人気ブログランキング |

カテゴリ:日帰りサイクリング( 55 )

室戸岬へ行ってきました

1/26(日)
 前日の天気予報では,南の方が天気がよく,気温も10℃を上回る予想です。これは,室戸へ行かねばと,早起きし,7時前に日和佐に車で到着。車をデポして,7時頃出発。最初は南阿波サンラインをと思っていたですが,明け方まで雨が降っていたようで道路はウェット。とりあえず国道沿いに南を目指します。
 追い風基調で快適です。浅川を過ぎるあたりで,薄日がさしてきました。
室戸岬へ行ってきました_e0201281_2040132.jpg

 高知へ入り,海岸線へ出ると,どんよりしているものの暖かく,薄手のジャージにウィンドブレイカーを来ていたのですが,ジャージで十分でした。
室戸岬へ行ってきました_e0201281_20422641.jpg

 なんとか室戸岬へ。岬の手前では,沢山のランナーがスタートを待っていました。通り越して岬へ。
室戸岬へ行ってきました_e0201281_20445996.jpg

 岬を越えると強烈な向かい風です。10時過ぎに小腹も空いたので,海の駅「トロム」へ。ところがレストランは11時とのこと。しかたなく西を目指します。国道へ出ると,さっき追い越した沢山のランナーが走っています。後で調べると「高知県市町村対抗駅伝競走」だそうです。沢山の応援の方が沿道に。自転車で走っていると場違いでした。
室戸岬へ行ってきました_e0201281_21122070.jpg

 休むとまた追いつかれるので,休まず奈半利へ。強烈な向かい風でヘロヘロ,お腹もぺこぺこです。ウロウロしながら,奈半利駅でスパゲッティを。奈半利から野根を目指します。斜度は緩いものの延々と続きます。
室戸岬へ行ってきました_e0201281_20583645.jpg

 ここでもヘロヘロになりながらやっと四郎ヶ野峠へ。昔は参勤交代もとおり主要道だったとのこと。
室戸岬へ行ってきました_e0201281_20581875.jpg

 山間部へ入ると気温も下がり,ウィンドブレイカーを着込みます。
 下りは傾斜が急で,舗装も悪い場所が多かったですが,それほど寒くなく快適に。
室戸岬へ行ってきました_e0201281_2122256.jpg

 国道へ出て,後はひたすら日和佐へ。牟岐あたりで雨がぼつぼつ。虹が出ていたのですが,虹をつくった雨の中へ。
室戸岬へ行ってきました_e0201281_2155512.jpg

 寒いやら,ヘロヘロやらで足が回りません。ロードの方にスーと抜かれたのですが,ついて行く気力も無くマイペースで。
 雨は降ったりやんだりでしたが,だんだん強まって。何とか車をデポした日和佐へ4時半頃たどり着きました。ジテツウ休止中なので,毎日ローラーでもやらなければ,調子がでなくなる一方です。
室戸岬へ行ってきました_e0201281_2174355.jpg

距離: 193.45 km
タイム: 8:02:10
平均スピード: 24.1 km/h
高度上昇値: 1,477 m
平均気温:9.8 °C
by simisimit | 2014-01-26 21:10 | 日帰りサイクリング | Comments(2)

2014新春サイクリング

1/3(金)
 ま~し~さんお声かけの新春サイクリングへ参加させていただきました。
 自宅から,自走で集合地点文化の森へ(8:00)。昨年同様,ついて行けるかドキドキでしたが,20名以上?の方と出発。国道沿いに阿南へ。
2014新春サイクリング_e0201281_20415058.jpg

 福井のコンビニで合流した方を加えると30名以上でイザリ峠へ。心拍を上げて頑張りましたが。
2014新春サイクリング_e0201281_20453619.jpg

 何とかイザリ峠へ。ヘロヘロになりながら。思ったより暖かく,冬用ジャージでは暑いぐらいです。
2014新春サイクリング_e0201281_2047498.jpg

 ここからは,海岸線のアップダウンを満喫して?,潮吹展望台へ。晴れ渡った展望を楽しみながら何とか到着できました。
2014新春サイクリング_e0201281_20501361.jpg

