人気ブログランキング |

<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

59日目【根室−釧路】暖かかった〜

6/19(火) 曇り後晴れ 気温 10〜15℃
今日も夜明け前に雨が降ったみたいで路上が濡れています。
もう降りそうでもないし気温も高め。薄手のウィンドブレーカーとレッグカバーで出発。
街路樹のアカシアが満開。東北走っているときも咲いていたなと思い出しました。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20555199.jpg
根室は段丘に開けた坂の多いきれいな街でした。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20555732.jpg
南側の海岸線を行くルートを考えていたのですが、結構アップダウンがありそう。少し疲れ気味なこともあり内陸を走るR44を。
昨日通った橋を。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20560578.jpg
橋の下で漁をしていました。仕掛けていたカゴを上げていたのでカニなのかな。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20561921.jpg
昨日休憩した風蓮湖の道の駅を通過。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20562602.jpg
40kmぐらい走って厚床。ここまでは昨日と同じ道でした。
コンビニがあり補給を兼ねて少し休憩。近くに昨日見た厚床駅があるので、そこで休憩することに。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20563461.jpg
今は無人駅のようですが、きれいな駅でした。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20564346.jpg
旅のノートが置いてあり、鉄道をはじめいろんな旅人が書き込んでいました。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20565022.jpg
根室本線の駅舎を描いたボールペンの細密画が展示されていました。駅は毎日使っていた人にとっても旅人にとっても思い出に残リますよね。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20565736.jpg
機会があれば、のんびり鉄道の旅で来てみたいなと旅情あふれる厚床駅を後にして、先を急ぎます。さらに気温も上がり、ウィンドブレイカーを脱いでも気持ちいいくらい。
浜中町に入ります。周りには原野や牧草地が広がります。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20570516.jpg
それぞれの牧場にはきれいな看板が。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20571206.jpg
牧場ごとに違います。妖精花伝説と書いてあります。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20571958.jpg
さらに行くと浜中町の案内板。ルパン三世で有名なモンキー・パンチさんの出身地なのですね。似たような風景が続くので和ませてくれますね。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20572722.jpg
さらに行くとパーキング。向こうには展望台のようなものが。あまり起伏がないところを走っているので、どんなところかよくわかりません。
これは上らねばと。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20573789.jpg
360°大パノラマ。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20574518.jpg
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20575225.jpg
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20580190.jpg
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20581266.jpg
4枚同じ眺めに見えますが良かったですよ。
厚岸町に。厚岸といえば牡蠣が有名だなと思いながら。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20582194.jpg
山を抜けると湿原が広がり、根室本線が走っていました。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20583115.jpg
野鳥の観察施設が。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20584795.jpg
フィールドスコープも完備。残念ながら野鳥は見えませんでした。丹頂鶴も観察できるようです。
カヌーで下ってきた終着地になっているようでした。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20585813.jpg
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20592591.jpg
昼頃に厚岸市街地の高台にある道の駅へ。
食が充実した駅のようで、牡蠣入りパスタをいただきました。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20593603.jpg
厚岸の町並みが望めます。厚岸湖と厚岸湾の間に開けた町です。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_20594651.jpg
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_21000113.jpg
気温も上がり短パンでちょうどよいくらい。前方には青空が広がっていました。北海道東岸では、知床と2回目の青空。嬉しい〜。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_21002007.jpg
釧路までもうすぐ。平坦な道が続くと思いきや坂道が続き150mほど上ります。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_05120935.jpg
下ると釧路市街地へ。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_21003858.jpg
3時半頃、釧路駅に到着。駅前のビジネスホテルを以前に予約していました。
青森で前のホイールを交換したのですが、後輪のハブと思うのですがスピードが出ている時踏むのをやめると、こすれるような音とブレーキが少しかかるように。
そこで前輪と同じよう格安のホイールをアマゾンで購入し、ホテルに送っていました。
ホテル横の空き地でスプロケットやタイヤを付け替え作業。これで明日から安心して走れます。
結局ホイールを両輪とも交換。自宅へ送り返す宅急便の代金が高くつきました。最初から重くても頑丈なホイールで旅に出たらよかったなと後悔。
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_21004810.jpg
今日のルート
59日目【根室−釧路】暖かかった〜_e0201281_21505977.jpg

走行距離 126.94km
走行時間 6:12:05
獲得標高 677m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-20 05:29 | 日本一周 | Comments(0)

58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ

6/18(月) 曇り 気温 10〜12℃
大阪で大きな地震があり、亡くなった方や怪我をさてた方がおいでるとのこと。
お悔やみとお見舞いを申し上げます。
親戚が大阪にいるのですが、やっと電話が通じると屋根瓦が落ちてブルーシートで応急処置をしたとのこと。怪我などはなく一安心。

