人気ブログランキング |

<   2018年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした

5/10(木) 快晴 気温 13〜24℃
昨日は鹿児島でプチ贅沢をしたのですが、目覚めは快調。6時半頃ホテルを出発。
市電は緑の芝の上を走っていました。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21522851.jpg
市内を抜けるのに結構かかりやっと湾岸道路。景色を楽しみながら30kmほどで指宿道の駅。直産市がありメロンパンを購入。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21525797.jpg
こんなに高いバイクラック。使う人いる?
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21532007.jpg
市街地手前を旧道へ入ると、岬を巡る海沿いの道。知林ケ島の前を通ります。大潮のときは砂州で地続きになり渡れるそう。前来たときはレンタカーで来たのでわかりませんでした。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21534312.jpg
有名な砂蒸し温泉。もちろん入らず通過。

19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21540062.jpg
開聞岳が近づいてきます。走りがいがあります。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21541825.jpg
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21543809.jpg
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21552976.jpg

19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21562352.jpg
伊能忠敬が絶賛したという番所鼻からの開聞岳。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21564779.jpg
枕崎市街地が見えてきました。さすが鰹節の町。あちこちに鰹節工場が。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21570536.jpg
お腹も空いたのでお店を探していると交差点にラーメン屋さん。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21572464.jpg
かつおラーメンを注文。鰹ダシのきいたアッサリ系の味。具は普通のラーメンだなと思ってチャーシューを食べるとなんと鰹節。ご主人に伺うと、水で鰹節を戻し厚切りに。それを醤油等で味付けしているそう。
美味しくスープも完食。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21573774.jpg
南さつまの道はシラス台地の上は直線道が続き、大地から10mほど下りまた上の繰り返し。楽しく走れました。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21575544.jpg
途中自転車道の看板が。休憩した道の駅でお話をした同年輩のバイクの方がおっしゃっていた道です。
廃線跡を舗装して自転車道にしてあるのですね。プラットホームも残りいい感じ。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_21591781.jpg
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_22002973.jpg
最後浜に出て終了。途中で入ったので5kmほどですが、140km走ったあとだったので、いい脚安めに。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_22013185.jpg
昨日ネット予約したいちき串木野市の「ホテルアクシアくしきの」さんへ。屋上からの景色が素晴らしく、温泉もあります。ビジネスプランとかで2食付き(晩酌セット!)で7千円代。部屋も広々ツインの部屋にゆっくりできました。
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_22023584.jpg
今日のルート
19日目【鹿児島市−いちき串木野市】南さつまの道は素敵でした_e0201281_05251116.jpg

走行距離 156.02km
走行時間 7:07:50
獲得標高 1111m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-05-11 05:28 | 日本一周 | Comments(0)

18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ

5/9(水) 晴れ 気温 21〜11℃
もっとゆっくりしたかった沖縄ですが先が長いので、鹿児島へ空路で。
ホテルから空港まで。梅雨入りしたと行っても今日は青空が。ちょっと残念。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00450340.jpg
人生初の飛行機輪行。いつも使っているオストリッチの軽量輪行袋で大丈夫かと少し心配ですが。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00451573.jpg
荷物検査は、検査機械を通らなかったのですが目視でOK.無事自転車を預けることができました。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00453392.jpg
行きのフェリーの航路とほとんど同じコースですが、雲であまり見えず。たまに島影がと見ていると、多分4日前に訪れた佐多岬が!感無量でした。