 展望台では,プチ仕事の電話が入り,その対応のため電話をしたり,下った由岐で再び隊列から離脱して電話をしたりと大変でしたが,何とか日和佐へ下る手前で追いつけました。
2014新春サイクリング_e0201281_2332040.jpg

 日和佐へ到着。いつものように初詣でにぎわっていました。コンビニで昼食等の休憩です。
2014新春サイクリング_e0201281_2352810.jpg

 十分休憩した後,赤松への上りです。4,5%とそれほどきつくないので,ついつい頑張ってしまいますが,最後はヘロヘロで峠へ。
2014新春サイクリング_e0201281_238861.jpg

 ここから,那賀まで皆さんすごいスピードです。最初はついて行ったものの,ちぎれて1人旅でこいでいると,後続グループにも抜かれて,もうへとへとでした。
 那賀へでると,鷲敷のコンビニで休憩後,那賀川沿いに勝浦へ。このルートも皆さんへ引かれてたり,少しちぎれたりと勝浦のコンビニへ到着。
 勝浦からは,ま~し~さんに引かれて,快適に八万まで帰ることができました。ま~し~さんはじめ参加の皆さんには大変お世話になりました。いつもは,1人で走っているので,沢山の方と走るのは楽しいですね。天気もよく,今年一年充実した自転車生活ができたらなと思わせるようなサイクリングでした。
距離: 167.32 km(文化の森までの自走33kmを含む)
タイム: 6:09:11
平均スピード: 27.2 km/h
高度上昇値: 1,206 m
平均気温: 7.7 °C(朝が寒かったですが,南では汗ばむくらいでした)



 
by simisimit | 2014-01-03 23:23 | 日帰りサイクリング | Comments(10)

庵治半島へ行ってきました

12/23(日)
 天気もよさそうなので,庵治半島へ行くことに。とりあえず大坂峠へ。なかなかペースが上がりません。
あせび 16:55
 青空の向こうに小豆島が。今日は久しぶりに展望がよく,本州の工場の煙突も遠望できました。
庵治半島へ行ってきました_e0201281_22533867.jpg

 少し寒いですが,風が弱く何とか頑張れます。引田から星越峠を越えて津田の羽立へ。10時半頃ついたのでまだ空いていました。早めの昼食ですが,しっぽくうどんととり天で少し豪華に?
庵治半島へ行ってきました_e0201281_22564765.jpg

 お腹もふくれて11号をとおり庵治半島へ。穏やかな瀬戸内が広がっており,小豆島へ向かうフェリーが。
庵治半島へ行ってきました_e0201281_2383348.jpg

 やまさんのブログで拝見したのですが,庵治半島が四国最北端とのこと。気をつけて走っていると看板が。激坂を下りるとこんなモニュメントが。地図を見ると少しずれているようですが,とりあえず記念撮影を。
庵治半島へ行ってきました_e0201281_2315958.jpg

 東側へ回り込むと少し上りますが,展望がよいので気持ちよく走れます。
庵治半島へ行ってきました_e0201281_2335662.jpg

 帰りはR11沿いに。津田のコンビニでアンパン補給をしたのですが,大坂峠で全然足が回らなくなり,なんとか帰宅できました。補給はこまめにしなくてはダメですね。
距離: 127.82 km
タイム: 5:17:25
平均スピード: 24.2 km/h
高度上昇値: 1,279 m
平均気温: 7.0 °C
by simisimit | 2013-12-23 23:09 | 日帰りサイクリング | Comments(2)

初めての霧越峠と紅葉狩り

11/09(土)
 明日は天気が悪そうなので,今日はどこか遠出をと,一度いって見たかった霧越峠へ。
 自宅から出かけると200kmを越えるのでどうしようかと。tさんのブログで帰りは輪行で行かれたのを思いだし,輪行袋を持って出かけました。今日のルートはこちらです。
 まず木沢の紅葉見物と土須峠の下りが通行止めなので,勝浦から上勝へ。正木ダムの湖畔では桜が。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_2102262.jpg

