人気ブログランキング |

<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!

6/9(土) 曇りのち晴れ 気温 9〜21℃
雨は降っていませんがどんよりした空の下、島牧村の民宿を出発。
昨日さんざんトンネルは通りましたが、今日もトンネルを。1000m程度のトンネルなので昨日の走りで慣れてしまいました。
当初の計画では、小樽で泊まろうと積丹半島はショートカットするはずでしたが、土曜のためか高い宿しか見つからず、それなら積丹半島で泊まろうと計画変更。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04382842.jpg
少し走ると岬になっており弁慶岬。平泉で死んだはずの義経・弁慶は生き延びて北海道へ渡ったという伝説からでしょうね。高校生の頃、高木彬光の「成吉思汗の秘密」を読んでワクワクしたことを思い出しました。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04384069.jpg
海岸線に沿って走ると寿都の町。道の駅があり、ここも昔ニシン漁で栄えたようです。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04385638.jpg
たくさんの風力発電の風車が勢いよく回っています。風が強く向かい風が多くて大変。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04391113.jpg
道路際にレンガの倉庫があり今は横に牡蠣小屋が。賑わっていましたが、牡蠣を瀬戸内海のように筏があるではなく、そのように養殖しているか不明。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04392690.jpg
寿都をすぎるとトンネル群。3570mを筆頭に計9kmほど。
いつも無計画で走っているので、後からネットで調べると、昨日か走っている積丹半島へ続くルートは、雷電国道(名前からして凄い)といい、トンネルと景観で有名だそう。
トンネルの崩落事故が何回もおき多くの人命が失われ、新しいトンネルを掘り直したようです。言われてみればトンネルの横に小さめの古いトンネルがありふさがれています。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04393966.jpg

やっとトンネル群を抜けると対岸に泊原発が見えます。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04401721.jpg
積丹半島が近づいてきました。
岩内に入ります。スキー場が見えます。たぶんニセコ岩内スキー場。この奥がニセコアンヌプリをはじめとするニセコのスキー場があるはずですが、山は雲に隠れて残念ながら見えません。

49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04403247.jpg
岩内中心街。昼頃ということで、食堂で昼食。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04405194.jpg
おすすめのエビ天ぷらラーメン? ダシのきいた塩ラーメンに天ぷら。美味しくいただきました。セイコーマートの昼食が続いたので久しぶりの食堂での昼食。
トンネルで原発横を通過し泊村へ。やはり村役場も立派です。

49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04411540.jpg
泊村からトンネルを抜けると、神恵内村。海岸線沿いの道路が美しい。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04414166.jpg
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04422671.jpg
トンネルの手前に道の駅があり休憩。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04425715.jpg
アートだそうです。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04431940.jpg
横の岩には崩落防止のネットが!
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04433998.jpg
トンネルが続きますが、積丹半島の先端も近く絶景が続きます。大迫力で写真を撮るため先に進めません。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04440598.jpg
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04444495.jpg
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04450789.jpg
積丹半島は先端が平たいので、いくつかの岬があるみたい。神威岬まで1.2kmの表示が。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04461694.jpg
どうも坂もきつそうだしどうするか。早めに温泉でゆっくりする予定だったのですが、景色に圧倒されもう16時だしと。しかし、ここまできて後悔するのもと思い岬へ。
9%程度の坂が続きます。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04463723.jpg
広い駐車場に到着。ここからは歩きのようです。

49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04470629.jpg
門がありくぐると、
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04472776.jpg
ずっと先が岬。ここまで来たら頑張ろうと。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04480081.jpg
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04474469.jpg
頑張ったので、自撮りを。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04481634.jpg
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04510098.jpg
満足感いっぱいで岬を後にして、海に面した温泉宿へ。ゆっくり汗を流せました。
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_04521823.jpg
今日のルート
49日目日目【島牧村−積丹半島】参りました積丹半島!_e0201281_06064305.jpg

走行距離 124.46km
走行時間 6:18:55
獲得標高 565m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-10 06:08 | 日本一周 | Comments(2)

48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。

6/8(金) 曇り時々雨 気温 12〜19℃
宿で朝食をとり7時半頃出発。午後天気が崩れそうなので、午前中なるべく頑張ろうと。
江差はニシン漁でも栄たそう。当時のニシン御殿が残っています。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03035617.jpg
昨日よりも海岸に沿って走る場合が多いです。
今にも降ってきそうな空。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03040614.jpg
国道脇に馬小屋が。馬の親子がのんびり食事中。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03044832.jpg
浜を抜けると奇岩が続きます。
案内板があり親子熊。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03045823.jpg
案内板はありませんが、ゴジラかティラノサウルス。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03051358.jpg
内陸に入ります。山に入ると霧雨が。カッパを着るほどでは。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03052318.jpg
1000m を越えるトンネルを抜けます。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03054231.jpg
下ると広く水田が広がり、少し走ると江差を出て初めてのコンビニ。昼頃だったのでここで昼食休憩。
昨日に引き続きセイコーマートのカツカレー。店内でつくり温かいまま保存してありました。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03055208.jpg
コンビニをでて少し走ると、霧雨だったのが、本格的に降ってきました。カッパを着込み先を急ぎます。