18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00454651.jpg
鹿児島空港到着。雨ではなくホッとしました。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00455713.jpg
自転車を受け取り組み立てます。こんなふうに輪行袋に入っていました。手渡しで運んできてくれました。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00461090.jpg
シラス台地にある空港から鹿児島湾まで気持ちよく下ります。
姶良カルデラの名前の元になった姶良市街地へ。桜島以前、3万年前の大噴火による陥没でカルデラができ鹿児島湾になったのです。その時の火山灰は関東や北海道まで飛んでいったそうな。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00462222.jpg
桜島が見えてきました。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00463496.jpg
湾岸の道路は一部狭いところがありますが、桜島が徐々に近づき素晴らしかった。
市街地に入る手前に有名な仙巌園が。島津家の別邸だったところ。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00470377.jpg
桜島を借景にした見事なお庭。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00471557.jpg
西郷どんのロケにも使われたようです。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00472780.jpg
反射炉跡
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00473979.jpg
尚古集成館
薩摩の技術の歴史が垣間見られます。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_05274744.jpg
隣には薩摩切子のガラス工房。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00475382.jpg
若い人たちがたくさん働いていました。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00480462.jpg
以前来たとき、この旅ではぜひ購入できる範囲でぐい呑買いたいなと思っていたのですが、昨年の誕生日に子どもたちがプレゼントしてくれたので、今回は見るだけ。
斉彬の頃に輸出用として作られ、長く途絶えていたのを復活させたそうです。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00481550.jpg
百名城、鹿児島城登城。それほど大きくなく御殿があったそうです。
資料センター黎明館でスタンプを押し、鹿児島の歴史等を楽しく見学。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_05280415.jpg
石垣には西南戦争のときの銃跡が生々しく。

18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00484083.jpg
近くには西郷どんの銅像が。こちらは軍服姿。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00485225.jpg
照国神社に参拝。開明君主島津斉彬が祀られています。
もちろん合格祈願。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00490302.jpg
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00491306.jpg
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00492571.jpg
鹿児島県庁。お城から3kmほど離れています。建て替え時に移ったそうな。
議会棟、行政棟、県警が立ち並んでいました。8県庁目
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00494032.jpg
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00495515.jpg
再び天文館近くのホテルへ。
天文館はにぎわっていました。GW明けでこれでも少ないそう。どこかの県と大違い。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00501600.jpg
夕食は以前から行きたかった「あじ乃さつき」へ
早かったので大阪から来たという同年代の男性のみ。
素敵な女将さんと、大阪の方と楽しく旅の話をしながら美味しくいただきました。
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_00502729.jpg

今日のルート
18日目【鹿児島市内観光】空路鹿児島へ_e0201281_05303571.jpg

走行距離 44.59km
走行時間 2:07:52


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村


by simisimit | 2018-05-10 21:16 | 日本一周 | Comments(0)

17日目【沖縄】ついに梅雨入

5/8(火) 曇り後雨 
本部のビーチ前のホテルで宿泊。朝食は7時半から。もう少し早くと思ったが、こんなところで焦ってはいけませんよね。
同宿の小さなお子様連れのご家族が朝食を外のバルコニーで。なるほどと真似てみました。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23521153.jpg
せっかくゆっくりできるのに、せっかちだなと反省。
ホテルを出て今帰仁城を目指します。追い風で気持ちよく。
美ら海水族館前を通過。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23445817.jpg
一度行ったことがあるのでパス。
外周道路から離れ坂を。昨日の休息でためた足を一気に使います。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23451087.jpg
今帰仁城跡到着。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23452287.jpg
時代はちょうど室町時代に栄えたようです。石灰岩の石垣が見事です。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23453244.jpg
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23454248.jpg
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23455144.jpg
9城目登城。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23460147.jpg
ここから西海岸へ。湾沿いの気持ちいい道を北上。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23461266.jpg
再び東岸に出て名護市街地を通過し北上。沖縄はじめての道の駅。いろんなお店があり魅力的。マンゴーソフトをいただきました。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23462399.jpg
聞いたことがあるビーチを通過。島を巡るときは時計回りの逆なので、山側を走るので、高台に。出発した本部を。どんよりと今にも降りそう。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23463411.jpg
昼食に沖縄そばをいただいて店を出るとポツリと。嘉手納基地あたりでは本降り。風も強く大変でした。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23464552.jpg
予定より大分遅れて中城城跡到着。カッパを着たまま見学。城跡までカートで送ってくれます。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23465414.jpg
こちらも素晴らしい石垣。城内は神秘的な雰囲気が。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23470412.jpg
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23471261.jpg
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23472907.jpg
遅くなり、またの機会にと首里城はパスしました。
県庁に到着した頃には雨もやみ、カッパ姿で写真を取っていると、退庁の皆さんの前で少し場違いでした。
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_23474213.jpg
ホテルに到着してニュースをつけると沖縄梅雨入りとのこと。これから梅雨前線に追いかけながら北上しなければ。

今日のルート
17日目【沖縄】ついに梅雨入_e0201281_00291827.jpg


走行距離 117.29km
走行時間 6:33:02



にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-05-08 23:54 | 日本一周 | Comments(2)