こちらは、朝、目が覚めて外を見ると雨模様。早めに朝食を用意していただいたので、
6時に朝食。雨雲も抜けたので7時頃出発。
また降ってもいいように、雨具のズボンを履き、ウィンドブレイカーの重ね着。
気温ももずっと10℃くらいだったので1日この格好。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20470167.jpg
標津から別海町へ。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20470974.jpg
やっと海が見えました。野付湾。向こうには野付半島が小さく。地図で見るとよくわかりますが、砂嘴として有名。教科書なんかにも出ています。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20473343.jpg
結構向かい風が強く、大変でした。休もうと思ってもコンビニもなく、飴玉をしゃぶりながらペダルを踏みます。

野付をすぎると、砂州で海から隔てられた風蓮湖があるのですが、時折見えるぐらい。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20474213.jpg
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20475179.jpg
根室市に入ります。市街地まで20kmほど。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20480446.jpg
やっと、きれいな観光牧場が。ホットドックとホットミルクをいただき、ホッと一息。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20481200.jpg
ここで根室本線に行き当たり、かわいい駅が。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20482003.jpg
根室の道の駅。風蓮湖の湖岸にあり、バードウォッチングができるよう。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20482943.jpg
昼頃だったのですが、テレビで大阪の地震のニュースを知り驚きました。あわてて大阪の親戚に電話をするとやっと繋がり、瓦が落ちてブルーシートで応急措置をしたとか。
とりあえず無事なことを知り一安心。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20484632.jpg
風蓮湖。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20485857.jpg
一部干潟が広がっています。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20494451.jpg
根室といえば花咲ガニ。ネットで見ると、カニの入ったラーメンなんかが食べられるお店があるようなので、花咲港へ。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20495369.jpg
お店をやっと見つけて花咲ガニラーメンを注文。美味しくいただきながら壁を見ていると、
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20520509.jpg
火野正平さんの心旅の手ぬぐいが。お店の方に聞いてみると、2年前に番組のロケで立ち寄られたそう。アポ無しで驚いたそうです。
今回の旅では、四万十のうな吉さんに続き2軒目。偶然ですがミーハー気分で嬉しい。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20521653.jpg
野付から台地の上をずっと進むともうすぐ納沙布岬。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_04553518.jpg
岬に到着。最東端、日本で一番早く朝日が上るところですが曇っています。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_04560694.jpg
すぐ近くに歯舞の島々が。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_04555385.jpg
どちらからと声をかけられ、日本一周中と答えるとそれでは記念写真をと。声をかけられると嬉しいものです。

58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20502024.jpg
記念館があり、北方領土についての歴史がよくわかります。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20502890.jpg
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20503623.jpg
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20504499.jpg
納沙布岬をあとにしてもう一つの目的、日本百名城の一つ、根室半島チャシ跡群へ。チャシとは、アイヌが築いた砦で根室半島には保存がよいチャシがたくさん残されているそうです。
岬の近くにその一つがあるので見に行きました。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20510184.jpg
向こうに納沙布岬、かっては砦が築かれていたのですね。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20511007.jpg
チャシを見学し根室市街地をめざします。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20513058.jpg
根室駅到着。横の観光センターに百名城のスタンプが置いてあるはずですが、5時を過ぎていて開いていいるか心配。まだ営業中で無事にスタンプも押せました。
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_20515777.jpg
今日のルート
58日目【標津−根室】最東端、納沙布岬へ_e0201281_04195234.jpg

走行距離 142.37km
走行時間 7:10:24
獲得標高 804m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-19 05:16 | 日本一周 | Comments(2)

57日目【知床−標津】知床を満喫しました!

6/17(日) 晴れ 気温 6〜14℃
今日も快晴の知床。今日は知床横断道路を越える予定ですが、その前に知床クルージング。宿で教えてもらったゴジラ観光で。いろんなコースがあるようですが、先の予定もあるので一番短い1時間コース。
なんでゴジラと思っていたら、ゴジラ岩というそう。似てますね。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22444137.jpg
この船で。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22451283.jpg
初めてだったのですが、すごい断崖絶壁が続きます。知床に手付かずの自然が残されたのがよくわかります。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22452360.jpg
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22453259.jpg
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22454144.jpg
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22455212.jpg
知床連山。一番右が主峰の羅臼岳。今日は、あの右側を越えていきます。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22460314.jpg
短いクルージングで、残念ながらクマは見えませんでしたが、結構寒かったので丁度良かったですね。
知床峠をめざして出発。標高は738mです。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22461821.jpg
斜度は、4〜6%とそれほどでも。5kmほど上り知床五湖との分岐。ここから10km。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22462966.jpg
少しきつい坂も現れますが頑張って上ると羅臼岳が。さすが知床。高さが1500mほどの山とは思われないですね。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22464871.jpg
あの鞍部が峠かな。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22465817.jpg
まだ雪が残っています。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22470710.jpg
知床峠到着。広いパーキングがあり、多くの車で賑わっていました。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22473481.jpg
中国の方が一緒に写真をというので。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22474507.jpg
羅臼側は残念ながらガスが湧いてきて。国後択捉が見えるそうですば残念。

