人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

北海道again 9日目【帯広−徳島】最終日

6/27(木) 晴れ後雨 気温 15〜28℃
今日はとかち帯広空港から羽田経由で帰るだけ。
途中のアクシデントが心配なので6時前に宿を出発。肌寒くらいです。昨年も通ったルートを。去年は立ち寄った愛国駅近くを通過。
e0201281_21124304.jpg
ジャガイモが花盛り。
e0201281_21124350.jpg
畑の真ん中に空港が。
e0201281_21124438.jpg
e0201281_21124494.jpg
7時過ぎには自転車を輪行袋に。いつも使っている軽量タイプのものですが昨年沖縄ー鹿児島間の輪行でも使ったのでJALを信じて。
e0201281_21124401.jpg
帯広空港のには自転車の組み立てスペースがあり,空気入れも借りられるようです。
e0201281_21124474.jpg
無事に自転車を預けて搭乗。
十勝の大地が眼下に広がります。
e0201281_21124489.jpg
昨年走った襟裳岬が。日本一周以後,あそこは走ったなとか飛行機で眺める景色が楽しみです。
e0201281_21124467.jpg
予定より少し遅れて羽田到着。
徳島行きに乗換。待合室で待っていると,自転車も載せられていきました。
e0201281_21124448.jpg
熱帯低気圧が近づいていると心配でしたが,無事に徳島空港に到着。
自転車は手渡ししてくれました(感謝)。
雨もポツポツのなので自走で帰宅することに(どちらにしても迎えには来てくれませんが)。
e0201281_21124577.jpg
追い風に助けられ,4時前に自宅に帰り着きました。途中旧道を走っていると多分今年生まれたコウノトリが。
e0201281_21134151.jpg
今日で9日目ですが,楽しい旅でした。

走行距離 44km
走行時間 1:55:53
獲得標高 185m




by simisimit | 2019-06-27 21:32 | 自転車旅 | Comments(2)

北海道again 8日目【屈足−帯広】十勝晴れで 暑かった

6/26(水) 晴れ 気温 21〜31℃
のんびり過ごせたクッタリ湖畔の宿を遅めに出発。
十勝晴れの中真っ直ぐな路を。
e0201281_19130904.jpg
昨日越えた狩勝峠方面。
e0201281_19132996.jpg
鹿追町に入り振り返ると十勝、大雪の山が。
e0201281_19530906.jpg
今日の目的地、神田日勝記念美術館。道の駅や町民ホールがある広々した一角にありました。
e0201281_19140314.jpg
NHK放映中「なつぞら」の天陽くんのモデルの農民画家だそうです。
e0201281_19142401.jpg
展示されている点数はそれほど多くありませんが、ベニヤ板に描かれた馬の絵をはじめ迫力がありました。32歳で亡くなった生涯のビデオも上映され農業をしながら絵を描いた生涯に触れることができました。
e0201281_19144766.jpg
美術館を後にして帯広方面へ。
まだ満開の菜の花畑が。
e0201281_19151114.jpg
気温も上昇する中、川の向こうに帯広市街地が。
e0201281_19181351.jpg
まだ午前中なので池田へ。
池田町へ入るとぶどう畑!
e0201281_19194203.jpg
北海道の池高。
e0201281_19200442.jpg
目的地ワイン城到着。
e0201281_19203806.jpg
本来は雪国でぶどうを栽培するのは大変だそうですが、苦労してぶどう栽培とワインづくりに成功したそう。これも北海道の開拓者精神ですね。
e0201281_19211647.jpg
あとは帯広へ。飛んでいたヘリが川の近くに降りてきたと思ったら、自衛隊のヘリ。
e0201281_19220486.jpg
十勝川を渡り帯広へ。
e0201281_19222182.jpg
去年の旅でも訪れた帯広駅到着。今回も鹿が群れています。
暑かったけど、なつぞらを満喫した一日でした。
e0201281_19230863.jpg
駅近くのビジネスホテルに投宿。なんと3500円。
帯広なので夕食は豚丼。美味しゅうございました。
e0201281_19233030.jpg
明日は飛行機輪行で帰るのですが台風が心配。
e0201281_20393843.jpg