15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ

5/6(日) 曇り 気温 22~18℃ 
船に乗っていたので更新が遅れました。

大隅半島西岸を鹿児島まで。おそらく本土最南端の民宿内山さんを後にして鹿児島市へ。やはり畳でゴロゴロすると疲れが採れます。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21580192.jpg
昨日気持ちよくくだったさかを、朝からゼーゼー言いながら上ります。
前を大荷物のサイクリストが。

15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21581207.jpg
やっと上りきり、下りに昨日も見かけたミカンの無人販売。船で食べようと一つ購入。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21582532.jpg
海岸線に出ると、小さなアップダウンがある程度で昨日に比べて楽。
カッパを着るほどでない雨がポツリと落ちてきました。
前方に桜島が。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21583717.jpg
大正の大噴火でつながった場所に。
左に行くと桜島南岸へ。この頃には雨もやみ、10kmほどの桜島サイクルングが楽しめました。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21584869.jpg
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21585637.jpg
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_03442752.jpg
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21590459.jpg
溶岩流を横切り作られた真っ直ぐな道路を上り、ピューンと下るとフェリーのり場。
フェリーは自転車270円。10分位です。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21591376.jpg
沖縄行きフェリー乗り場は、ここから南へ1kmほど行った鹿児島新港。予約していなかったのでまずチケット購入へ。
14時くらいに到着。2社が運行しており、毎日18時出港のようです。
今回は、まリックスラインのクイーンコーラル8。せっかくなので1等と思ったのですが、2等しかありませんでした。
沖縄本部港までのチケット1万3890円を購入。
自転車とバイクは16時から17時までの間に別の窓口で手続き。
余裕を持って行く必要がありますね。

まだ時間はあるので近くの量販店でブレーキシューやチェーン洗浄スプレーを購入し、遅めの昼食。
これも近くの銭湯でサッパリしました。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_03513168.jpg
自転車航送代2850円で手続き。
17時過ぎには乗り込みました。自転車は私と外国人のカップルの3台。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21592235.jpg
2等客室はこんな感じ。昔橋がないときよく乗ったフェリーと同じ。ただし全席指定です!
GW最終日なのでガラガラかと思ったらほとんど満席。
船のレストランは朝昼夜の各1時間程度営業。
船の食事は高いというイメージがあったのですが、カレー500円、トンカツ定食900円と陸で食べるのとかわりません。
自販機料金もかわらなのにはビックリ。
少し食べ過ぎ、することもないので8時に就寝。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21593259.jpg
今日のルート
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_04391228.jpg
走行距離 97.29㎞
走行時間 4:44:38

5/7(月) 晴れ 最高気温28℃
ぐっすり眠れて3時には目が覚めました。ロビーではテレビもついておりウロウロしていると、5時頃奄美大島到着。沢山の人達が下船しました。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_21594575.jpg
甲板で景色を見ていると、隣の同年配の方とお話を。
鹿児島に住んでおられて、徳之島のお母様の様子を見に行くとのこと。奄美には早朝つくので、これから仕事や学校へ行けるので多いとのこと。なるほどと納得しました。話がはずみ。甲板で1時間ほど話し込みました。
これも船旅の楽しみですね。
先程の自転車のカップルも同じ船室で話しかけてくれました(日本語で!)フランスの方で、那覇まで行って沖縄をまわられるとのこと。あすどこかですれ違えたらいいですねなどと。

徳之島到着
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22000262.jpg
沖永良部島到着
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22001530.jpg
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22002650.jpg
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22003749.jpg

与論島到
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22004827.jpg
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22011032.jpg
乗り込んでは見たもの24時間どう過ごそうかと思っていたのですが、見知らぬ人とお話したり、島が近づくたびにカンパンで風景をながめたり、本来なら出席しなければいけない以前の職場の会へのビデオレターを作成したりと、楽しい船旅でした。
豪華クルーズとは無縁ですが、私にとり極上のクルーズでした。