まだまだ奇岩は続きます。
窓岩。
新潟から山形へ抜けた時の笹川流れと少し似ている。こちらが長いですが。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03060436.jpg
2,000m近い長いトンネル。交通量が少なく幅も広いのでストレスなく通過できます。
こんな長いトンネル抜けるとどんな風景が待っているのかと思うと、また長いトンネル。計5本くらい、距離で7km以上トンネルが続きました!
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03064635.jpg
以前の道の横にトンネルを掘り直したのですね。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03065814.jpg
途中には滝があったり。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03071151.jpg
トンネルを抜けると今日の宿島牧村。と言っても宿まで20kmはあります。風雨が強くなり雷も。落石よけの覆道で雷雲が抜けるを待ちます。
座り込んでスマホを見ていると、軽トラの方が大丈夫と声をかけてくれます。優しいですね。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03072273.jpg
雷雲も通過し雨も小ぶりになったので走り出しやっと村の中心へ。
4時頃宿に到着。ついた頃には雨もやんでいましたが、夕方にはまた土砂降りでした。
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_04584339.jpg
宿の方にお聞きすると、50年ほど前は、道がなく陸の孤島で船で行き来していたそう。そこにトンネルで道が抜けたのですが、道内でトンネル崩落事故があり、新しいトンネルを掘り直したとのことでした。


今日のルート
48日目【江差―島牧村】トンネルを越えたら雷雲が待っていました。_e0201281_03021256.jpg

走行距離 130.74km
走行時間 6:02:44
獲得標高 610m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-09 05:10 | 日本一周 | Comments(0)

47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。

6/7(木) 晴れ時々霧 気温 17〜22℃
秘湯知内温泉でたっぷり湯につかり出発。今日は100km先の江差に宿をとったのでゆっくり。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_19563488.jpg
宿から少し坂を上り、
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_19565508.jpg
北海道での初トンネル。短いですが。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_19570513.jpg
トンネルを抜けて下ると福島町。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_19591944.jpg
海岸線に出ると、道の駅。ここは千代の富士の故郷なんだ。私が学生の頃から、小さな体と筋肉で圧倒的に強い横綱でした。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_19592823.jpg
まだ店開いておらずキョロキョロしていると、バイクの方に声をかけられました。バイクで日本一周をしているとのこと。そして百名城周り。何と400ぐらい登城したとのこと。後は、北海道の3つを残すのみ。凄いですね。私も訪問した城の話で盛り上がりました。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_19594068.jpg
道の駅の隣には、千代の富士と千代の山、町の生んだ二人の横綱の記念館が。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_19595076.jpg
海岸線沿いに松前をめざします。向こうに霧が出ています。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20000184.jpg
少し走ると北海道最南端、白神岬の碑が。知りませんでしたが、地図で見るとそうですね。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20001197.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20002333.jpg
松前町に入り、少し走ると松前城到着。海岸段丘の上に立つ城です。
天守は幕末に建てられ、残念ながら昭和24年に火事で焼けたとのこと。百名城周っていると、火災で天守を失った城は多いです。その後、コンクリートで当時の姿に再建したとのこと。なかは、展示館になっています。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20005614.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20011416.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20012789.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20020432.jpg
松前城の町中を抜けると、道は段丘上の少し高いところを通ります。大きな学校が見えてきます。よく見ると廃校のようです。近くを通ると大島中学校とあります。以前はたくさんの生徒がいたのでしょうね。少し寂しさを感じますね。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20022095.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20023258.jpg
段丘に急な谷が入り込んでいるところには橋がかかり、大きなアップダウンなしに道はまっすぐに。橋の上からはこのような絶景を見ることができます。
橋の中ほどで景色を眺めている方がいたので先程の学校のことを聞いてみると、松前城のある地域の学校に統合されたとのこと。他にもこの地域のお話を伺うことができました。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20024402.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20030085.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20032845.jpg
途中1ヶ所だけ千mを越える長いトンネルが。交通量が少ないのでストレスはありません。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20034182.jpg
見晴らしのよさそうなパーキングがあったので寄ってみると、先程のバイクの方とこれも日本一周中の青年が。彼も百名城を周っており、根室半島シャチ跡群1ヶ所を残すのみとか。
今日の宿江差まで20kmほどです。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20040198.jpg
江差の港が近づいてきます。帆船とその後に島が見えます。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20045498.jpg
近づくと開陽丸記念館。島は砂州で陸とつながっているかもめ島。遊歩道があるみたい。
とりあえず開陽丸記念館へ。開陽丸は幕府の軍艦で、戊辰戦争のおり榎本武揚や土方歳三が江戸から函館へ逃れる時、乗ってきた船です。函館戦争の折に江差で嵐のため沈んだとのこと。
遺物などを引き上げて展示するために、本物と同じ大きさで復元し展示館としているそうです。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20050917.jpg
中に入ると、引き上げられた大砲の弾丸や船の部品等膨大な数の展示物に圧倒されます。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20052775.jpg
当時の様子を再現した部分も。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20283151.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20284531.jpg
甲板に出ることもできます。佐渡で見た千石船もすごかったけど、こちらも良くできていました。
説明も丁寧で、函館戦争のときには、松前城下は2/3が焼けてしまたとのこと。激動の時代とはいえ大変だったのですね。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20290059.jpg
今日の宿はすぐ近く。まだ日も高いので、宿に自転車をおいて歩いて開陽丸の後のかもめ島へ。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20291479.jpg
北前船も江差に寄港していたとのこと、岩盤に穴が掘られています。昔は木を立てて船を係留するのに使っていたみたい。北前船も繋がれていたのかな。