走行距離 97km
走行時間 3:59:39
獲得標高 351m




by simisimit | 2019-06-26 20:48 | 自転車旅 | Comments(2)

北海道again 7日目【富良野−十勝(屈足湖)】

6/25(火) 晴れ 気温 19〜26℃
富良野市内のホステルを8時頃出発。今日も天気がよさそう。
e0201281_17540439.jpg
今日は峠を越えて十勝までの予定ですが、まずは「北の国から」の舞台になった麓郷へ。
途中富良野盆地が見渡せます。様々な作物(見ただけで玉ねぎ、とうもろこし、米、麦、砂糖大根など)がパッチワークのように植えられ、北海道が日本の食を支えていることを実感。
e0201281_17553490.jpg
坂を上ると牧草地が広がり、生まれたばかり?の子牛。
e0201281_17555523.jpg
石の家到着。大学を卒業した頃始まったドラマですが、懐かしい。

e0201281_05471988.jpg
e0201281_05464424.jpg
ルートラボで調べていたルートをたどると砂利道になって引き返すアクシデントがあったものの、なんとか普通の道へ。高原の気持ちいい道。
小さな峠を越えて南富良野町。昨年の旅ではお世話になったセイコーマートで昼食。
e0201281_05491382.jpg
狩勝峠を目指します。ここを越えれば十勝。傾斜はそれほどでもないのですが、暑くて汗が吹き出します。
e0201281_05503552.jpg
狩勝峠到着。眼下に十勝平野が広がります。
e0201281_05551964.jpg
e0201281_05584875.jpg
ここからは快適な下り坂。火野正平さんではないけれど、人生下り坂最高〜〜
下ると農家が点在。スイカ模様!
e0201281_05593612.jpg
下ったところは蕎麦で有名な新得町。蕎麦を食べようと店を探しましたが3時頃のためどの店も閉店で残念。
仕方なく新得町の北にあるクッタリ湖にある宿へ。温泉に使ってのんびりできました。
e0201281_06000920.jpg
e0201281_06004675.jpg
スタートボタン押し忘れで途切れていますが今日のルート
e0201281_08161600.jpg

走行距離 約100km





by simisimit | 2019-06-26 08:20 | 自転車旅 | Comments(0)