などと思っていたら本部港が近づいてきました。目の前に美ら海水族館。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22012619.jpg
これが船のレストラン。営業外は開放されており、テレビを見ながらタブレットを使ったりと快適でした。
Wi-Fiはあるもの少し不安定(私の使い方が悪いのか)タブレットをローカルで使っていました。
電源が少なく、テレビの横にあるくらい。携帯充電器はあるものの
タブレットは入りません。しかたなく、勝手にTV横のコンセントを使わせていただきました。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22013678.jpg
沖縄本部港16時到着。
フランス人サイクリストに見送られ、港近くの宿へ。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22014504.jpg
ビーチの前の開放的なホテルでした。
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22052469.jpg
ベランダで自転車洗浄。チェーンの汚れがひどくて、乗船前に購入した洗浄スプレーでなんとかマシになりました。
しかし、あすは多分雨模様・・・
15・16日目【佐多岬−沖縄】桜島は雄大 いよいよ沖縄へ_e0201281_22053558.jpg
自転車を見てアンタそんなに足長いのかと、思われた方もいると思います。
私が今回使っているキャラダイスのサドルバッグはしっかりしていて重宝しているのですが、シートポストに装着するとき、私のサドルの高さではタイヤに当たり厳しい。そのため取り外す等をするときサドルを上げています。長い足がほしい・・・

あまり雨が降りませんようにと就寝。


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-05-07 22:41 | 日本一周 | Comments(0)

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も

5/5(土) 晴れ 気温 9〜21℃
今日も快晴の中、豪華な民泊花岡さんを6時過ぎに後にしました。
串間から県境へ。この山も卒論で歩いたはずですが、記憶になく。日にちだけかけてゴロゴロしていたからでしょうか。今はなき指導教官のお酒が強かった中川先生ごめんなさい、などと思いながら通過。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20101012.jpg
鹿児島県へ入りました。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20103018.jpg
志布志市街を抜けると表示版に「内之浦ロケットセンター」の文字が。計画を立てていたときは、ぜひと思っていたのですが、しっかり忘れていました。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20104697.jpg
道を折れるとシラス台地特有の地形が。本場さつまいも。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20113307.jpg
前方に大隅半島の山が。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20115153.jpg
塀が土塀とかコンクリートではなく、熱い火山灰が固まった溶結凝灰岩がよく使われています。こちらのお宅では蔵にも。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20122020.jpg
海岸線に沿って上ります。車もあまり通らず、のどかな道。
遥か向こうに都井岬が。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20123260.jpg
岬を回り込むと内之浦が。山の上にパラボラアンテナが見えます。まさかあそこまで上がらないよな。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20124507.jpg
志布志から初コンビニ。今日のルートでは、最後のコンビニでした。補給は大切です。自販機は結構ありました。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20131482.jpg
ヤッパリ上るんだ。まっすぐの素晴らしい道。橋のランカンには、日本初のじんこうえいせ「おおすみ」のモニュメント。今では、H -ⅡAなど主力ロケットは種子島から打ち上げられていますが、当時はここが中心だったのですね。でも坂がキツイ。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20135902.jpg
歯を食いしばり、峠をこえるとセンターのゲートが。ここで受付けをします。もちろん無料。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20141672.jpg

大型固体燃料ロケットM-Ⅴ。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20143539.jpg
今もイプシロンロケットで使われている発射台。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20145039.jpg

見えていたパラボラアンテナ。
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20160320.jpg
見所満載でした。今ではH-ⅡAなど主力ロケットは種子島から打ち上げられていますが、当時は日本初の人工衛星を始めここが中心だったのですね。
ゲート横にあるこじんまりした資料館にも立ち寄りました。入るとビックリ。ロケットの周りを螺旋状に下りていきます。日本の宇宙開発の歴史などが丁寧に展示されていました。ゆっくり見たかったけど、先を急ぐので残念。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_20151158.jpg
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21074096.jpg
堪能して、気持ちよく坂を下ります。
キレイな海岸が見えてきます。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21080060.jpg
海岸線に沿って上り、大隅半島の内陸へ。道はよいものの、ずっと坂。携帯食で何とか半島北側へ。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21081819.jpg
少し下るとまた上り。前方に今日初めてのサイクリングの方が重そうな荷物で大変そうだなと思いながら抜いたら、どこまでも坂でこちらも大変でした。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21083596.jpg
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21084914.jpg
コンビニ以来のお店でパンを購入。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21090283.jpg
高原の道を。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21091534.jpg
対岸に開聞岳が!
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21093280.jpg
やっと佐多岬到着。本当に嬉しい一瞬でした。景色に見とれろくな写真がありません。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21095061.jpg
広場に大きなガジュマルの木が。
遊歩道のトンネルで向こうに行けますが、もう疲れ果てパス。屋久島や種子島が見えたので満足です。

