人気ブログランキング |

カテゴリ:日帰りサイクリング( 55 )

猪ノ鼻峠を越えて香川へ

7/7(日)
 香川へはよく行くのですが,猪ノ鼻峠はまだ越えたことがなかったなと,天気もよさそう(猛暑の様ですが)なので,7時過ぎに出発。旧道沿いに脇町へ。まだそれほど暑くはなく快適です。
 脇町からは,鳴池線をとおりR32へ。猪ノ鼻峠への上りは,途中までは「ツールドにし阿波」で上ったことがあります。気温もうなぎ登りで汗だくです。何とかトンネルに到着。
猪ノ鼻峠を越えて香川へ_e0201281_2236591.jpg

猪ノ鼻峠を越えて香川へ_e0201281_22361819.jpg

 トンネルを抜けると,舗装もよく快適にダウンヒルを楽しめました。せっかくここまで来たので,山中のうどんの有名店へ。
猪ノ鼻峠を越えて香川へ_e0201281_22414289.jpg

 お腹もおきて,近くにある満濃池をめざします。途中には,まだ,満開には早いですが,ひまわり畑が広がっていました。
猪ノ鼻峠を越えて香川へ_e0201281_22460100.jpg

 満濃池は,自転車では初めて来たのですが,満々と水をたたえていました。
猪ノ鼻峠を越えて香川へ_e0201281_22462383.jpg

 出発したときには,庵治半島も寄って,200kmと思っていたのですが,あまりに暑く,その上,東の方には入道雲が。
猪ノ鼻峠を越えて香川へ_e0201281_22495766.jpg

 ショートカットのため長尾方面へ。暑さでヘロヘロになりながら,みろく公園までたどり着き,うどん屋で補給して外へ出ると,雨が降り出していました。小雨なので走り出すと,涼しくて快適です。
 R11に出る頃には,雨も上がりましたが,大坂峠ではまた雨が降り出しました。
猪ノ鼻峠を越えて香川へ_e0201281_22572431.jpg

 峠を越えても雨がずっと降っていましたが,大宮駅を過ぎたあたりで今度はパンクです。雨は止んだものの踏んだり蹴ったり,濡れ鼠で帰宅しました。
距 離:170.60 km
タイム: 7:01:15
平均スピード:24.3 km/h
高度上昇値:1,553 m
平均気温:31.6 °C
by simisimit | 2013-07-07 23:05 | 日帰りサイクリング | Comments(2)

春を求めてイザリCafe

2/17(日)
 高気圧におおわれ,風も弱いとの天気予報。これは,南へ行かねばと,久しぶりの「イザリCafe」で昼食を食べてきました。
春を求めてイザリCafe_e0201281_19514616.jpg

 阿南のバイパスは適度な追い風で快適でした。伊座利峠への上りは,柔らかな日差しの中で汗ばむくらいでした。なんとか峠へ到着。
春を求めてイザリCafe_e0201281_1955528.jpg

 日差しは春を感じさせてくれましたが,下りはやはり冬でした。イザリCafeでは,不漁のため刺身はできないとのことで,フライ定食を注文。ボリュームたっぷりで,自宅まで補給無しで大丈夫でした。
春を求めてイザリCafe_e0201281_201373.jpg

 潮吹展望台までのアップダウンは,日差しが暖かく気持ちよかったです。
春を求めてイザリCafe_e0201281_2041036.jpg

春を求めてイザリCafe_e0201281_2043837.jpg

 最初は日和佐までと思っていましたが,疲れ気味で由岐から国道へ出て,桑野経由で徳島へ。帰りも追い風に助けられ何とか帰宅できました。
 気温は低かったですが,春を感じさせてくれるサイクリングでした。

走行距離:134.32 km
獲得高度:1,018 m
走行時間:5:30:50
平均速度:24.4 km/h
最高速度:49.2 km/h
ケイデンス:77rpm
平均気温:5.2 °C 
by simisimit | 2013-02-17 20:12 | 日帰りサイクリング | Comments(0)

淡路島へ行ってきました

2/10(日)
 連れ合いが大阪へ行くので,淡路島を走って来ました。
淡路島へ行ってきました_e0201281_8452125.jpg

 淡路SAの道の駅で降ろしてもらい,こんなトンネルをくぐって外へ出ます。
淡路島へ行ってきました_e0201281_815566.jpg

 外へ出ると駐車場に何十人ものサイクリストが。帰ってネットで見るとシルベストサイクルのイベントだったようです。着替えを入れたリュックを岩屋ポートビルのコインロッカーに預けて出発です。
淡路島へ行ってきました_e0201281_8183699.jpg