 上勝では,少し早いですが紅葉が。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_2121758.jpg

初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_2122884.jpg

 八重地トンネルをめざします。八重地の集落を過ぎて高度を稼いでいきます。激坂は無いので助かります。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_2152285.jpg

 杉の植林が多いのですが,時々モミジが見事に色づいています。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_216744.jpg

 何とか八重地トンネル到着。ここから木沢への下りで少し寒いので,ウィンドブレーカーを着込みひたすら下ります。道幅が狭く,砂が乗っているので慎重に。土須峠からの下りと合流します。やはり通行止めのようです。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_21114914.jpg

 少し早めですが,見事な紅葉が。木沢方面へ下ります。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_21125813.jpg

初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_21124428.jpg

 那賀川へ出ると,木頭方面へ。平谷から霧越峠をめざします。だらだら川沿いに上っていきます。集落周辺ではゆずが。絞ったゆずを根元にまいているので,ゆずのいい香りが。
 道はだんだん狭くなり,苔が。紅葉もきれいで,激坂もなく快適に上れますが,今日2つめの本格的な上りで徐々に足が削られていきます。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_21191466.jpg

 何とか隧道を越え,少し走ると念願の霧越峠到着。結構,距離がありました。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_21203315.jpg

 このルートは,店がほとんど無いので勝浦のコンビニでアンパンを食べ,補給食を少し買い込んだのですが,飲食店は一軒も見かけませんでした。ここまでで,補給食も無くなり少しお腹が空いてきました。
 霧越峠の海部側の下りは,結構道幅もあり,路面もよく快適に下れました。海部川に出て牟岐をめざします。
 牟岐へは,ショートカットしてヤレヤレ峠を。ネーミングの割にそれほどヤレヤレではないのですが,4台ほどトラックとすれちがい,慎重に上りました。やっと隧道へ。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_21262262.jpg

 もう一つトンネルをとおり,牟岐までは快適な下りです。当初は,南阿波サンラインをとおり日和佐までと思っていたのですが,意外と時間がかかり,お腹も空いたので牟岐から輪行することに。3時半頃ついたのですが,徳島行きの特急は4時45分。しかたなく駅でビールを飲みながら(これが輪行の醍醐味ですね),汽車に乗る頃にはすっかり出来上がっていました。
初めての霧越峠と紅葉狩り_e0201281_21325672.jpg

 充実した一日でした。帰りの汽車や徳島駅で輪行している方を何人か見かけました。輪行は,片道だけ走って帰ってこれるのでいいですね(200kmも走れないので)。

距離: 139.86 km
タイム: 6:33:36
平均スピード: 21.3 km/h
高度上昇値: 1,918 m
平均気温: 14.2 °C
by simisimit | 2013-11-09 21:39 | 日帰りサイクリング | Comments(6)

今年最後の大川原

11/4(月)
 三連休最後,天気もよさそうで,午後も走れるので,今年最後かなと大川原へ。明け方降っていた雨もやみ,気温も急上昇。7部丈のビブと半袖ジャージにアームウォーマー,半切りグローブで丁度よく快適にスタート。

 昨日の疲れが少しありますが,天気もよく,幸せ気分で佐那河内に到着。大川原の風車に少し雲がかかっています。
今年最後の大川原_e0201281_1926640.jpg

 とりあえず心拍をあまり上げず,マイペースで(といっても心拍をあげる余力がありません)。なんとかワンワンを30分頃通過。路面は,ウェットですが,気温は暑くも寒くもなく調度いいくらい。自分的には,ワンワンからネイチャーセンターまでの上りがきついです。黄色く紅葉したトンネルで何とか頑張れます。
今年最後の大川原_e0201281_19541468.jpg