カメラをセットした地元のような方に、ここまで自転車ですごいですねと声をかけられてので、モーターがついているからというと、クランクを覗き込まれ。
お返しに、去年サイクリング中、クマに追いかけられた人がいるので気をつけてと。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22475734.jpg
冗談かと思ったのですが、本当にあったらどうしようと下山。
羅臼側が雪は多かったですね。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22480813.jpg
羅臼側はずっと道路に横溝が掘ってあるので慎重に下りました。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22483034.jpg
幸か不幸か熊に会わずに無事下山。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22484145.jpg
道の駅で食事でもと思ったら食堂は長蛇の列。しかたなくホッケバーガーを購入しぱくついていると、海の向こうに国後島が。思ったより近いですね。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22485390.jpg
昨日と違い、家が続く道。少し上ると羅臼峠。いくつか防雪用のシェルターがあります。冬はすごいのでしょうね。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22490535.jpg
今日の宿、標津に。サケが有名な町。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22491774.jpg
もうすぐ標津の中心へ。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22493090.jpg
3時過ぎと時間が早いので、サーモン科学館に立ち寄りました。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22494695.jpg
展望台の上ると標津の町が。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22495975.jpg
裏側は原野になっています。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22501178.jpg
ここで孵化用のサケを捕獲。展示も充実していて、稚魚の放流事業が明治から行われているのには驚きました。
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22502073.jpg
4時過ぎには宿に到着。羅臼からは曇で少し寒かったのですが、冷えた体をお風呂で温めゆっくりできました。


今日のルート
57日目【知床−標津】知床を満喫しました!_e0201281_22504041.jpg


走行距離 84.86km
走行時間 4:33:25
獲得標高 1073m(久しぶりの千m超え)


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-18 05:20 | 日本一周 | Comments(0)

56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!

6/16(土) 曇り後晴れ 気温 5〜11℃
雨は降っていいないものの、今日も曇りのサロマ湖畔のユースホステルを7時半頃出発。
サロマ湖の砂州上にあるワッカ原生花園へ。途中にサロマ湖のモニュメント。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03533609.jpg
ワッカ原生花園。とても広く、100kmマラソンのコースです。花はそれほど咲いてはいません。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03535302.jpg
この橋の下で海につながっていました。サロマ湖は海から閉じていた気もあるようですが、海に出るよう掘削したりと紆余曲折の歴史があるよう。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03541364.jpg
朝早いので練習中のランナーお二人と会ったぐらいでしたが、ウサギや
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03542441.jpg
エゾジカと遭遇。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03543856.jpg
原生花園内の東へ続く道を進むと、
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03550957.jpg
広い麦畑が広がり、国道に出ることができました。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03552840.jpg
このあたりは北見市常呂町。聞いたことがある名前だなと思っていたら、向こうに立派なカーリング場。平昌オリンピックで活躍した皆さんの出身地ですね。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03560642.jpg
常呂町はオホーツク海に面した町なのですね。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03561505.jpg
自転車道の表示が。網走までつながっているようなので自転車道へ。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03562914.jpg
湖畔を真直ぐ続く道でした。すぐ横を国道が走っています。
途中、草刈りをしていたり、自転車道としてはよく整備されていました。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04463597.jpg
ホームが途中の休憩所に。廃線跡を利用してつくられたのですね。昭和の終わり頃廃線になったみたい。
今日も寒くて、ダウンを下に着込んでいたのですが、昨日より暖かくなってきたので、ダウンを脱いで走ります。

56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03565211.jpg
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03570193.jpg
網走湖畔見ながら進み、
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03572288.jpg
市街地の手前で国道に。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03574184.jpg
網走駅を通過し、