47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20292820.jpg
島の上は平らになっていて灯台が。こちらも夕日のスポットみたいです。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20294155.jpg
江差追分が全国に広がったことを伝える碑が立っていました。昭和初期のもの。
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20295725.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20343241.jpg
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_20345043.jpg
思ったより大きな島で、見ごたえのある島でした。

今日のルート
47日目【知内温泉−江刺町】橋の下には絶景がひろがっていました。いろんな出会いもありました。_e0201281_03501693.jpg

走行距離 101.37km
走行時間 5:11:30
獲得標高 659m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-08 04:54 | 日本一周 | Comments(0)

46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で

6/6(水) 晴れ 気温 20〜25℃
ホテルに届いたホイール、タイヤに付け替え、安心して7時半頃出発。
今日は、新幹線輪行で北海道へ。津軽半島を走ってないので少しは走ってと、以前から青函トンネル手前の奥津軽i今別駅から木古内駅まで。ホテルで何時のに乗ろうかな時刻表を調べると、10時過ぎとその後は13時台。今別まで50kmほどあるので10時はきついので、ゆっくり青森観光をすることに。

とりあえず青森港に。昨日も見た三角形のビルが。物産館のようでまだ開いていませんでした。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18160789.jpg
青函連絡船八甲田丸。係留して内部は博物館のよう。これもまだ開場前。学生時代1回だけ青函連絡船に乗って北海道に行ったことを思い出します。何時間かかったのでしょうか。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18161960.jpg
船の前に碑があるので行ってみると、津軽海峡冬景色でした。
写真を撮ろうと近寄ると、センサーがあるのか「上野発の夜行おりた時から〜」と流れ出したので少し気恥ずかしい。心の中で口ずさみながらウロウロと。

9時前になったので近くの「ねぶたの家 ワ・ラッセ」へ。中には青森ねぶたの本物が展示されています。学生時代仙台にいたのにねぶた祭りは見たことがありません。
仙台の繁華街でも、酒が入るとラッセーラと青森県人がはねていました。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18163153.jpg
ねぶたは毎年つくられ、展示されているものは昨年のものだそうです。大迫力でした。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18164362.jpg
海沿いに走ります。半袖では少し肌寒いくらい。こんな道がずっと続きます。海はほとんど見えません。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18165987.jpg
結構走ると、前方に港が。遠くは視界が悪く、下北半島もうっすら。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18171087.jpg
ここから内陸へ。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18172515.jpg
水田などが広がるところ抜け、山に入り傾斜も急に。ホンマにこの先に新幹線の駅があるんかいなと少し心配になりながら、最後は8%を越える坂を上るとやっと峠。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18174410.jpg
ホイールを替えたので、安心して峠を気持ちよく下ります。ありました。北海道新幹線奥津軽今別駅!
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18180150.jpg
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18181674.jpg
沖縄から帰る時以来、自転車を輪行袋に入れ、横に道の駅が併設され時間もあるので昼食。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18201642.jpg
在来線の駅もあります。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_18203707.jpg
新幹線が入ってきました。ワクワクしますね。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_20054743.jpg
すぐに青函トンネルに入ります。乗車時間は30分少々だったと思いますが、20分以上トンネル。
トンネルをやっと抜けると北海道の景色が。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_05125944.jpg
木古内駅到着。今別駅前は何もなかったのですが、こちらは駅前は町になっています。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_20060427.jpg
こちらも道の駅が併設。バイクラックがあり、自転車の空気入れの表示があるので、お借りしました。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_20062059.jpg
町は海に面しており、左手奥が函館山。北海道最後に立ち寄る予定。
 海岸線を走り知内町へ。少し内陸に入ると道の駅。北島三郎さんの生まれ故郷だそうです。

46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_20063334.jpg
さっき乗った新幹線の高架橋が。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_20065266.jpg
国道から少し入り今日の宿、知内温泉に到着。日本の秘湯に選ばれているそうです。
北海道に入ってからは暑かったのですが、さっぱり汗を流せました。
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_20070548.jpg
今日のルート
46日目【青森市−北海道知内温泉】ついに北海道上陸! 新幹線輪行で_e0201281_05251682.jpg

走行距離 77.71km
走行時間 3:46:19
獲得標高 324m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-07 05:27 | 日本一周 | Comments(2)

