距離:154.35 km
獲得高度:478 m
時   間:5:20:00程度
走行時間:5:05:46
平均速度:30.3 km/h(実走)
最高速度:54.6 km/h
平均気温:18.4 °C
by simisimit | 2012-10-14 21:06 | 自転車イベント | Comments(2)

「四国の右下ロードライド」に参加しました

9/23(日)
 県南で行われた「四国の右下ロードライド」に今年も参加してきました。昨年は,高速道路開通イベントとして実施され,自動車専用道路を自転車で走ることができました。今年は,距離が160kmにのびて四国最長だそうです。出雲路に引き続き,今月2回目のロングライドですが,楽しみです。コースはこちらです。
 出発が海陽町の「まぜのおか」(90kmくらい)なので,ここまで行くのが自転車で走るより大変です。家を4時前には出発。そぼ降る雨の中!車を南へ走らせます。6時前には,「まぜのおか」到着。7時の開会式でも小雨が降っていました。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_23153735.jpg

 開会式が終わり7:30のスタートの時には雨もほぼやみました。知事のスタートフラッグに送られ,4番目グループでスタートしました。この大会は県営!?のため,運営も至れり尽くせりです。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_2318822.jpg

 最初は,西へ海部川を遡ります。この頃には,薄日も差してきました。路面は少し濡れており,前の自転車のしぶきが顔にかかります。何人かの速い人のトレインに乗りひたすら西へ。時々先頭に出て引きますが,あっという間に先頭交代。いつものパターンで快適にとばせました。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_23241740.jpg

 最初のチェックポイントでは,先頭を引く今回のゲストライダー,竹谷賢二さんのグループに追いつきました。せっかくなので,行けるところまでとついて行きます。上ってきた道を国道55号まで再び引き返します。竹谷さんの豪華な引きで,40km超のスピードでとても快適でした(ただし心拍も上がり気味。どこまでついていけるのか)。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_23293456.jpg

「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_2329529.jpg

 牟岐から日和佐に越える50km地点くらいまでは何とかついて行けましたが,上りでちぎれてしまい,ここから一人旅です。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_23354525.jpg

 日和佐のコンビニでは,休憩中の竹谷さんにいったん追いつきましたが,福井ダムの上りで再びちぎれて,再び一人で鷲敷を目指します。ボトルの水も切れてしまい,ヘロヘロになりながら鷲敷道の駅に到着。昨年はここがCPだったので,今回もエイドステーションがあるものと思っていたら誰もいません。しかたなく自販機でスポーツ飲料を購入して,本当のCP,もみじ川温泉を目指します。途中足がつりそうになり,だましだまし先を急ぎます。もみじ川温泉に到着した頃には,何とか回復しました。ここのエイドステーションは充実しており,バナナ,パン,飲料,そして那賀名物「はんごろし(ぼた餅ですかね)」。冷たい阿波番茶が美味しかったです。お腹いっぱいになり日和佐を目指します。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_23433239.jpg

「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_23435637.jpg

 赤松から日和佐への下りは,いつ走っても快適です。車も少なくあっといまに再び国道55号へ。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_2347121.jpg

 「日和佐道の駅」のCPでは,お腹も一杯だったので休憩せずすぐに出発。最後の難関,南阿波サンラインを目指します。海岸線までの激坂をヘロヘロになりながら上っていると,ビューンと5人ほどの竹谷グループが追い越していきました。どこかで休憩されていたのですね。到底,後を追う走力は残っていません。ミドルクラスの方々と上り,何とか海岸線へ。いつ来ても絶景です。アップダウンは大変ですが,来てよかったと思わせるコースです。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_23521024.jpg

 再び国道に出ると残り10km程度です。最後の力をこめてペダルを踏みました。ええ年してこんなに頑張らんとでもと思うのですが,これも自転車の楽しみと,分けの分からないことを考えながらゴールに到着。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_2355114.jpg

 立派な完走賞をいただきました。やはり県営!すごいです。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_044339.jpg

 参加賞の「南阿波丼」をいただきました。心配した天気もすぐに回復し,気温も暑く寒くもなく,本当に快適なサイクリングを楽しむことができました。山あり谷あり海ありと至れり尽くせりのコースで大勢のスタッフの皆様には大変お世話になりました。
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_064811.jpg

 早めに会場を後にして,日和佐のえびす洞温泉へ。太平洋を眺めながら一日の汗を流して帰路につきました。
 
「四国の右下ロードライド」に参加しました_e0201281_081357.jpg

走行距離:157.80 km
獲得高度:1,322m
時   間:5:49:53
走行時間:5:24:34
平均速度:29.2 km/h(実走)
最高速度:63.5km
平均ケイデンス:85 rpm
平均気温:22.3 °C
by simisimit | 2012-09-23 20:04 | 自転車イベント | Comments(0)

出雲路センチュリーライド2012(その2)

9/9(日)
 早朝ホテルから外を見ると,雨は降っていません。早々に支度をして,会場の松江イングリッシュガーデンまで自走。途中でポツポツ雨が落ちてきました。強くはないのですが先が思いやられます。予定どおり7:30にスタートです。出発順は自由なので,一昨年は,初めてということもあり後方からスタートしましたが,今年は厚顔にも?前の方へ並びます。
 後ろを振り返ると,声はかけられませんでしたが,見慣れたblue skyのジャージを着た方々も参加されていました。とりあえず,前の方でスタートを切りました。コースはこちらです。
出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_722177.jpg

 最初は,宍道湖沿いの山麓を西へ。細かなアップダウンがあり,年甲斐もなく心拍数が上がります。雨はやんだのですが,路面が濡れており,後ろにつくとしぶきがかかります。22km走り,最初のCPへ。いつものようにわかめ汁?をいただき,早々に出発したもののスタンプを押し忘れに気づきあわてて引き返します。
出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_710277.jpg

 CP1からは,速い方々に引かれて,宍道湖西岸沿いに快適にとばします。路面も濡れておらず快適です。小さな山を越えて,CP2の加茂ラメールに到着。いつものように団子汁をいただきました。結構ボリューム一杯です。
出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_5431191.jpg

出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_7154239.jpg

出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_7161037.jpg

 ここからは標高400mの山を越えて松江を目指します。激坂はありませんが足が思うように回りません。何人かの方にパスされ何とか頂上へ。
出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_7184550.jpg

 ここからは,車も少なく,快適に下れました。何とかCP3のサテライト山陰へ。ここでは海苔巻きをいただき早々にスタート。中海を目指します。ずっと一人旅で,中海では強い向かい風の中,中海に浮かぶ大根島へ。大根島へは海の中を道路が一本走っています。
出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_7223162.jpg

 CP4の大根島では,冷たいぜんざいをいただきました。甘みが身にしみます。
出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_724212.jpg

 中海からアップダウンを繰り返し,日本海へ出ます。少しどんよりしていますが,もう一頑張りとペダルをこぎます。最後のCP5のマリンゲート島根へ到着。サザエのおにぎりをいただき,早々に出発。
出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_7261575.jpg

 海岸線を少し走ると,向こうに島根原発が見えてきます。再び峠を越えて松江へ。最後はいつものようにヘロヘロになりながら無事にゴールできました。昨年よりタイムは少し悪かったですが,充実した一日でした。
出雲路センチュリーライド2012(その2)_e0201281_729197.jpg


走行距離:159.16 km
獲得高度:1,743m
平均速度:26.6 km/h
走行時間:5:58:42
平均気温:24.3 °C
by simisimit | 2012-09-11 07:32 | 自転車イベント | Comments(0)