北海道again 6日目【美瑛−富良野】まったり富良野観光

6/24(月) 晴れ 気温 15〜27℃
今日は富良野まで観光しながらの予定なので宿を8時頃出発。
予定はあまり立ててなかったので、googlemapで調べた近くの四季彩の丘へ。
花も咲き始めでもう少し先がいいのかな。
e0201281_18300972.jpg
続いて「かみふらの八景」の深山峠。
e0201281_18323813.jpg
続いて有名なジェットコースターの路へ。上り下りが大変。
真っ直ぐな路が丘の高低を無視して続きます。バイクなら楽しいのでしょうね。
e0201281_18324719.jpg
次はどこへ行こうかとウロウロしていると、土の館の表示。なんだろうと入ってみると農機具メーカーのがつくったトラクターなどを展示してある博物館。
無料の上、展示が充実していました。
e0201281_18334100.jpg
様々なレトロなトラクターが展示。国産のトラクターは昭和30年代になってからだそうで、外国製のトラクターがずらり。ポルシェやフィアットのトラクターが!
そういえばランボルギーニもトラクターで儲けてスーパーカーをつくったと聞いたような?
e0201281_18332073.jpg
100年以上前の蒸気トラクター!
e0201281_18333033.jpg
十勝岳噴火による泥流被害をいかに克服したかなど、農業の歴史も展示され興味深かったです。
e0201281_18330436.jpg
近くのパノラマロード江花。まっすぐ国道へ伸びる道ですが、ウエディング写真の撮影中。車もほとんど通らないので可能なのですね。
e0201281_18335453.jpg
新郎新婦を横目に下りました。
国道へ出て富良野方面へ。途中有名な富田ファーム。ラベンダーも咲き始めのようで平日とはいえ賑わっていました。
e0201281_18341200.jpg
軽く昼食をとり富良野方面へ。一度は行きたかったのですが滑ったことのない富良野スキー場が目の前に。
e0201281_18351729.jpg
まだ時間もたっぷりあるのでワイナリーへ。寝酒用のハーフワインを購入しました。
e0201281_18353008.jpg
e0201281_18355327.jpg
つまみも必要とチーズ工房へ。実際につくっているところが見学でき面白い。
e0201281_18360516.jpg
e0201281_18361526.jpg
e0201281_18363072.jpg
つまみも購入したのでまだ3時頃ですが宿へ。
駅近くのHostel TOMAR(とマール!)へチェックイン。個室もあるようですが安いドミトリー形式を予約(3300円)。
e0201281_18402574.jpg
e0201281_18364320.jpg
もとは地元のデパートだったものを1年前に改装したそうです。7月、8月の予約はすべてうまっているそう!
シェアキッチンも広くて充実。夕食へ出るには早いので買ってきたワインとチーズでまったりと。
e0201281_18365469.jpg
昨日は美瑛で一人焼肉だったので、ほろ酔い気分で外へでかけてシンプルにスープカレー。美味しくてその上ボリュームがあり満腹。
e0201281_20044231.jpg
e0201281_20045308.jpg
夕食後、残ったワインを飲みながらシェアキッチンでブログを書いていると、中国の10人くらいのグループが本格調理で食事をされていました。中身はエビ、豚、ホタテ、キャベツ等の具材をラーメン、うどんに入れたもののようです。

こういう宿の形態が普通になるのでしょうかね。
e0201281_20111286.jpg

走行距離 48km
走行時間 2:24:16
獲得標高 324m




by simisimit | 2019-06-24 20:16 | 自転車旅 | Comments(0)

北海道again 5日目【妹背牛−美瑛(美馬牛)】快晴の美瑛!

6/23(日) 曇り後晴れ 気温 19〜27℃
薄曇りの中、妹背牛を出発。雨もやんで一安心。
e0201281_20500022.jpg
北海道らしい真っ直ぐな道を旭川方面へ。

道が川沿いを走るようになり両側が山で狭まると神居古潭。
石狩川が旭川のある上川盆地から平野に出る場所のよう。
対岸には古い線路跡がサイクリングロードになっているようです。
e0201281_20502595.jpg
吊橋がありますが徒歩専用。吉野川によく見られる結晶変岩が露出しているようでした。
e0201281_20504370.jpg
ここを抜けると旭川。急に賑やかになります。普通の旅行で来たことがあるので中心部へは行かず郊外から美瑛を目指します。この頃にはすっかり天気も回復し、雪の残る大雪や十勝連峰が。
e0201281_20505822.jpg
幹線道路を離れて美瑛の丘陵方面へ。坂を上るとパッチワークが広がっていました。
20年ほど前、GW明けに仕事で来たときは、種の植え付け時期で黒い土が広がるだけだったので、少し嬉しい。
e0201281_20511533.jpg
e0201281_20513702.jpg
e0201281_20521193.jpg
e0201281_20522666.jpg
有名なセブンスターの木、親子の木、ケンメリの木などを周り北西の丘展望台へ。
丘陵地帯にはほとんど飲食店はなくこちらでやっと昼食にありつけました。
e0201281_20524418.jpg
ピラミッド状の展望台からは目の前に十勝連峰が広がっていました。
e0201281_06173300.jpg
ここから美瑛市街地へ。まだ2時頃と宿へ行くには早いのでどうしたものかと思っていると、道の駅で写真展をやっていて美しい池の写真。最近有名になった「青い池」だそうでここから18kmくらい。まだ足は大丈夫そうなので行って見ることに。