45日目【大館−青森市】いよいよ北海道

6/5(火) 晴れ時々曇り 気温 0〜25℃
今日は青森まで100kmもないのでゆっくり宿を出発。
弘前まで46km。県境の峠を越えるのですが、ほぼ平坦でゆるい上りが続きます。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22043539.jpg
山形に入った頃から白い花を咲かせた木をよく見かけます。農作業で路肩に泊まっている軽トラのおじさんに聞くと、アカシアだよと教えてくれました。古いですが西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」て歌があったよなと、メロディーを口ずさみながら。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22051112.jpg
ゆるい傾斜のまま山間に入って来ると、何やら幟が立っており「長走風穴高山植物群落」とあります。高山植物が見られるのかなと寄って見ます。建物があり風穴冷蔵倉庫とあり、岩の隙間から冷気が出ていて、現在の温度は0度と表示があります。展示館もあり9時からでまだ開いていませんが、倉庫には入れます。ホンマかいなとないって見ると、
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22084164.jpg
石蔵になっており本当に冷たい。吊るしてある温度計も5℃なので、場所によれば0度もあるなと納得。そのため今日の最低気温は0℃!
火山岩の崩壊地形で、昔から冷気が出ているとのこと。明治にこれを利用して倉庫をつくりりんごを保存して財をなしたそうです。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22075692.jpg
その冷気のため珍しい高山植物の群落があるそう。それほど花は咲いていませんでした。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22091047.jpg
珍しいものが見られたなと少し走ると、昨日書いた国道表示が新潟から丁度400km。
東京ー仙台が400kmなので思えば遠くに来たものだなと・ここから少し勾配がきつくなりますが、それでも5%ほど。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22101849.jpg
道の駅やたて峠が。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22105992.jpg
とっても可愛らしい道の駅。隣に日帰り温泉があります。植林でない秋田杉はここらにしか残っていないとのこと。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22112845.jpg
道の駅のすぐ向こうが県境、矢立峠。大館から200mくらいは上ったのですが、傾斜がゆるくラッキーでした。ついに青森県に入りました。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22115506.jpg
気持ちよく少し下ると、また道の駅。青森に入る碇ヶ関という関所があったそうな。
こちらも温泉施設が併設。ゆっくり道の駅温泉旅ができそうですね。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22140656.jpg
りんご畑に青森を感じながら広い津軽平野を走っていると、
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_05022487.jpg
初めて見る岩木山。津軽平野の独立峰。見事な姿を見せてくれました。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_05020128.jpg
津軽平野は広いな〜などと思いながら、弘前城到着。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22144784.jpg
桜がたくさん植えられ、桜の季節にまた来たいなと。もちろん飛行機で!
お掘りも石垣でなく土塁ですが、緑に覆われ美しい。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22152604.jpg
元あった石垣を修復中で、曵家で移動させた天守。向こうには岩木山。今回の工事も凄いけど、100年前にも修復のため曵家をしたとのこと。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22150956.jpg
大きな枝垂れ桜もいたるところに。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22154620.jpg
弘前からも平野をずっと走り、最後小高い山を抜けると青森市。今日もトンネルは通過せず。せっかくなので縄文遺跡で有名な三内丸山遺跡。
山際にあります。発掘調査により当時の建物が復元されています。今回の旅では、九州の吉野ケ里遺跡を見学したので、少し感慨に。
こちらは5千年前から1500年続いたそうで、凄いですね。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22164011.jpg
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22165347.jpg
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22171071.jpg
展示館もあり驚くほどの数の出土品が展示されています。しかも無料!
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22173314.jpg
糸魚川産のヒスイも出土。フォッサマグナミュージアムで見ましたね。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22180211.jpg
楽しく見学して、青森県庁にご挨拶。
その足で少し早いですが宿泊予定のホテルへ。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22181846.jpg

実は、高知で立ちごげしたときか、一度こかしてしまったときか分からないのですが、前輪のフレがひどくて、新潟のショップで見てもらったのですが、簡単に治りそうにもなく。ショップに置いてある現物は高級品場から。
どうしたものかと思案して、アマゾンで前輪だけの安いホイールを見つけ青森のホテルに送っていたのです。また、タイヤも以前のジャイアントでふぁいさんのコメントで教えていただいたタイヤも購入。
ホテルの裏で付け替え作業。これで北海道も安心して走れます。
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_22184202.jpg
今日のルート
45日目【大館−青森市】いよいよ北海道_e0201281_05423962.jpg


走行距離 94.56km
走行時間 4:31:06
獲得標高 487m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-06 05:44 | 日本一周 | Comments(2)

44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!