 快晴ですが風は冷たかったです。やや向かい風傾向ですが,津名から洲本への道は景色もよく快適でした。
淡路島へ行ってきました_e0201281_8215526.jpg

 洲本を超えて,立川水仙郷への上りです。最初は10%程度の急坂がありますが,距離が短いのですぐに水仙郷へ到着。この時期に来たのは初めてですが,車で一杯でした。
淡路島へ行ってきました_e0201281_8253789.jpg

 水仙郷を下り海岸線へ。今日は,向かい風が結構強くヘロヘロです。その後,福良への峠を越えて下るとき,凍結防止剤で道が濡れていて嫌だなと思ったとたんつるっと落車しました。バイクも体もあまりダメージはなかったのが幸いです。福良からは,ショートカットして西海岸へ。ここからは,追い風傾向で快適に走れました。北淡町では念願の焼き穴子の店へ。15分くらい並んで,食べるのは15秒でしたが,焼きたての穴子は香ばしく,柔らかで最高でした。これにビールがあれば!
淡路島へ行ってきました_e0201281_8364242.jpg

 ここからも絶好の追い風で,あっという間に岩屋へ到着。いつものように「美湯松帆の郷」へ。
淡路島へ行ってきました_e0201281_8394961.jpg

 ゆっくり温泉につかり,淡路SAの道の駅でビールを飲みながら,連れ合いの迎えを待ちました。サイクリング後の温泉+ビール,最高です。

走行距離:136.39 km
獲得高度:839 m
走行時間:5:14:27
平均速度:26.0 km/h
最高速度:52.6 km/h
ケイデンス:82rpm
平均気温:8.8 °C
by simisimit | 2013-02-10 10:11 | 日帰りサイクリング | Comments(0)

LSD香川うどん旅

1/13(日)
 週間予報では天気だったので,正月太りを解消すべくLSDロングと思い,東讃うどん旅へ。
LSD香川うどん旅_e0201281_205624.jpg

 体調も少し戻ったので,頑張って8:00に出発しました。広域農道をとおり脇町へ。薄曇りでどんよりとして天気はイマイチでした。土柱の手前でも,こんな風景でした。
LSD香川うどん旅_e0201281_20585544.jpg

 脇町から清水越えで塩江へ。追い風基調で,楽に峠を越えることができましたが,温度は2℃で,路肩は一部凍っていました。峠から塩江までは,快適に下れました。塩江で少し補給。
LSD香川うどん旅_e0201281_212392.jpg

 塩江から今回最初のうどん屋「名もないうどん屋」へ。名前の通り,もう少しで通り過ぎるところでした。好みの柔らかめのうどんで,女将さんの爆笑トークも堪能しました。
LSD香川うどん旅_e0201281_214389.jpg

 ここからは,長尾街道をひたすら東へ。車も多く,ストレスがたまります。なんとか,みろく公園近くの「杉本うどん店」に到着。と言っても,ここも道路から少し入った分かりにくい場所で,少し迷いました。こちらのうどんは,こしのあるタイプでした。
LSD香川うどん旅_e0201281_2185035.jpg

 満腹のお腹を抱えてよろよろと帰路につきました。ここまで幹線道路を走ってきたので,車の少ない香川の星越峠へ。ここは,峠と言っても標高が低いのであっという間です。
LSD香川うどん旅_e0201281_21111557.jpg

 峠を下るといつも大窪寺へ行く道の逆コースです。今日は連れ合いに徳島市での用事をを命令されていたので,ひたすら北灘海岸を鳴門経由で徳島へ。期待していた追い風もあまりなくヘロヘロになりながら,徳島での用事をすませ,4時前に何とか帰り着きました。
 せっかくの冬ライドなので,寒くても青空の下を走りたいものです。
走行距離:167.16 km
獲得高度:1,216 m
走行時間:6:40:26
平均速度:25.0 km/h
最高速度:59.2 km/h
ケイデンス:79rpm
平均気温:5.2 °C
by simisimit | 2013-01-13 21:21 | 日帰りサイクリング | Comments(2)

2013新春サイクリング

1/3(木)
 やまさん主催の新春サイクリングに参加しました。ついて行けるのかと不安にかられながら,集合地点の文化の森へ自走で。追い風に押されながら8時前に到着。やまさんやま~し~さんなどブログでおなじみの方が集合されていました。
 8時過ぎに南を目指して出発です。日頃はひとりで走ることが多いので,慎重に皆さんについて行きます。阿南まではバイパス沿いに集団走行です。
2013新春サイクリング_e0201281_19355125.jpg