 大川原はマイペースで上ってもきついです。ここを上れれば,大抵のところはクリアできると思います。マイペースといっても最後はヘロヘロで到着。(タイム 55:56)
 風車がぶんぶんと回っていました。
今年最後の大川原_e0201281_1958239.jpg

今年最後の大川原_e0201281_1958167.jpg

 下りは,半切りグローブで寒いくらいで,路面も少しウェットのため慎重に。ネイチャーセンター周辺もきれいに紅葉していました。
今年最後の大川原_e0201281_2014411.jpg

 途中上がってくるロードバイクの方と1人すれちがいました。今日もすれちがったのはこの方だけでした。
 麓のコンビニで補給をして,まだ時間あるので鳴門へ。新聞に載っていたらっきょの花を見るためです。

 R11から小鳴門橋を渡り大毛島へ。盛りは過ぎつつあるものの,ピンクの花を咲かせていました。らっきょでも(失礼)可憐な花を咲かせるのですね。
今年最後の大川原_e0201281_205572.jpg

 ここまで来たので鳴門スカイラインへ。途中大鳴門橋が見えてきました。
今年最後の大川原_e0201281_207482.jpg

 ヘロヘロになりながら四方見展望台へ。いつもと逆コースですが,こちらの方がきついです。展望台ではなにやら黒い雲が。
今年最後の大川原_e0201281_2084480.jpg

 北灘方面へ下り始めると大粒の雨が。風も強く,冷や冷やもので下りました。北灘海岸では,雨もやみましたが,横風が強くて。後半は何とか追い風基調で大坂峠へ。途中振り返ると,昨日走った小豆島が。小豆島方面は天気がよさそうです(すっかり雨男です)。
今年最後の大川原_e0201281_20131127.jpg

 大坂峠は,大川原に比べると傾斜も緩く,上る楽しみ?を実感させてくれます。といってもヘロヘロですが。3時頃には帰宅できました。
今年最後の大川原_e0201281_2018313.jpg

距離:125.16 km
タイム: 5:34:21
平均スピード: 22.5 km/h
高度上昇値: 1,670 m
平均気温:17.4 °C




 
by simisimit | 2013-11-04 20:18 | 日帰りサイクリング | Comments(4)

今日こそ土須峠へ

10/14(月)
 昨日はサドルバッグを忘れ行けなかった土須峠へ。
今日こそ土須峠へ_e0201281_7234490.jpg

 今日も昨日同様雲一つ無い快晴でした。少し寒そうだったので,夏用のアームカバーと薄手のレッグウォーマーを。まず府能峠へ。上っていると少し汗ばんできました。
今日こそ土須峠へ_e0201281_7161010.jpg

 神山のコンビニで補給して土須峠をめざします。分岐から13kmで峠ですが,木立の中を進むのであまり見晴らしはよくなく,8%程度の坂がずっと続きます。大川原より楽なものの少しうんざりしたころ,傾斜も緩くなり滝が。
今日こそ土須峠へ_e0201281_727766.jpg

 もう一頑張りすると,景色が開けて上ってきた甲斐があります。
今日こそ土須峠へ_e0201281_7275084.jpg

 雲早トンネルを抜けると那賀町です。
今日こそ土須峠へ_e0201281_7292543.jpg

 ここからはひたすら下り,空きっ腹をかかえて相生のラーメン屋さんへ。自宅からちょうど100km,今日の目的の一つです。あっさりした醤油ラーメンと餃子,ついでにノンアルコールビールもいただき満足でした。帰宅して連れ合いに一度行こうと誘うと,何考えてるのと一蹴されました。

 平地も追い風傾向で,それほどヘロヘロにもならず帰宅しました。快晴に恵まれた3連休,近場ばかりでしたが充実した3日間でした。

距離:159.50 km
タイム: 6:30:45
平均スピード: 24.5 km/h
高度上昇値: 1,562 m
平均気温:20.5 °C
by simisimit | 2013-10-15 07:36 | 日帰りサイクリング | Comments(0)