6/4(月) 晴 気温 18〜32.9℃
ホテルの朝食会場では高校総体に出場する高校生で賑わっていました。
徳島も今日が総体の最終日なのかなと、遠い昔を思い出すように、高校生を眺めながらたっぷり朝食をいただき7時半頃出発。今日は男鹿半島の付根、大潟村から内陸の大館へ。
市内の総体に開場でしょうか、面白い形の体育館を通過する時、佐渡から新潟のフェリーでご一緒だった日本一周中のバイクの方に手を降りながら追い抜かれました。
奇遇なこともあるものだなと嬉しくなり頑張ってペダルを踏みます。今日はよく足が回ると思ったら追い風っです。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20133013.jpg
秋田港。海岸線にはずっと風力発電の風車が並びます。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20133945.jpg
海岸線のずっと続く松林は、風のためか斜めに。風力発電に最適ですね。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20135493.jpg
男鹿半島手前の「道の駅てんのう」に。タワーがあるので立ち寄ることに。
パーキングに追い抜かれた日本一周のバイクが。お名前のを聞いていなかったのですが、群馬を出て時計回りに日本一周中の鈴木さんでした。
北海道は一ヶ月かけていろんなところを周る予定だとか。
またどこかでとお別れし、道の駅をウロウロと。こちらは大きな公園と一緒になっており、裏には神話に関係した銅像があったり、弥生時代の高床式建物があったりと。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20140927.jpg
少し待って9時開場のタワーに。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20141878.jpg
向こうに男鹿半島が。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20142638.jpg
水田の向こうが八郎潟干拓地の大潟村。料金は無料でした!
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20143429.jpg
少し走ると男鹿市に。大きななまはげがお出迎え。やはり鈴木さんも写真を撮っていました。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20144131.jpg
鈴木さんは男鹿半島へ。私は、八郎潟干拓地へ。少し残る調整池が海とつながる橋です。干拓前も八郎潟はここで海とつながっていた浜名湖みたいな汽水湖だったのですね。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20145075.jpg
橋の向こうには男鹿半島の寒風山。山頂に展望台がある見たです。バイクの鈴木さんは上って大潟村を眺めるそうですが、私には余裕がなくパス。ちょっと残念。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20145719.jpg
大潟村(干拓地)に入ります。地図で見ると干拓地の中を真直ぐ進む道です。両側の防風林も50年ほど前の干拓時に植えられたのでしょうね。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20150933.jpg
約6km直線道路を走りやっと少しまがりまた直線。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20154181.jpg
北緯40°の表示が。昔ワゴン車で友人と岩手の安比高原へスキーに行ったことがあるのですが、たしか安比も40°だたなと思い出しながら。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20154808.jpg
初めて建物が見えてきたら道の駅。大潟村干拓博物館も併設されています。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20155746.jpg
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20160936.jpg
休憩後、博物館へ。琵琶湖に次ぐ湖だった八郎潟の干拓の歴史がよくわかりました。
陸だったところに縄文海進で海水が入ってきてできたので、深いところで5mほどだったそう。
ずっと勘違いしていたのは、土を持ってきて埋め立てたイメージがあったのですが、干拓は堤防を築き水を抜くのだそう。今でも大潟村の干拓地は標高が海面下。排水ポンプで水量を調節しているそうです。
勉強になりました。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20162097.jpg
干拓当初は、柔泥で苦労したそうです。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20163585.jpg
道の駅から少し走ると先程の堤防道路。水田が低いのがよくわかりました。堤防の総延長は55kmだそうでうす。琵琶湖外周が200kmですが、大きな湖だったのがよくわかります。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20164424.jpg
少し走るとバスケットで有名な能代市へ。ここから内陸へ。
河に沿って整備されたバイパスが走っています。旧道もよくわからないのでバイパスを。
秋田を出たときはさわやかだったのですがだんだん暑くなります。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20170706.jpg
道路の温度表示が29℃。南育ちの子(じいさん)にとっては問題なし。山間を抜ける広くなり、向こうに見えるのが北秋田市街地。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20172715.jpg
再び山間に。新潟からの距離表示が100mごとに。何のためなのか?
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20175601.jpg
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20180682.jpg
ロケット燃焼試験場の表示。ここから28km。山間にあるのでしょうか。そういえば国産ロケット開発で聞いたことがあるような。昨日のペンシルロケットと関係があるのでしょうか。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20181875.jpg
山間から大館市へ。広い盆地の街なのですね。さっきはへっちゃらと言いましたが本当に暑い。ニュースでは、秋田で一番暑く32.9℃だそう。
3時過ぎについたので、とりあえず今話題の秋田犬会館へ。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20184216.jpg
展示も面白かったですが、秋田犬もかっていました。暑いのか寝てました。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20190649.jpg
ちょっと怖いポスターも。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20185593.jpg
橋を渡る時向こうには大文字。京都と同じですね。地形も本当に似ています。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20192624.jpg
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20193528.jpg
今日は隣に温泉室のあるお宿に。2食ついて格安。明るい内にお風呂に入って極楽極楽でした。
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20194638.jpg
今日のルート
44日目【秋田市−大館】道の駅は充実してたけど暑かった!_e0201281_20201370.jpg

走行距離 121.74km
走行時間 5:21:33
獲得標高 435m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-04 22:07 | 日本一周 | Comments(2)