14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21100532.jpg
今日のルート
14日目【串間-佐多岬】佐多岬への遠い道のり 内之浦でロケット見学も_e0201281_21174392.jpg




走行距離 136.34km
走行時間 7:57:38
獲得標高 2291m(今回の旅で最高)


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-05-05 05:08 | 日本一周 | Comments(0)

13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ

5/4(金) 晴れ 気温 16〜21℃
今日も快晴の中、宮崎市を出発。昨日より肌寒くウィンドブレイカーを着ます。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03205652.jpg
市街地を抜け青島へ。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03211946.jpg
陸続きで、強風の中自転車を押して渡ります。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03214114.jpg
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03215692.jpg
島にある青島神社にもお参り。ちゃんと合格祈願もしておきました。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03220911.jpg
堀切峠へ。最初にフェニックスが植えられた場所とのこと。NHKのぶらタモリでやっていましたね。今はバイパスのトンネルが抜けているのですが、ぜひ旧道へ。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03222455.jpg
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03223381.jpg
しばし走って鵜戸神宮到着。断崖のすごい場所にあります。GWとあってにぎわっていました。最後の道がせまく渋滞中でした。こんなとき自転車は良いのですが、自転車で来ているのは私だけ。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03230531.jpg
ここでもちゃんとお願いしときました。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03235552.jpg
先端に神社が。古の人の情念を感じさせます。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03242596.jpg
海岸線をしばし走り、少し内陸の日南市市街地へ。百名城の一つ飫肥城到着。天守はありませんが、城内に杉が林立しています。
横には日露戦争のとき外務大臣としてポーツマス条約を締結して有名な小村寿太郎の記念館があります。飫肥出身だったのですね。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03251247.jpg
こじんまりした城下町の雰囲気が残り,にぎわっていました。名物おび天をいただきました。さつま揚げのようですが、味噌が練り込んであるそうで、少しあまくてやわらかく美味しかったです。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03280589.jpg
飫肥城を後にして海岸線に出たところ、国道ががけ崩れで再び山の迂回路へ。坂を上りやっとトンネル。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03253016.jpg
下って海岸線に出ると幸島が。干潮のときだけ地続きになり歩いて渡れます。ちょうど皆さん渡っていました。京大による島に住んでいる猿の研究で有名ですね。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03255849.jpg
都井岬が見えてきました。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03262089.jpg
激坂を上ります。10%を越える坂が続き、今回の旅の中で最もきつかった。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03263912.jpg
なんとか都井岬到着。先端の灯台まではまだありますが、ヘロヘロなのでここまで。小型の野性馬が。気持ち良さそうに草を食んでいます。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03270641.jpg
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03271764.jpg
眼下に志布志湾が広がります。右に見える山が、40年前大学の卒論で地質調査をした場所です。
串間市内に格安一軒家(薪で炊く風呂がついていました)を借りて2年間で4ヶ月くらい生活していました。主に夏休みに来ていたので、思いでと言っても暑くって苦しい記憶だけですが、一度は行きたいなと思っていました。まさか自転車で来ようとは。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03272705.jpg
いろんなことを思い出しながら走っていると、あと5kmというところに串間温泉が。
せっかくなので汗を流して宿へ向かいます。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03273990.jpg
今日の宿は民泊です。ネットで検索したら出てきました。我が家の何倍も立派な普通の民家です。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03283895.jpg
リビングなどは共用はで2階に一家族がお泊りでした。こちらは持ち主の方は住んでおられず管理人の方がお一人。こんなに広くてきれいで4千円は格安です。のんびり畳でゴロゴロしながらブログを書いています。
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_03282063.jpg
明日は本土最南端なの佐多岬へ。今まで最も大変そうなルートです。


今日のルート
13日目【宮崎−串間】絶景日南海岸から青春の思い出の地串間へ_e0201281_04332610.jpg


走行距離 123.66km
走行時間 6:08:08


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ

by simisimit | 2018-05-04 22:23 | 日本一周 | Comments(5)