56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03584839.jpg
網走港に道の駅が会ったので昼食休憩。
サイコンの充電を忘れていたので、お願いして充電することができました。そのため、長めの休憩。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03590909.jpg
道の駅を出て少し走ると空が明るく見上げると太陽が。5日ぶりに見る太陽です。寒いのですが、赤外線の暖かさを感じることができました。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03592847.jpg
サロマ湖みたいに濤沸湖とオホーツク海にはさまれた砂州の上を道と線路が続きます。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_03594541.jpg
小清水町に入り、小清水原生花園。何と駅が原生花園の入り口。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04001023.jpg
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04002400.jpg
薄日がさしたりしながら斜里町へ。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04005075.jpg
斜里町の市街地を抜けると、久しぶりの青空! 
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04010489.jpg
海別岳でしょうか。知床半島付根の山です。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04011706.jpg
海岸線に沿って走り、
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04033603.jpg
回り込むと、向こうに少し雪の残る知床の山が。ずっと雨や曇り空の中走ってきたので、この光景は格別。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04035444.jpg
エゾジカファーム。たくさんの鹿が飼育されていました。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04041639.jpg
オシンコシンの滝を通過し、
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_05154712.jpg
トンネルを二つ抜けると今日の宿がある、ウトロ到着。8年ほど前仕事で来たことはあたのですが、世界遺産登録でセンターができていたり、道の駅が整備されていました。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04043156.jpg
5時過ぎに宿に到着。食事をすませて7時頃港へ行ってみると夕日が。北海道で見る初めての夕日です。
同年輩の女性の方も夕日の写真を撮られていたので声をかけると、何と香川県からご主人とキャンピングカーで来られているとのこと。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04044595.jpg
言われてみると、道の駅にキャンピングカーたくさん止まっていました。
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04050740.jpg
今日のルート(途中で充電したためログが分かれてしまいました)
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04122185.jpg
56日目【サロマ湖−知床ウトロ】知床は青空で迎えてくれた!_e0201281_04141228.jpg

走行距離 134.1km
走行時間 6:39:06
獲得標高 384m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-17 05:31 | 日本一周 | Comments(0)

55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。

6/15(金) 小雨後曇り 気温 7〜8℃
天気予報では曇りだったので安心していたのですが、朝目が覚めて外を見ると雨。しばらくすると霧雨のようになったので予定通り出発。
気温も低いので、こんなこともあろうか持ってきた薄手のダウンジャケットを雨具の下に着用。汗をかくまで回していないので快適です。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20250767.jpg
船の形をした枝幸の道の駅。時間も早いので通過。雨はずっと降ったりやんだり。
札幌手稲で購入したトレッキング用の防水手袋が活躍します。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20262034.jpg
雄武(おうむ)町へ。佐賀を旅している時、武雄市の近くを通ったのですが姉妹都市のようです。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20263062.jpg
たまに荒れた海が見えるくらいで、牧草地が続きます。
道端にウニや貝殻が落ちています。日本海側を走っているときも見たのですが、たぶんカラスが食べたあとのよう。車に轢かせて割っているのかな。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20264453.jpg
50km近く走り雄武の道の駅。手前のコンビニで買った温かいコーヒーとパンで休憩。自販機では温かいものはほとんど売っていなくて、こんなとき助かります。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20270977.jpg
道の駅に地元の小学生の手作り観光案内が展示。町の様子が楽しそうに。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20272664.jpg
雨はまだ降っていますが、勇気を振り絞り道の駅を後にします。
しばらく走ると小学生の観光パンフにもあった日の出岬の表示。ここ4日ほど太陽を見ていませんが、道東で私に日の出は訪れるのでしょうか?
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20290512.jpg
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20293262.jpg
興部(おこっぺ)町へ。ちょっとかわいい名前ですね。こちらも牛と帆立が町のキャラクター。道の両側に牧草地が広がり、時々ミルクを運ぶタンクローリーに抜かれます。
小雨ですがずっと降っています。