43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。

6/3(日) 快晴 気温 14〜27℃
朝窓の外は雲ひとつない快晴。景色に期待しながら駅前というのより駅に同化したホテルを出発。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21270328.jpg
郊外に出て後を振り返ると雪山、月山です。昨日走っているときは、月山見えないなと思っていたのですが。すれ違ったランナーに確認すると「そうです、それと前に見えるのが鳥海山」と教えてくれました。地元の人にとって特別なランドマークなのでしょうね。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21272411.jpg
鳥海山もくっきりと。鶴岡は北に鳥海山、南に月山がある贅沢な場所。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21274584.jpg
20kmほど走ると北前船で栄えた港町酒田。せっかくなので市街地へ。立派な倉庫群、山居倉庫と言うそうです。明治時代に建てられ今も現役の米倉、一部が飲食店などにして観光地に。お店はまだ開いていおらず外をぶらぶら。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21275771.jpg
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21281731.jpg
港から河をさかのぼりコメを運んだのでしょうね。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21282940.jpg
立派な武家屋敷もありますが、開門前。保存するのも大変ですね。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21283952.jpg
酒田市街地を抜け郊外へでると、鳥海山が迫ってきます。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21285062.jpg
旧道を走っても向こうに鳥海山。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21290158.jpg
音楽が聞こえてくるので覗いてみると小学校の運動会。梅雨入りが遅いので今頃なのですね。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21292962.jpg
平野を抜け海岸線へ。少し上をバイパスが走っているため、車はほとんど走っていません。雲ひとつない青空の中何という贅沢!
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21305780.jpg
バイパスと合流して少し上ると、2千年以上前、縄文時代に大噴火して溶岩が海に達した所へ。パーキングあったので立ち寄り海の向こうを見ると、薄っすらと山形県唯一の島、飛島が見えます。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21310789.jpg
何やら売っているので近寄ると秋田名物、ババヘラアイス。私よりお若いおねえさんにつくってもらい、美味しくいただきました。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21311899.jpg
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_04484479.jpg
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21312943.jpg
ここからほんの少し先が県境でした。秋田県に入ります。山形市は太平洋側から訪れる予定です
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21315755.jpg
鳥海山も形が変わってきます。左側の窪んだ場所が大噴火の跡かな?
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21321345.jpg
少し走ると道の駅の表示。昼頃なので補給のために。道の駅象潟。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_05304625.jpg
おにぎりなど購入し、裏の公園で食事。ビールはもちろんノンアルコール。
食べながら象潟ってきいたことがあるよななと考えながら、立派な道の駅には展望台が設置されています。
象潟は、奥の細道で有名ですよね。いまは、町村合併でにかほ市になっています。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_05310891.jpg
早速道の駅ビル6階の展望室へ。眼下に芭蕉が見たときは海に浮かんでいた九十九島が見えます。その後、江戸時代の地震で隆起して今のように。
道を普通に走っていたら気付かないところです。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_05312921.jpg
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_05315195.jpg
せっかくなので近くを走ってみます。大小の小山の上に松が。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_05321059.jpg
このルートは、道の駅がたくさんあり、どの駅も賑わっていました。
日本海に沿ってまっすぐ海岸線から少し高いところずっと走ります。
秋田市に近いところにロケット発祥の地の表示が。
内之浦に像があった糸川博士のペンシルロケットはこの海岸で実験したのですね。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21363748.jpg
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21365422.jpg
最後の小山を越えると秋田市街地が見えてきました。今日はトンネルを通りませんでしたね。金沢、富山を走って以来です。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21371298.jpg
橋には防雪壁が。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21372434.jpg
秋田県庁到着。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21373563.jpg
百名城、久保田城へ。石垣は少なめで土塁を使った城でした。当時の建物は残っておらず、門や隅櫓が再建されていました。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21375981.jpg
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21382923.jpg
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_21385039.jpg
展望浴場付きのホテルだったので、秋田市内を見ながら汗を流し、せっかくなので外へ夕食へ。
日曜の夜なので閉まっている店も多かったのですが、秋田料理の看板があるお店へ。
季節はずれですが、やはりきりたんぽ鍋。これはきりたんぽと地元でだまっこというコメを丸めたのが入っています。
隣の方が新潟出身と言うことで、おすすめのお酒など伺いながら、旅の話をしたり楽しいひと時でした。
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_04485432.jpg


今日のルート
43日目【鶴岡−秋田市】鳥海山! 象潟もよかったよ。_e0201281_05564488.jpg

走行距離 131.05km
走行時間 6:05:26
獲得標高 643m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-04 05:58 | 日本一周 | Comments(0)

42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜

6/2(土) 快晴 気温 13〜22℃
少し肌寒い中、ウィンドブレーカーを着て新潟出発。
朝早いこともありますが、新潟の市内は路側帯も広く走りやす。
郊外に出るとバイパスは歩道もなく軽車両は走れません。その代わり、ずっとバイパス沿いに側道が。橋を渡るときだけ、バイパスに上がって歩道がありました。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03481541.jpg
側道途中に何が動いているのかと思ったらダチョウ農場。少しびっくり。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03495030.jpg
なんとか新発田市の新発田城到着。
門と隅櫓が当時のもので重文とか。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03514818.jpg
お掘りを走っていると、カモの親子が道からお掘りへダイビング中。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03515874.jpg
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03520858.jpg
中へはこの門を通り入ります。9時開門なので少し待って登城。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03521948.jpg
少し離れた場所に足軽長屋が昔のまま残っているとのことで見学。中には入らず道から。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03523964.jpg
向こうに雪の残る山が。飯豊連峰だと思うのですが、その北の朝日連峰とともに東北を代表する山です。
標高は2千mほどですが山が深く、バスを降りて10kmほど歩けばやっと登山口でした。無人小屋が整備され、4泊ぐらいで縦走したと思います。懐かしい。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03524987.jpg
可動式の防風雪柵ですかね。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03534908.jpg
のどかな町中。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03540587.jpg
海岸近くを走っていたのですが、今日初めて見る日本海。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03541687.jpg
また少し山へ入るとこんな表示が!
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03543483.jpg
海岸線が見えてきて写真を撮っていると、ロードの方が気持ち良さそうに。今日は天気もよく多くのロードバイクの方とすれ違いました。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03544446.jpg
道端に結構花が咲いていて、春の風情ですね。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03545872.jpg
笹川流れという海岸線が続きます。岸壁が続き、前方には鉄道のトンネルと道路のトンネルが。海岸では様々な形の奇岩がずっと。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03551775.jpg
道の駅が。中には本当のJRの駅が。土曜ということもあり賑わっていました。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_03553400.jpg
オーシャンブルーの日本海ソフトを購入。少し塩味もきいて美味しかったです。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04060929.jpg
こんな景色が続きます。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04063839.jpg
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04065239.jpg
何kmも岩礁帯が続きやっと砂浜が。トンネルも多いのですが短いので気にならず走れます。日本海で色々な風景見てきましたが、これほど続くのも少なかったような。天気もよく最高でした。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04070517.jpg
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04073209.jpg
やっと村上市から内陸を走るR7と合流。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04074574.jpg
きれいな岬が。鼠ケ関の表示が。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04095850.jpg
岬の付根の坂を上ると山形県の表示が。ついに東北に入りました。四国を出て九州から東北まで。少し感慨にふけってしまいました。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04083681.jpg
少し行くとこんな表示が。鼠ケ関跡です。白河関などと東北三大関所だったそうです。
ここは江戸時代のものだそうです。
義経、弁慶もここを通って平泉へ向かったのですね。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04102234.jpg
少し行くと道の駅。こちらも賑わっていました。しゃりんの文字が気になりきいてみると、ここらあたりに見られる花、シャリンバイからとったそうです。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04103771.jpg
シャリンバイ。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04105432.jpg
今日の宿鶴岡ももうすぐ。こんな温泉の表示が。温泉で泊まるのもよかったなと通過。ネットだよりで宿を予約しているのでわからないんですよね。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04110567.jpg
見にくいですが海に雪を抱いた山が。鳥海山ですね。月山は通過したはずですが、海岸を走っていたのでわかりませんでした。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04112278.jpg
こんな港を通って坂を下れば庄内平野。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04115410.jpg
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04122584.jpg
鶴岡駅前の宿にチェックイン。ビジネスホテルに泊まるとき多い夕食パターン。
居酒屋だっと一品の量が多くてたくさん食べられず、料金も。そこでホテルにチェックインする前にスーパーでお買い物。地元ならでは食べ物もあったりして楽しいですよ。
山形のスーパーでは、驚くぐらいの日本酒のワンカップが並んでいてビックリ。つい購入。
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_04124941.jpg
今日は久しぶりの長距離でしたが、天気に恵まれ、素晴らしい海岸線の風景が堪能でき充実したライドでした。