相栗峠を越えて香川へ

10/6(日)
 今日は天気もよさそうなので,まだ越えたことのない相栗峠へ。脇町を過ぎて,美馬町へ入ったところで北へ。思ったより谷が深く,4,5%の上りが続きます。
相栗峠を越えて香川へ_e0201281_2004289.jpg

 10km以上だらだら上りやっと相栗峠に到着。
相栗峠を越えて香川へ_e0201281_2014561.jpg

 あまり景観もよくないので,すぐに香川側へ下ります。塩江に到着です。道の駅で少し休憩して,いつもの国道でなく県道30号沿いに。だらだら上って,下りは道が細くなり,その上ウェットで慎重に。開けたところから,高松市街地や屋島が遠望できました。
相栗峠を越えて香川へ_e0201281_2091263.jpg

 ここから三木町へ。滝音でうどん休憩。2回目ですがここのうどんは,もちもち柔らかめで好みです。やや向かい風の中,R11へ。何とか大坂峠入り口にたどり着くと,秋祭りか,獅子が踊っていました。
相栗峠を越えて香川へ_e0201281_20123936.jpg

 途中で西の空を見ると,夏空が広がっていました。
相栗峠を越えて香川へ_e0201281_20133451.jpg

 気圧配置も夏のようで,湿度が高く,気温の割に疲れました。

距離: 130.29 km
タイム: 5:33:21
平均スピード: 23.5 km/h
高度上昇値: 1,504 m
カロリー: 2,083 C
平均気温:25.7 °C
by simisimit | 2013-10-06 20:17 | 日帰りサイクリング | Comments(2)

瓶ヶ森へ行ったのですが

9/23(月)秋分の日
 晴れマークに誘われ,瓶ヶ森へ。西條から寒風山トンネルを越えて木の香道の駅へ。
 ここから,瓶ヶ森林道へ。2.5kmほど引き返すと,先ほど通った寒風山トンネルの手前から林道への分岐が。
瓶ヶ森へ行ったのですが_e0201281_1905286.jpg

 旧寒風山トンネルまでの上りは,ヘアピンカーブが続きますが,そのためあまり激坂はなく,距離で7km,平均斜度6%程度です。カーブには下から順番に番号がついており,16番が最後です。このカーブを過ぎると旧寒風山トンネルです。
瓶ヶ森へ行ったのですが_e0201281_1982895.jpg

瓶ヶ森へ行ったのですが_e0201281_1983967.jpg

 ここから瓶ヶ森林道が始まります。入り口に,通行止めの看板がちらっと見えたのですが,とりあえず行けるところまでと。
 最初は少し下りますが,後はずっと上りで,10%程度の坂が次々出てきます。我慢しながら上っていると,最初の隧道が。ここからは,下りがあったり傾斜も緩やかに。
瓶ヶ森へ行ったのですが_e0201281_19124494.jpg

 もう一頑張りすると絶景ポイントが。来てよかったと思わせる一瞬です。ここまで,旧トンネルから11kmです。
瓶ヶ森へ行ったのですが_e0201281_19165281.jpg

 3連休のため車も多いのですが,所々にこんな幟が。
瓶ヶ森へ行ったのですが_e0201281_19175799.jpg

 景色とアップダウンを楽しみながら進みます。
瓶ヶ森へ行ったのですが_e0201281_19184868.jpg

 もう少しでしらさ山荘への下りの手前で,崩れていました。
瓶ヶ森へ行ったのですが_e0201281_19194740.jpg

 しかたなく,引き返しました。下りも,上がってくる車が多いので慎重に。デポ地の木の香道の駅へ昼前にたどり着きました。併設の木の香温泉で汗を流し,早めに帰宅できました。少し残念でしたが,天気もよく絶景ポイントまでは行けたので,とりあえず満足なサイクリングでした。
距離: 51.98 km
タイム: 2:54:46
平均スピード: 17.8 km/h
高度上昇値: 1,308 m
平均気温:19.4 °C
by simisimit | 2013-09-23 19:25 | 日帰りサイクリング | Comments(4)