大きなバックパックを背負った自転車の方とすれ違いました。こんな日に仲間と会ったような気がして、大きく手を振リます。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20302932.jpg
橋を渡ると興部の町中へ。ここから内陸へ入ると名寄なのですね。亡くなった兄の友人が名寄出身で、兄が学生の時名寄などでバイトをしながら北海道を旅した話を聞かせてくれたことを思い出します。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20305957.jpg
オホーツク沿岸では大きな街、紋別へ。流氷とカニの町、雨の中頑張ったので昼飯はカニ食いたいな先を急ぎます。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20360968.jpg
紋別市街地へ。この頃には、やっと雨もやみカニを食おうとウロウロ。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20362162.jpg
店を探すのは苦手で結局港まで来てしまし、
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20364223.jpg
流氷科学センターに併設された道の駅。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20374637.jpg
結局中の食堂でホワイトカレー。一応カニの爪ものってたし、美味しくいただきました。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_05162428.jpg
港には巨大なカニの爪のモニュメント・・・・
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20380346.jpg
湧別町。サロマ湖がある町です。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20382048.jpg
ずーと走りやっとサロマ湖が見えました。どう見ても海ですね。
かっては湾だったのが砂州で仕切られたもの。天橋立の巨大版でしょうか。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20391979.jpg
サロマ湖畔はぐるっと平坦なイメージがあったのですが、大小の岬が多くあり、そこを越えるアップダウンが160km走ってきた身には、結構厳しい。
24日に有名なサロマ湖100kmウルトラマラソンが開催されるようです。以前から興味があり、コースは平坦みたいでいつか出たいなと思っていたのですが、こりゃ厳しそう。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20394363.jpg
こんな湖畔の道を少し走り、今日の宿ユースホステルに到着。
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_20421295.jpg
私以外の宿泊客は、熟年のご夫婦二組。
食後談話室でお話をしていると、一組は山梨から車で。もう一組は大阪からバイクの二人乗りで北海道を周られているとのこと。北海道までは敦賀からのフェリーだそうで、毎年北海道は来られているとのこと。素敵ですね。


今日のルート
55日目【枝幸−サロマ湖】雨の中、サロマ湖は遠かった。_e0201281_05462238.jpg

走行距離 163.44km
走行時間 7:50:23
獲得標高 845m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-16 05:48 | 日本一周 | Comments(2)

54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。

6/14(木) 曇り時々小雨 気温 7〜9℃
雨はやんだものの厚い雲が。朝食は手持ちの食料を食べ、6時過ぎに宿を出発。
利尻が見えないかなと、5kmほど先のノシャップ岬へ。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20354060.jpg
町中の先に岬が。
残念ながら利尻富士は今日も雲の中。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20355613.jpg
だけどその向こうに礼文島が見えました。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20361287.jpg
高台には自衛隊のレーダー等が並び、国境の町なんですね。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20362900.jpg
最北端宗谷岬は、30kmほど先。途中で一緒になった、東京から旭川空港まで飛行機輪行で来たという青年と一緒に。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20371747.jpg
振り返ると稚内市街地とノシャップ岬。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20373120.jpg
途中、間宮林蔵が樺太探検に出向した場所の表示と碑が立っています。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20380263.jpg
宗谷岬が見えてきました。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20381648.jpg
宗谷岬到着。写真で見たことのあるモニュメントは、広い駐車場の前に。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20384262.jpg
間宮林蔵の銅像も立っています。
到着したのは8時頃だったのですが、すでに自転車が一台止まっていて、
昨日、稚内に向かう途中で会った彼でした。握手をしてしまいました。ニューヨークから来て、九州から北上し日本を周っているようです。それ以上お話をする語学力はないので残念。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_03561188.jpg
涙が出るほどじゃないけど、那覇からここまでたどり着いたと思ったら嬉しくて、ついバンザイ。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20394266.jpg
感激しているときは寒さを忘れていたのですが、気温6℃と徳島の真冬並み。
早々にお二人と別れて先を急ぎます。
岬の上は海岸段丘の高台になっていて、様々なモニュメントが。向こうを見るとサハリンが目の前に見えます。
高木はなく、草原になっており、アップダウンをしながら進みます。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20402181.jpg
やっと海岸線。オホーツク海は白波が立っており、やや追い風の横風。昨日に比べると文句は言えません。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20403677.jpg
寒くて手がかじかんできます。たまに霧雨が降るので、ウィンドブレイカーを2枚重ね着し、先を急ぎます。
稚内から猿払、浜頓別を通過します。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20412907.jpg
両側には広い牧草地が広がり乳牛の飼育が盛んなようです。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_04394154.jpg
浜頓別を通過し、前方に山と岬が。この岬も積丹で歩いた神威岬というそう。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20425763.jpg
以前は岬を回っていたようですが、1,000mほどの真直ぐなトンネルが。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20431104.jpg
抜けると公園があり表示版が。昔は南へ抜ける難所で、アイヌの人達はこのような場所に神が居ると考えたよう。納得。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20432594.jpg
トンネルを抜けると今日の宿、枝幸町。北緯45度の表示がありました。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20433691.jpg
枝幸町市街地には、3時前に到着したのですが、まだ早いのでどうしようかと思っていたら、オホーツクミュージアムの看板と立派な建物が。町営のようで無料。早速見学することに。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20434771.jpg
中は自然系の展示と考古学系の両方の展示があり、充実していました。
教科書に載っているデスモスチルス(第三紀に絶滅した大型哺乳類)の化石それも全身骨格が枝幸町で見つかったとは初めて知りました。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20440234.jpg
大変充実した内容ですが、私が入ったときは入場者2名。近くを通るときには、立ち寄る価値はあると思います。
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20443022.jpg
縄文以降もオホーツク海を取り巻く文化圏についても知ることができ、遠い昔に思いを寄せながら、すぐ横の枝幸温泉へ。ホテル併設の施設で凍えた体を温めて宿へ向かいました。
今日のルート
54日目【稚内−枝幸町】ついに日本北端宗谷岬へ。だけど寒い1日でした。_e0201281_20454263.jpg