今日のルート
42日目【新潟−鶴岡】日本海ライドよがっだぁ〜_e0201281_05515944.jpg

走行距離 150.71km
走行時間 7:48:32
獲得標高 451m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-03 05:54 | 日本一周 | Comments(0)

41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ

6/1(金) 曇りのち晴れ 気温 12〜20℃

41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21350561.jpg
コウノトリファンとしてはやはり行かねばと、6km両津港からほどのトキの森公園へ。
2箇所のゲージでトキが飼育され、展示館もあるよう。

佐渡で野性として最後まで残っていたキンの剥製がお出迎え。コウノトリと比べると思ったより小さい。
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21352535.jpg
このゲージではつがいのコウノトリが子育て中。双眼鏡が置いてあり観察ができます。

10年ほど前から放鳥され、自然したでの繁殖にも成功し、200羽近くのコウノトリが自然下で生息しているとのこと。港まで帰るときも見回しながら走っても見つかりませんでした。そりゃそうですよね。
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21355360.jpg
帰り道、見事な柿畑。
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21361674.jpg
加茂湖。昨日は池と書きましたが失礼。海とつながっているので牡蠣の養殖も行われ、牡蠣小屋が。
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21363953.jpg
12時40分のフェリーで佐渡両津港を後に。こちらは立派な大型フェリーでした。
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21365716.jpg
2時間少々で新潟港。信濃川の河口に港があります。佐渡は曇りだったのですが、晴天に。フェリーでは、日本一周中のバイクの方と会いましたが、ゆっくりあちこち周ってているとのこと。また、お会いできたらいいですね。
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21371127.jpg
時間もあるので、先ずは新潟では有名な神社、白山神社へ。
一体が白山公園として整備され、競技場や県民会館などがあります。その一角に神社が。
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21372936.jpg
合格祈願とその他もろもろ。今回はお守りもちゃんと。
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21374461.jpg
少し走って、前知事の辞職で知事選中の新潟県庁へ。
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_21380387.jpg
新潟市街地は、路側帯も広く走りやすかったです。
スムーズに駅近くの格安ビジネスホテルにチェックイン。
近くの量販店で壊れたカメラの替わりに安いコンデジを購入できました。

今日のルート
41日目【佐渡−新潟市】船旅でのんびり新潟へ_e0201281_05013298.jpg


走行距離 30.23km
走行時間 1:28:17
獲得標高 68m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-02 05:06 | 日本一周 | Comments(0)

40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載

5/31(木) 曇りのち雨 気温 12〜21℃
最初の計画では、新潟かフェリーで佐渡往復の予定だったのですが、梅雨前線も迫ってきて佐渡はパスしようかと思案していました。
私には八歳上の兄がおり東京の会社に務めていたのですが、40歳で急死してしまいました。その兄が仕事で行ったときに、「佐渡は何もなかった(佐渡の人ごめんなさい)」と行っていたのが記憶に残り、やはり自分の目で見てみたいなと。地図をよく見ると直江津からもフェリーが出ているみたい。そこで新潟の海岸線をショートカットし、直江津ー佐渡ー新潟のルートで。