 橘のコンビニでpilotさんたちとおちあい,伊座利峠を目指します。集団走行は普段の走りより楽にスピードが出せますが,ついつい無理をしてしまし,心拍も上がってしまします。
 へろへろになりながら,なんとか伊座利峠に到着。ここからは海岸線沿いに日和佐へ。アップダウンを繰り返し,潮吹展望台に到着。それほど寒くなく,素晴らしい海岸線の風景を堪能できました。
2013新春サイクリング_e0201281_19431449.jpg

 由岐から日和佐はそれほど険しくありませんが,緩い坂が続きます。ひとりでは,ちんたら上るのですが,ミニットマンジャージの方に引っ張られ,ヘロヘロですが楽しく越えることができました。
 日和佐は薬王寺の初詣でにぎわっていました。
2013新春サイクリング_e0201281_19471977.jpg

 日和佐のコンビニで昼食後,赤松越えで那賀川へ。赤松までの上りは2回目です。それほどきつくはありませんが,無理をしすぎてへろへろになりながら何とか峠へ。
2013新春サイクリング_e0201281_1949199.jpg

 赤松からは,再び集団走行ですが,皆さんあまりに速く,途中からはマイペースで。何とか川口ダムの下流に出ました。
2013新春サイクリング_e0201281_1953031.jpg

 鷲敷からは,那賀川沿いに勝浦を目指します。集団の後ろについて楽をさせてもらいましたが,ついて行くのが精一杯でした。勝浦のコンビニで休憩後,出発地点の文化の森へ。自走のため途中の園瀬川の橋で離脱させてもらいましたが,ここから自宅(板野)までは向かい風が強く,皆さんに引き回されヘロヘロになった体にとり,最も厳しかったかもしれません。
 やまさんはじめ皆様には本当にお世話になり,ありがとうございました。楽しい1日を過ごすことができました。また,よろしくお願いします。
2013新春サイクリング_e0201281_2002119.jpg

by simisimit | 2013-01-03 20:04 | 日帰りサイクリング | Comments(16)

CSサイクリングへ参加しました

12/29(土)
 三連休は,鹿児島旅行だったので,2週間ぶりにCSのサイクリングに参加しました。先週の旅行以後体重が3kg増で,何とか減らさなければと。
 コースは大坂峠から日下峠,津田,海岸線沿いに大坂峠でした。まず,大坂峠の展望台へ。重たい体で頑張りましたが,途中でちぎれてしまいました。
あせび : 15:59
CSサイクリングへ参加しました_e0201281_19545095.jpg

 ここから,香川と鳴門スカイラインの2班に分かれて出発です。私は,香川へ。真鍋プロの先導で,13名で津田の「ベッセルおおち」を目指します。引田から山際を五名ダム,日下峠経由で津田へ。重たい体でなんとか皆さんについて行きます。
CSサイクリングへ参加しました_e0201281_2003657.jpg

 なんとか「ベッセルおおち」に到着。ここでバイキングの予定でしたが,何と成人式の準備とかでやっていませんでした。しかたなく大川オアシスへ向かいましたが,ここも喫茶だけの営業で,皆さんと歓談しながらサンドイッチをパクつきました。ここからは,海岸線沿いに再び大坂峠へ。久しぶりに頑張りましたが,やはり途中でちぎれて何とか峠へ。
引田 : 20:28
 峠で皆さんと別れて帰宅ししました。いつもはひとりで走ることが多いので,皆さんと走れて楽しい一日でした。真鍋さんはじめ参加の皆様には大変お世話になり,ありがとうございました。
CSサイクリングへ参加しました_e0201281_20103632.jpg
 
by simisimit | 2012-12-29 20:13 | 日帰りサイクリング | Comments(5)

しっぽくうどんを食べに大串半島

12/09(日)
 昨日は,風が強く所用も若干あったのでノーライド。天気予報はよさそうなので出発準備をしていると雨が。雲とにらめっこをしていると,何とか出発できそうなので,香川へ9時前に出発。
 とりあえず大坂峠をめざします。家を出たとき,路面はウェットでしたが,大坂峠は雨が降った気配もありません。まったりと,最後は少し頑張り峠を越えました。ものの本では,冬用のアンダーの下に,夏用のアンダーを重ね着すればいいと書いてあったので試してみました。信じやすい体質のせいか,下りでも寒くありません。上りでかいた汗を効率的に発散できるのでしょうか。
 大坂峠でも,木の葉っぱも落ちて冬の装いで,見通しもよくなっています。
しっぽくうどんを食べに大串半島_e0201281_19594990.jpg