走行距離 141.78km
走行時間 6:22:06
獲得標高 496m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-15 05:03 | 日本一周 | Comments(2)

53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!

6/13(水) 曇り後雨 気温 6〜12℃
2泊お世話になった苫前の梅屋旅館さんを7時半頃出発。終戦後すぐに開業されたとか、昭和の香りのする気持ちの良い旅館でゆっくりできました。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_21535308.jpg
海岸線に出て高台に上がると役場はこちらにあり立派な道の駅。温泉と宿泊施設があるようです。ここへ来るまでに香川という地名がありましたが、開拓で香川県から来たのでしょうか。

53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_21555396.jpg
苫前からは丘陵をアップダウン。今にも雨が落ちそうな曇り空で向かい風。山間なのでそれほど気にはなりません。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_21560604.jpg
羽幌町に入ります。結構大きな町で沖に浮かぶ焼尻、天売二つの島へフェリーがでているみたい。昔は炭鉱で栄えたみたいです。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_21563202.jpg
これは一昨日の苫前からの両島
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_04262010.jpg
立派なお寺がありました。これまで神社はたくさん見てきたのですが、お寺の数は少ないですね。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_21564441.jpg
丘陵をずっと走り初山別村の道の駅。岬にあり天体ドームがあるみたい。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_21573848.jpg

53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_21585520.jpg
牧草地が広がりのんびり牛が草を食んでいます。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_21594397.jpg
原生花園があり、黄色い花がたくさん咲いています。エゾカンゾウとのこと。佐渡で見た佐渡甘草と近縁なのかな。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22000170.jpg
遠別町に入り、道の駅富士見。晴れると利尻富士が見えるのでしょうね。残念。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22050878.jpg
遠別をすぎる頃、とうとう雨が落ちてきました。しかたなく雨支度。
天塩道の駅に到着。町ごとに立派な道の駅。自転車旅にとっては助かります。
ここからは、サロベツ原野にそって海沿いを行くので、昼食をとり、少し休憩。

外国人のサイクリストがいたので聞くと、彼も稚内に行くみたい。それ以上の会話は無理ですが。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22052260.jpg
町外れに厳島神社。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22053697.jpg
いよいよサロベツ原野。本当に原野で小雨と向かい風。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22054912.jpg
道路脇に、エゾカンゾウやハマナスが。

53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22061296.jpg
シェルターがあります。冬の地吹雪等の退避場所なのでしょうね。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22062847.jpg
やっと、牧場の牛の姿。ここまで30kmぐらい。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22064999.jpg
ようやく稚内市に。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22070728.jpg
利尻島が目前に。ほとんど雲に隠れています。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22072978.jpg
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22080112.jpg
道の駅であった彼が走っていました。挨拶だけして先を急ぎます。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22081335.jpg
丘を越えれば稚内市街地。天塩の道の駅から60km
向かい風で厳しい道のりでした。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22082482.jpg
最北の駅。旭川到着。真新しい駅舎で、駅舎から線路が伸びていました。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22083404.jpg
札幌からでしょうか。特急が丁度到着。次は輪行で利尻富士を見たいものです。
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_04542353.jpg
宿に温泉があったので、冷え切った体を温めることができました。
今回の旅で最も南の那覇も雨だったので、これも日頃の行ないのせいと諦めるしかありません。

今回の旅で最も寒い1日でしたが、明日も寒そうで少し心配です。

今日のルート
53日目【苫前−稚内】最北の稚内もやはり雨だった!_e0201281_22102462.jpg


走行距離 146.04km
走行時間 7:04:53
獲得標高 649m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-14 04:59 | 日本一周 | Comments(0)