直江津港9時半のフェリーなので宿をゆっくり出発。
【写真は主にコンデジで撮っていたのですが、宿でデータをとろうとしたらついに動かなくなりました。そのためスマホで撮った写真しかありません。】
双胴のウォータージェット方式のカッコいい高速フェリーで佐渡へ。
時速60kmでほとんど揺れずに進んでいきます。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04351235.jpg
佐渡へは1時間半ほどで佐渡南端の小木港到着。
港ではたらい舟体験。私は見るだけですが。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04353105.jpg
佐渡は外周を周ると200kmくらいあるので、今回は無理。どこへ行こうか地図を見ていると、小木港から数km西に千石船展示館とあるのでとりあえずそこへ。
ご存知の通り二つの島が中央でくびれてつながっているような形をしています。
船でご一緒した私より少し年配の佐渡出身で所要で帰るところという方が、佐渡は北は山が高く、南は海岸段丘が発達しているとおっしゃっていました。
港から少し上がると段丘面。結構広い水田や畑が広がります。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05104213.jpg
曇天でしたが里山の風景を見ながら少し走ると、展示館。正式には「佐渡国小木民俗博物館」、大正時代建築の小学校を民具などの展示に利用しています。その横の木造の倉庫の中に平成に入り復元された千石船が展示されています。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05105028.jpg
思ったより大きく大迫力。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05105758.jpg
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05110401.jpg
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05111243.jpg
内部にも入れます。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05112433.jpg
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05113175.jpg
隣の展示室は廃校跡を利用して民具などを展示。小学校低学年のときは、こんな校舎だったなと懐かしい。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05113934.jpg
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05114610.jpg
展示館から坂を下ると宿根木という小さな港があり、そこが中世の頃から日本海航路の中心として栄えていたそう。そこで江戸時代末期につくられた千石船を復元したそうです。

坂を下ると宿根木の集落。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05120105.jpg

港は思ったより小さくここで千石船を造っていたとは。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05121029.jpg
小さな土地に建物が密集し、千石船産業で栄えた当時の面影を伝えています。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05122193.jpg
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05123114.jpg
集落の入り口に当時のものではありませんが復元された建物が。1階が食堂になっており、中もいい雰囲気。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04354880.jpg
昼頃だったので、アジフライ定食を。肉厚で美味しくいただきました。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04353960.jpg
やはり佐渡といえば金山。ここから40kmほど先の佐渡金山跡へ急ぎます。
段丘の上を進みます。柿が広く栽培されていたり、昔の街道の面影を伝えるような石塔などが見られ、寄ってみたいようなお寺などの表示もありますが、雨が心配なため先を急ぎます。
佐渡では佐渡ロングライドというサイクリングのイベントが行われているのですが、その表示かな。調べてみると、一週間前に行われたみたい。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05124333.jpg
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05125277.jpg
坂を下ると奇岩が。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05130232.jpg
人の顔したゴジラみたい。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05131195.jpg
だいぶ走って、佐渡のくびれたところ(地名がよくわからないのでごめんなさい)に出るとずっと市街地になっており、街なかを。ここで雨がポツポツ。カッパを着るまでもないので先を急ぎます。金山は北の島にあります。海岸線から結構坂を上ってやっと到着。宿根木を出て3時間はかかりました。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05133343.jpg
向こうに有名な道遊の割戸が見えてきました。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05134279.jpg
雨はポツポツ降り続けていますが、自転車を降りて、まず有名な道遊の割戸へ。江戸初期に100年ほどで山がV地形に割れています。横には垂直の露天掘りの壁。黄金の力をまざまざと見せつけられました。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05135349.jpg
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05141591.jpg
次は実際の坑道を使った展示を見学。動く人形で当時の採掘の様子を再現しています。
これはサイフォンの原理を使った水抜き。坑道は海面下続き、坑道の水抜きが重要だったとのこと。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05143667.jpg
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04360524.jpg
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04361329.jpg
坑道を出ると展示館。ビジュアルに佐渡金山の歴史等が展示されていました。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05145342.jpg
水が抜けなくなり、江戸時代に水平の水抜きトンネルを掘ったとのこと。すごい技術力。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05144447.jpg
興味深く見学し、兄ちゃんあんなこと言ってたけど、佐渡は見どころいっぱいじゃないか、もう少しゆっくり見学したいななどと思いながら建物を出ると土砂降り。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_05150364.jpg
雨雲レーダを見ても雨は続くよう。仕方なく城崎以来一週間ぶりにカッパを着込み今日の宿、両津港へ。坂を慎重に下りくびれの部分に。そこから両津港へは広い平地が広がっています。昔何かの本で佐渡は独立しても自給自足でやっていける場所と読んだことがありますが、納得。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04362119.jpg
案の定両津港に近づくと雨もやみ向こうの山には日がさしていました。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04362927.jpg
両津港には加茂湖がありここで海とつながっていました。汽水湖なのですね。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04364454.jpg
今日の宿は、明治30何年に建築という金沢屋旅館さん。中には骨董なども展示してあったり懐かしさ満載。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04370074.jpg
素泊まりだったので食事に出ても周りは真っ暗。
やっと近くで発見した居酒屋へ。
少し奮発してお刺身盛り合わせ。美味しくいただきました。
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04371183.jpg

今日のルート
40日目【上越市直江津−佐渡】兄ちゃん佐渡は何もないと言ってたけど、見どころ満載_e0201281_04412911.jpg

走行距離 74km
獲得標高 896m


にほんブログ村のランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

by simisimit | 2018-06-01 06:15 | 日本一周 | Comments(0)