イザリcafeへ行ってきました。

9/22(日)
 金曜日に友人と痛飲したため,昨日は昼前まで寝ていて,ノーライド。
 今日は天気もよいので,久しぶりにイザリcafeへと,7時半頃出発。追い風にも助けられ,予定どおり11時頃到着しました。ところがすでに満席。さすがTVの効果はすごいですね。しかたなく外で待っていると,漁船をフォークリフトで陸揚げしていました。
イザリcafeへ行ってきました。_e0201281_21153290.jpg

 1時間ほど待ちましたが,外のウッドデッキの椅子でうとうとと。少し暑かったですが,こういうスローライフもよいものです。不漁のためか刺身定食は無かったですが,ジャンボエビ天定食をしっかり食べて,由岐方面へ。真夏のような天気でした。
イザリcafeへ行ってきました。_e0201281_21194248.jpg

 由岐から国道へ出て,新野経由で帰宅しました。帰りは向かい風で,ヘロヘロでした。
 明日は天気もよさそうなので,瓶ヶ森へでも。
距離:133.71 km
タイム: 5:28:01
平均スピード: 24.5 km/h
高度上昇値: 934 m
平均気温:29.3 °C
by simisimit | 2013-09-22 21:23 | 日帰りサイクリング | Comments(2)

祖谷渓から見ノ越へ

8/12(日)
 昨日は,携帯ポンプを忘れ,引き返したので,今日こそは。今日も暑そうなので,5時30分に自宅を出発。6時過ぎにデポ地の貞光を出発。今日のコースはこちらです。
 池田を通り,吉野川南岸を祖谷口へ。気温もまだ25℃程度と快適です。祖谷口から祖谷街道へ。祖谷街道を自転車で走るのは初めてです。
祖谷渓から見ノ越へ_e0201281_18514448.jpg

 緩い上りが続きますが,気温も丁度よく,快適に走れます。だんだん谷底までの高度が上がっていき,小便岩に到着。小便小僧は徳島大学名誉教授の川崎先生作です。私が中学生の時教えていただきました(40年以上前ですが)
祖谷渓から見ノ越へ_e0201281_2225374.jpg

 その向こうには,祖谷温泉が断崖に建っています。今でこそ建物があり,ケーブルカーで谷底の露天風呂におりられますが,これも40年前,初めて父に連れられ来たときは何もなく,100mの山道を谷底まで下りて,河原にわき出した温泉に入り,道路まで上がると汗だくになったことを思い出しました。
祖谷渓から見ノ越へ_e0201281_22302325.jpg
 
 ここからかずら橋までは下り基調で,気温も上がってきたとはいえ,気持ちよくとばせました。かずら橋からは再び緩い上りが続き,東祖谷へ。
祖谷渓から見ノ越へ_e0201281_22344181.jpg

 汗だくになりながら,奥祖谷二重かずら橋に。そばを補給し見ノ越まであと7kmです。祖谷側の上りは,貞光側に比べ緩く,せいぜい7%程度でした。何とか見ノ越に到着。ソフトクリームを補給し貞光側へ下ります。晴れているのですが少しもやっており,景観はいまいちでした。
祖谷渓から見ノ越へ_e0201281_22392426.jpg

祖谷渓から見ノ越へ_e0201281_22393739.jpg

 祖谷側の舗装の悪さに比べ,貞光側は道幅も広めで,快適に。貞光川に出る頃には,30℃を越えていましたが,下り基調なのでそれほど苦しくもなく,サウナのようなデポ地点に昼頃帰り着きました。こんなに暑くては,早めに出て,山へでも行かなければ走っていられません。
距離:132.18 km
タイム: 5:56:59
平均スピード:22.2 km/h
高度上昇値:1,725 m
平均気温:27.5 °C
by simisimit | 2013-08-12 22:48 | 日帰りサイクリング | Comments(4)