 今日は,大串半島を目指し,帰りにうどんを食べる予定です。以前に通った星越峠を経由して津田へ。向かい風ですが,それほどでもありません。津田へ11時前に到着しましたが,先に大串半島へ。大串半島では,荒れる海の向こうに小豆島が。
 
しっぽくうどんを食べに大串半島_e0201281_2034374.jpg

 寒くてお腹も空いたので,いつもの羽立へ12時頃到着。冬限定のしっぽくうどんを注文しました。具だくさんで大変美味しかったのですが,唯一の過ちは,おでんでも同じようなもの(大根,豆腐)を取ってしまったことです。
しっぽくうどんを食べに大串半島_e0201281_209417.jpg

 帰りは海岸線沿いに南下し,大坂峠を越えたのですが,寒さか,寝不足か,ハンガーノックか分かりませんが,ゆっくりでも足が回らず,何とか家へたどり着きました。こんな峠越えは久しぶりでした。
本日のルート,データは次の通りでです。
しっぽくうどんを食べに大串半島_e0201281_2013218.jpg

by simisimit | 2012-12-09 20:14 | 日帰りサイクリング | Comments(2)

蒲生田岬へ

10/21(日)
 昨日の瓶ヶ森につづき,剣山系へとも思ったのですが,現在の体力では無理と,平地基調の蒲生田岬へ。追い風に助けられ,阿南までは快適でした。3月に初めて来たときには,雨にたたられましたが,今日は雲一つない快晴でした。椿から蒲生田への道は,少し細いですが,適度なアップダウンがあり,海も見えて快適です。
蒲生田岬へ_e0201281_2162129.jpg

 以前は蒲生田岬へは,大変だったと聞きましたが,トンネルが開通し自転車で簡単に訪れることができます。
蒲生田岬へ_e0201281_2182036.jpg

 岬のモニュメントで記念撮影をした後,蒲生田温泉(かもだカフェへ)
蒲生田岬へ_e0201281_2183715.jpg

蒲生田岬へ_e0201281_2110285.jpg

 今回のサイクリングは,皆さんのブログで拝見した生シラス丼を食べようと思ったのですが,かもだカフェが開店の11:00に入店し注文したら,土曜日は漁がないため,日曜日は基本的に生シラスはないとのこと。土曜日に確認してお越しくださいといわれました。しかたなく今が旬のはも天丼を注文しました。これはこれで,ふんわりさっくりと美味しゅうござました。(写真のビールはノンアルコールです)
蒲生田岬へ_e0201281_21142129.jpg

 そのまま来た道を帰路へと思いましたが,あまりの快晴に勝浦,八多,佐那河内,神山経由と思い勝浦方面へ。八多から佐那河内への道を間違えウロウロして,神山へは行けずに帰宅しました。
走行距離:153.49 km
獲得高度:1,046 m
走行時間:6:05:52
平均速度:25.2 km/h
最高速度:57.7 km/h
ケイデンス:76 rpm
平均気温:21.2 °C
by simisimit | 2012-10-22 23:33 | 日帰りサイクリング | Comments(0)

降水確率0%に誘われ瓶ヶ森へ

10/20(土)
 土日の降水確率が0%なので,1年ぶりに瓶ヶ森へと出かけました。道の駅「木の香」に車をデポして出発。帰りには温泉に入ることができます。コースはこちらです。
 寒風山隧道までのつづら折りは,5~6%程度の傾斜で,景色もよく快適に上れましたが,紅葉見物の車が多く,何台に追い抜かれたか分かりません。
降水確率0%に誘われ瓶ヶ森へ_e0201281_6311589.jpg

 隧道横の駐車場に到着。車で満杯でした。
降水確率0%に誘われ瓶ヶ森へ_e0201281_632460.jpg

 ここから瓶ヶ森林道です。最初少し下ると,後はずっと上りで,10%超の坂も現れますが,紅葉を見ながら,何とか上ります。
降水確率0%に誘われ瓶ヶ森へ_e0201281_6342638.jpg

 紅葉真っ盛りで,至る所でデジイチで撮影していました。私のコンデジではこんな風にしか写りませんが,皆さん素晴らしい写真を撮られているのでしょうね。
 とか思いながら,何とか激坂をクリアしていよいよお約束の景色と対面です。今まで訪問した中で一番の晴天です。本当に上って来てよかった思う一瞬です。
降水確率0%に誘われ瓶ヶ森へ_e0201281_6405072.jpg
 