真っ直ぐな道を白金温泉方面へ。
e0201281_20531489.jpg
十勝岳が近づいてきます。
e0201281_20532659.jpg
青い池到着。パーキングが整備され車がいっぱい。人もいっぱい。
遊歩道が整備され人をかき分け池の写真を。
昨日の雨のせいか思ったより青くはありませんでしたが、それでも美しかったです。

てっきり火山性のため青いのかと思っていたのですが、湧き水に白色系の微粒子(水酸化アルミニウム等)が含まれそれによる光の散乱で青く見えるそう。
e0201281_20535530.jpg
青い空に青い池は映えますね。
e0201281_20541383.jpg
再び美瑛市街地へ。
立派な役場の横に塔が併設してあり日曜でも上れるみたい。エレベーターで展望台へ。
e0201281_20550575.jpg
e0201281_20543406.jpg
e0201281_20545151.jpg
今日の宿は素泊りなので夕食をすませて8kmほど離れた宿へ。
美馬牛!「びばうし」と読むそう。今日は牛から牛への移動になりました。
e0201281_20552378.jpg
丘の上の素敵な宿でした。
e0201281_20554815.jpg
e0201281_20490832.jpg
走行距離 104km
走行時間 4:49:39
獲得標高 665m




by simisimit | 2019-06-24 06:25 | 自転車旅 | Comments(0)

北海道again 4日目【定山渓−妹背牛】雨のため急遽輪行

6/22(土) 雨 気温 13〜22℃
友人と2年後の再会を約束して今にも降り出しそうな定山渓の宿をスタート。
走り出してすぐに降り出しました。
急いで雨具を着けどうしようかと思案しながら札幌方面へ。
e0201281_17000596.jpg
今日の宿は旭川の手前、120km先の妹背牛。雨も本降りになってきたので札幌駅から輪行で行くことに。

なんとか札幌駅に到着。1時過ぎの各駅に乗り込み岩見沢で乗り換え。
札幌駅で購入した駅弁とビールで飲み鉄に変身。
e0201281_16582201.jpg
3時過ぎに妹背牛(もせうし)駅に到着。
e0201281_16584709.jpg
駅前の宿に投宿しました。
雨の日はのんびり輪行もいいものです。


走行距離 26.88km
走行時間 1:43:08





by simisimit | 2019-06-22 19:15 | 自転車旅 | Comments(0)

北海道again 3日目【小樽−定山渓】

6/21(金) 曇り 気温 14〜24℃
小樽のホステルを9時前にスタート。平日なのか止まり客も少なく快適でした。少し驚いたのは、受付の女性が中国の方なのか日本語は片言。国際化していることを身近に感じました。

e0201281_16550414.jpg
今日は定山渓に3時頃までに着けばいいので、小樽をぶらぶら。
昨年小樽を通過したときは、週末でごったがえしていましたが、平日と言うことでそれほどでもなく。
e0201281_16551439.jpg
e0201281_16552380.jpg
e0201281_16553245.jpg
e0201281_16555871.jpg
今日は峠を越えて定山渓へ。海外沿いに少し走り山の方へ。
坂を上っていくと大きなダムとループ橋が。
e0201281_16561133.jpg
朝里ダム。水を満々とたたえていました。
e0201281_16570815.jpg
ダムをすぎると勾配も10%近くになり、汗びっしょりで上っていきます。
e0201281_16572252.jpg
やっとトンネルが。標高は600mを越えていました。最近はあまり乗っていのないでいい練習になりました。
e0201281_16573437.jpg
トンネルを通ると後は定山渓へ下るだけ。
定山渓ダムを通過し、
e0201281_16574666.jpg
1時過ぎに定山渓到着。
3時集合なので昼食後自転車をホテルに預けて周囲を散策。
e0201281_16580069.jpg
足湯が何箇所もあり、いい気持ち。
e0201281_16581186.jpg
予定通り昨年仙台で再開した友人と再び再開。

昨年は札幌の居酒屋で落ち合ったのですが、今日はゆっくり温泉につかり夜更けまで楽しく語り明かしました。

e0201281_18451060.jpg
走行距離 51.17km
走行時間 2:42:55
獲得標高 786m




by simisimit | 2019-06-22 18:48 | 自転車旅 | Comments(0)