52日目【苫前町】1日雨で停滞、ゆっくりできました。

6/12(火) 雨 気温 10〜14℃
予想通り1日雨でした。
昨日と同じ旅館で宿泊。ゴロゴロするのもと思い、宿の近くに公民館の図書室がありそこで地元の本を見たり、今までの旅の記録の整理をしたりのんびり。
図書室で地元の本を見ていると、大正時代にここから10km以上入った開拓集落らがヒグマに襲われ7名もの人命が失われたとのこと。以前に聞いたことはあったのですがこちらの話とは知りませんでした。
昭和50年代にはテレビドラマになったとか。夕食の時、仕事で宿泊しているという常連の方から、食堂の壁面にたくさんの色紙があるのは、その時ロケで泊まった俳優のものだと教えてもらいました。その上に日本酒までご馳走になり、北海道の話で盛り上がりました。

今日で52日目ですが、走らなかったのは、サドルバッグのトラブルで停滞した時と今日で2回。こんな日も必要かなと。特に今日みたいな日に走れば低体温症になりそう。

とりあえず50日走ったことになるので、今までの整理を。

・実走行日数   50日
・走行距離計   5635km
・1日の平均距離  113km
・訪問した県庁数 21 
・訪問した百名城 31(スタンプが押せなかった城も含む) 




にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-12 20:36 | 日本一周 | Comments(5)

51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道

6/11(月) 曇り後晴れ 気温 9〜21℃
台風が太平洋側を通過中で天気が気になりながら6時過ぎに宿を出発。石狩川河口ということもあるのか強風が吹き荒れています。
コンビニで朝食のおにぎりをぱくついていると、ボトルを宿に忘れたのに気づき引き返し6kmほど余分に走りました。

石狩川を渡ります。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04485691.jpg
ここからは、畑が広がる丘陵を。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04492289.jpg
やっと海岸に出ると段丘に沿ってなだらかなアップダウン。向こうに切り立った岬が。今日も長いトンネルを抜ける予感が。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04493674.jpg
丘陵の上に立つ立派な道の駅に。時間が早いのでまだお店は開いていません。
昨日走った積丹半島や小樽が望めました。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04494964.jpg
結構長いトンネルを抜けたり、
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04495993.jpg
山道を上ったりすると、
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04500944.jpg
開けて浜益に。向こうに見事な円錐形の山が見えます。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04501976.jpg
お腹も空いたところにセイコーマート。助かります。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04503253.jpg
また長そうなトンネルが見えますが、雷電国道で慣れているので。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04504231.jpg
と思ったら4kmを越える長いトンネル。交通量は少ないのですが、さすがに途中の退避帯で一息つきます。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04510641.jpg
トンネルを抜けるとパーキングがあり滝が。このあたりは雄冬岬といい昭和56年にやっとR231が全通したとの記念にが立っていました。このトンネルは最近新しく整備されたようです。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04512167.jpg
その後も2本長いトンネルを抜けて後を振り返るとこんな風景。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04513352.jpg
増毛に到着。古くから漁業と商業で栄えた町のようで、古い商家の建物が重要文化財として保存されています。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04520151.jpg
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04521185.jpg
隣にもレトロモダンな建物が。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04522250.jpg
増毛からは海岸線や丘陵を少し走ると留萌。最初は札幌から内陸を走り留萌から海岸線へ出る予定だったのですが、雄冬岬や増毛を訪れることができてよかったかな。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04523295.jpg
留萌からは、海岸線に沿った道がずっと続きます。天気も良くなり快適に走れました。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04524175.jpg
開放感にあふれた道をずっと走り、小平(おびら)町に入り立派な道の駅が。
重文にしてされた番屋の道の駅が整備されているよう。
建物が並んでいますが、手前が番屋。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04530594.jpg
北海道では最も大きな番屋だそうです。内部は公開されていませんが、最盛期には100人を越える人が住み込んで働いていたそうな。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04531596.jpg
道の駅から20km程度走る苫前。前方にうっすらですが円錐形の島が見えます。利尻富士のようです。自分の足で自分の目で見るのは嬉しい!               
コンデジでわかりにくいですが右の方にうっすらと。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_06394756.jpeg
少し内陸に入り今日の宿がある苫前町中心部に到着。川沿いに開けた町です。
51日目【石狩市−苫前町】トンネルをぬけると浜に続く真直ぐな道_e0201281_04540303.jpg
天気予報では、台風が変わった低気圧の影響で天気が悪そう。気温も低そうなのでもう一泊して1日ゆっくりすることにしました。

今日のルート

走行距離 164.49km
走行時間 7:38:23
獲得標高 926m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-12 06:48 | 日本一周 | Comments(0)