降水確率0%に誘われ瓶ヶ森へ_e0201281_6411310.jpg

 次回に来るときは,靴を持ってきて登山道を少し散策してみたものです。途中,石鎚山も眺めることができました。
降水確率0%に誘われ瓶ヶ森へ_e0201281_646265.jpg

 下りは,上ってくる車が多く,道幅も狭いため慎重に下ります。このルートは,下りがあまり楽しめないのが少し残念。長沢ダムを通り(ここは吉野川の最上流になるのですね),13時頃に道の駅に帰りつきました。
降水確率0%に誘われ瓶ヶ森へ_e0201281_6491079.jpg

 道の駅にある「木の香温泉」にゆっくりと入り極楽極楽でした。ここの露天風呂は,ウッドデッキになっており,寝ころんで少し早い紅葉を見なが,ウトウト昼寝をしてしまいました。
 明日も降水確率0%。さてどこへ行ったものか,思案中です。
走行距離:69.51 km
獲得高度:1,403 m
走行時間:3:21:30
平均速度:20.7 km/h
最高速度:44.0 km/h
ケイデンス:67 rpm
平均気温:14.8 °C
by simisimit | 2012-10-20 19:19 | 日帰りサイクリング | Comments(6)

四ツ足峠を越えて高知へ

10/8(月)体育の日
 昨日は高校3年生のクラスの同窓会があり,午前中北灘を少し走っただけでした。3年前に始め,今回が2回目です。懐かしさのあまり午前様でしたが,いつものように5時には目が覚めたので,以前から行きたかった,那賀町の四ツ足峠を越えて高知へ出かけました。ルートはこちらです。
 小松島から,立江寺方面へ。ここから那賀川北岸へ。どこまでも続くようなまっすぐな道では,迎え風を受けながら。精神的にこたえます。
四ツ足峠を越えて高知へ_e0201281_2251576.jpg

 那賀川へ出ると追い風基調で快適に走れます。
四ツ足峠を越えて高知へ_e0201281_22521190.jpg

 しばらく走ると太龍寺のロープウェイ乗り場に到着。
四ツ足峠を越えて高知へ_e0201281_2254288.jpg

 国道195号へ出て少し走っていると,プロの3人の方に追い抜かれました。しばらくは後ろにつかせていただき,快適に走っていたのですが,緩い上りでついて行けずサヨナラでした。「四国の右下」でもきた正木ダムを通過して,長安口ダムに到着。満水状態でした。
四ツ足峠を越えて高知へ_e0201281_22591543.jpg

 ここまでは,那賀川センチュリーでも走ったコースですが,ここからは初めての道です。ここまで鷲敷から信号は一つもなく,交通量も少なく国道といっても快適に走れます。那賀川上流部は水もコバルトブルーでなかなかいい感じです。紅葉の時期に来たいものです。
 もうすぐ四ツ足峠への上りというところで,落車してしまいました。道路工事のため誘導中で,そちらを見ていたため,臨時に設置した電源ケーブルを通す出っ張りに気づかず,滑って転びました。右肘をすりむいたくらいですが,上りでは調子が出ません。何とかトンネルに到着。
四ツ足峠を越えて高知へ_e0201281_2311068.jpg

 ここからはカーブも適当で快適な下りが待っていました。路面状態もよく,すりむいた事も忘れます。
四ツ足峠を越えて高知へ_e0201281_23123693.jpg

四ツ足峠を越えて高知へ_e0201281_23125436.jpg

 今日のルートはコンビニも無いだろうと,あんパン,どら焼きをリュックにつめていたのですが,全て食べてしまいました。なるべく早く高知へつきたいので,食堂へ入るのは時間がもったいないと,空腹を我慢しながら走りました。鷲敷から走ること100kmでやっとコンビニを発見。何とかハンガーノックにならずにすみました。
四ツ足峠を越えて高知へ_e0201281_23173427.jpg

 信号もここまでほとんど無く快適でしたが,平地では信号にこれでもかと止められながら,何とか高知駅にたどり着きました。帰りの高速バスのチケットを購入してから,高知城へ。
四ツ足峠を越えて高知へ_e0201281_23204541.jpg

 近くの「ひろめ市場」でやっとまともな食事にありつき,徳島行きの高速バスで帰宅できました。
走行距離:182.58 km
獲得高度:1,147 m
最高速度:54.4 km/h
平均速度:26.5 km/h
走行時間:6:54:01
平均気温:21.8 °C



 
by simisimit | 2012-10-08 23:21 | 日帰りサイクリング | Comments(0)