12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市

5/3(木) 曇後晴 気温 12℃〜22℃

晴れの予報でしたが、どんより曇り空。肌寒いくらいでした。短パン、アームカバーで走り出したのですが寒いくらい。延岡を後にします。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_03580986.jpg
アク‥‥にもあきたので見慣れないオレンジ色の自販機。初めて見るものばかり。とりあえず塩梅購入。途中でサンAの大きな工場がありました。農協系列の会社のよう。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_03582816.jpg
走りやすい道を強烈な追い風に押されて南へ。途中、北へ向かう多くのサイクリストとすれ違いましたが、大変そう。大きめののサドルバッグをつけた方が多かったですね。何泊かのサイクリングでしょうか。
宮崎市へ近づくと青空が見えてきました。シラス台地を走ることが多く、ゆるやかなアップダウンがありますが快適。海はほとんど見えません。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_21212250.jpg
昼頃、宮崎市に入り今日最初の目的地シーガイア。バブルの遺産ですかね。左の巨大な室内プールは使われていないようですね。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_21213734.jpg
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_21215597.jpg
神話の国宮崎に来たからには、やはり宮崎神宮にお参り。うっそうとした平地の森の中にあります。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_21222024.jpg
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_21223336.jpg
ここでも結婚式が!
ちゃんと合格祈願やら少し我が家のことなどをお願いしました。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_21231734.jpg
K同じ敷地の中に県立博物館などがあり見学(無料でした)。何棟かの古民家が移築されていました。どれも江戸時代のもののようです。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_21232969.jpg
宮崎市は大淀川の河畔に開けたきれいな街でした。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_21241127.jpg
ネットで調べると市内にはサイクルショップが何軒かあるよう。買いたいものがあったので、迷いながら行ってみると2軒ともお休み。GWですから仕方ないですね。
東国原知事で有名になった県庁へ。これで7県庁目。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_21243767.jpg
ホテルにチェックインして、歩いて駅近くの極楽湯へ。ボーリング場と同じビルにありました。広々した湯船につかると疲れもとれます。極楽湯で極楽、極楽。
風呂上がりに生ビールをいただき宮崎駅へ。
40年前まだ木造だった駅に降り立ったことを思い出しました。夏で南国の後列な太陽にクラクラしました。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_04112277.jpg
夕食に繁華街へ。にぎわっていました。有名なもも焼きを食べようとネットで調べて行ってみると、どこも長蛇の列。仕方なくすぐ入れるお店で注文。美味しかったですが、大分、宮崎では鶏ばかり食ったような。
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_04113539.jpg
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_04114684.jpg
明日は南端の串間まで。

今日ルート
12日目【延岡−宮崎】追い風に助けられあっという間?に宮崎市_e0201281_05091103.jpg

走行距離 103.92km
走行時間 5:22:20

にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-05-04 05:10 | 日本一周 | Comments(0)