50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光

6/10(日) 晴れ 気温 11〜21℃
宿の前は浜になっており、夏は海水浴客が来るそうです。早朝から釣り人。ヒラメを狙っていそう。向こうに積丹岬が見えます。国道は岬までは行かないのでどうしたものか。
せっかくなので、まずは岬めざして出発。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21432114.jpg
岬方面へ折れると生うに食べられます等の看板のお店が結構あり、そういや積丹はうにで有名だけど食べてないなと考えながら、激坂を上り駐車場。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21433750.jpg
岬まではかなりの坂を上ります。昨日から歩いてばかり。
向こうに昨日歩いた神威岬。横から見てもすごいですね。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21434627.jpg
広場にぽつんと灯台が。積丹岬は神威岬みたいにとがってなく、段丘面が広がり遊歩道が何kmも続いています。
そこまで時間もないので引き返します。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21435414.jpg
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21440238.jpg
向こうにはまだ雪の残る積丹の山。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21440968.jpg
積丹岬を後にして、舗装のいい山中のゆるい坂を何kmか上り、下ると国道に合流。草原の中を先程の山を見ながら走ると港へ。
漁協のイベントで朝からバーベキュー。魚貝の焼けるいい匂い。まさか参加もできず横を通り過ぎます。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21444364.jpg
積丹半島、東側は昨日走った風景と違うなと思っていると、再び崖が続く場所へ。何本か長いトンネルを抜け、最後に豊浜トンネル。トンネル前が公園になっており慰霊碑が立っています。平成8年にトンネルで大規模な崩落事故があり、路線バスや乗用車がまきこまれ20名を越える方が亡くなったそうです。
北海道で事故があったなという記憶はあったのですが、それが積丹でとは知りませんでした。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21445124.jpg
事故がトンネルを掘り直す契機になったのでしょうか。歩道も広いトンネル。昨日と違い交通量も多いです。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21445887.jpg
余市に到着。国道を走っていると余市福原漁場の看板が。ニシン漁がさかんだったとき漁から加工、製品化まで行われていたそう。経営者家族や漁師が寝起きした母屋や他多くの建物が残されていました。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21451612.jpg
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21452695.jpg
母屋
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21453579.jpg
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21454897.jpg
文書庫
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21455790.jpg
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21460604.jpg
漁場を興味深く見学した後、少し走るとニッカウヰスキー余市工場の表示。余市って聞いたことがある地名だと思っていたら、これだったのですね。
酒好きとしてはぜひ立ち寄らねばと表示の方向に。余市駅前にありました。
近くの神社でお祭りがあるためか万幕が張られていました。中は広くて無料見学。試飲もできるそうですが、自転車なので残念。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21461552.jpg
可動している工場なので、実際に蒸留が行われています。石炭を焚いて。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21462548.jpg
NHKの朝ドラで有名になったマッサンの家も再現されています。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21463732.jpg
ウィスキー博物館まで。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21464851.jpg
折角なので小さめの瓶を購入。よるが楽しみ。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21470134.jpg
余市から山を越えると小樽。北海道に入って見た人の何倍でしょうか。日曜日で驚くほどの人で賑わっていました。人の少ない小樽運河の端で記念撮影。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21471232.jpg
小樽は何度か来たことがあるので、昼食だけしてすぐに通過。小樽を出発するとすぐにペアのロードバイクの方が。丁度よいペースで走られているのでついていくことに。
一人ではチンタラ走っているので、少し心拍を上げて快適に走れました。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21472902.jpg
お二人には途中でご挨拶してつかしていただいたのですが、札幌の手前でお別れして、我が家のことをご存知の方はお分かりと思いますが、星見駅を通過。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21474961.jpg
札幌市内に入ります。札幌には6/22に友人と約束があるため、道東を周ってから行く予定。今回は手稲のスポーツ量販店で自転車用品を購入しようと少しだけ。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21475925.jpg
アンテナのある山が手稲スキー場。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21481462.jpg
量販店に行ったものの、こちらのお店では自転車関係の取扱はしていないとのこ。残念。仕方なく今日の宿の石狩へ真直ぐな道を急ぎます。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21482945.jpg
街路樹に東北でよく見たアカシアが植わって花盛り。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21490004.jpg
今日の宿は石狩川河口の民宿。日曜で食事なしの素泊まりなので、近くの温泉で入浴して食事。やっぱり温泉はいいですね。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21491219.jpg
夜は余市で購入したウィスキーを説明にあったように水と1:1で水割りに。シングルモルトでアルコール度数が55度のため少し濃い目で美味しくいただきました。
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21492205.jpg
今日のルート
50日目【積丹町−石狩市】積丹半島から余市観光_e0201281_21425108.jpg
走行距離 114.97km
走行時間 5:39:08
獲得標高 1016m 距離の割に結構上りました。


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-11 22:15 | 日本一周 | Comments(0)