11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー

5/2(水) 雨 気温 17℃〜22℃

1日雨の予報なので、海岸沿いのルートはハードそうなのので、最短のR326で延岡へ行くことに変更。
大分府内城へ寄るので7時半頃出発。今に降りそうな曇り空の中、別府から海岸線を大分へ。10km程度ですが、歩道が自転車道を兼ねているのか、超快適な道路でした。
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20242197.jpg
市街地へへ行っても、自転車用の路側帯がありよく整備されていました。
まず立派な県庁で記念写真。
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20243544.jpg
大分府内城はすぐ横。こじんまりした城でした。なにやら天守閣の形の足場が。再建中かと場内に入るとスタンプが置いてあるはずの文化会館が見あたらず、駐車場が。管理小屋の係の方に聞くとここにあるとのこと。スタンプを押してから少しお話を。
文化会館を取り壊し、市役所の臨時駐車場になっているとのこと。また天守閣はLEDで夜は天守閣のように見えるそうです。
私より少し上の方で四国は車でよく来られるとのこと。がんばってとキャンディーまでいただきました。
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20245434.jpg
とうとう雨が降り出してきました。R10で内陸へ。歩道も含めてよく整備されていました。大野川沿いに上流へ。途中、竹中の表示が。以前、阿蘇から大分に抜けたときに見つけた駅で、ブログにも書いたのですが、多分かぐや姫の「ひとりきり」に歌われている トンネルぬけたら竹中だ の場所だと思うのですが。(60代には懐かしいですね)
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20254462.jpg
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20255678.jpg
しばらく走るとR326への分岐。トンネルは多いですが、片方の歩道は広く安心。途中旧道へ入ると感じのいいお寺が。さらに進むと激坂。やっと国道と合流。
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20261558.jpg
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20263051.jpg
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20265573.jpg
アップダウンを繰り返し、今日の最高地点(多分)三国トンネル。1600m
R326最長だそうです。
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20270904.jpg
お腹も空いてきたのですが、なにもなさそうな道をひたすら下ります。そんなときやっとお店が。沢山のメニューがありましたが鹿丼を。サパリして美味しかったです。
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20272720.jpg
店のお姉さんに支払いをして、しばしお話をしていると、ツバメの巣が落下して飼育しているとのこと。身近に燕のヒナを見てビックリ。楽しい昼食でした。
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20273946.jpg
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20280626.jpg
少し走ると峠を越えるでもなく県境。宮崎県に入りました。
R326は40年前宮崎を卒論のフィールドとしていたので、旅行がてら夏に両親と通りかけた道です。
こんな素晴らしい道ではなく、地図で最も近そうなので大雨のなか走っていると、がけ崩れがあったばかりに遭遇。しかたなく引き返しました。
両親は私を宮崎でおろし、高千穂や阿蘇に寄って帰りました。父は勝手なことばかりしていて(お前が言うのか)夫婦旅行などあまりしませんでしたが、2年前になくなった母は、よく高千穂はよかったと言っていたことを思い出しました。
心拍を上げて走っていると考える余裕がないのですが、ゆっくりサイクリングではいろんなことを考えてしまいます。みなさんどうなのでしょう。
いろんなことを思い出しながらペダルを漕いでいると、延岡駅到着。
駅前の格安(3980)にビジネスホテルに投宿しました。
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20282154.jpg
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20283370.jpg
雨でしたが楽しく走れました。

今日のルート
11日目【別府-延岡】雨の中宮崎へ 大分は道も人もフレンドリー_e0201281_20360582.jpg

走行距離 113.89km
走行時間 6:08:21

にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
by simisimit | 2018-05-02 21:38 | 日本一周 | Comments(4)

10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり

5/1(火) 晴れのち夕方雨 気温 20℃〜26℃

上品な女将さんに見送られ、快適だった昭和の旅館を後にして、熊野磨崖仏へ。

10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20451891.jpg
途中富貴寺に立ち寄りました。国宝のお堂(九州に現存する最古の木造建築だそうです)に立ち寄りました。
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20454599.jpg
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20462448.jpg
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20463791.jpg
次は真木大堂。近代的なお堂に重文の仏像が収められていました。
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20465231.jpg
途中、修験者を村人が拝んでいました。カカシですが。
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20470418.jpg
いよいよ磨崖仏。山道を少し登ると鬼が積んだ石の階段が。
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20472249.jpg
二体の仏像が。8mほどだそうです。これはお不動産。優しい顔に鼻の穴が可愛いい。
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20473802.jpg
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20475499.jpg
少し上り後は別府まで超気持ちいい(古い)ハイウェーを。まだ2時頃なので中学の修学旅行以来の地獄めぐり。
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20480590.jpg
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20482080.jpg
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20484282.jpg
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20485976.jpg
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20491240.jpg
せっかくなので一番上の地獄は横に温泉があったので汗を流すことに。地獄なのに極楽、極楽!
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_20492659.jpg
結構高いところにあったので気持ちよく港まで下りました。
別府観光港のフェリーターミナルには、空気入れがあるとネットで見たので立ち寄りました。受付で尋ねると快く貸してくれました。多分県の事業で配っているようで、新品でした。
ホテルにつく頃雨がポツリと。ラッキーな1日でした。明日は雨のようですが、延岡まで頑張ります。

今日のルート
10日目【豊後高田-別府】磨崖仏見物と別府地獄めぐり_e0201281_10551150.jpg

走行距離 58.59km
走行時間 3:25:19

にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
by simisimit | 2018-05-01 21:44 | 日本一周 | Comments(0)