北海道again 2日目【舞鶴−小樽】フェリー旅

6/20(木) 曇り
昨晩24時前に舞鶴港を出港。新日本海フェリーのはまなす。思ったより大きいです。
e0201281_22040971.jpg
自転車の航送代金は、輪行袋に入れても同じなのでそのまま、乗用車より前、バイクに続いて乗り込む。
e0201281_22042494.jpg
このフェリーは、雑魚寝はなく一番安いクラスでも2段ベッド。今回は下から2番目のツーリストS。一応カーテン閉めれば個室状態。
e0201281_22044256.jpg
無料の大浴場(サウナ付き)があるので乗り込んですぐに直行。まだ出港前と合って空いていて快適でした。

ベッドは半畳程ですが寝るには十分。枕元にコンセントもあり充電も問題なし。ヘッドフォンで聞くTV(主にBS)もついており、買い込んでいた寝酒を飲んで気持ちよく寝られました。

朝7時頃目覚めデッキに出るとどんより曇り空。佐渡の西方を航行中のようですが海しか見えず。
コインランドリーも完備していて汗びっしょりのジャージも洗ってさっぱり。ギリギリの荷物で走っているで洗濯は最重要課題です。
e0201281_22050212.jpg
昨年の日本一周の際、鹿児島から沖縄への船旅は、奄美大島から始まり徳之島や与論島など様々な島に寄るので眺めが楽しかったなと思い出しながらブログの下書きでもしようとのんびり過ごします。

一つ残念なのはwifiが使えないこと。スマホの電波も入りません。逆にのんびりするにはいいのかも。

することもないので、昼間から風呂に入ってこんなものを飲みながらブログの下書き中(働いている皆さんごめんなさいm(_ _)m)。
e0201281_22181825.jpg
陸は見えなかったのですが、やっと奥尻島が見え、積丹半島を通過。昨年の旅で訪れた神威岬が目の前に。去年は自転車で、今年は船から眺めることができ感慨無量!?

などと思っていると小樽到着。もう真っ暗です。
e0201281_22053719.jpg
予約していたホステルへ直行。外食の元気もなくコンビニで買ってきたものをつまみながらブログを書いてます。
e0201281_22054549.jpg
明日は昨年あった友人と再開するため定山渓へ。





by simisimit | 2019-06-20 22:35 | 自転車旅 | Comments(3)

北海道again 1日目【徳島−舞鶴】

6/19(水) 晴れ 気温 20〜28℃
昨年の今頃,道東を走っていましたが,今年も友人に会うため北海道へ。
今回は10日ほどの日程で美瑛や富良野から帯広へ。

北海道へは舞鶴からフェリーで。自宅近くの高速Pから高速バスで三ノ宮。
e0201281_19094542.jpg
三ノ宮からも高速バスで福知山へ。高速バスは、自転車を載せてくれない場合もあるようですが、どちらもOK。ただ、福知山へはバスの荷物置きが一番コンパクトな輪行袋でもギリギリでした。

鳴門西7時過ぎのバスでしたが11時前には福知山到着。
昨年の11月に走ったマラソンのコースをたどり舞鶴へ。
e0201281_19100855.jpg
e0201281_19113856.jpg
福知山マラソンは寒くてヘロヘロでゴールしたことを思い出しながら、今日は追い風で快適。舞鶴まで40km程なので2時ごろには舞鶴到着。

小樽行きのフェリーは夜中に出発のため、昼食後、昨年の旅でも寄った赤煉瓦へ。
e0201281_19115802.jpg
1年前ですが、何か懐かしい。
夕方まで散策して、スーパーで船旅の買い出しや夕食後フェリー乗り場へ。
e0201281_19121557.jpg
e0201281_19123084.jpg
夜中に出発して小樽へ20時間。船内でどう過ごしたものか。


走行距離 43.9km
走行時間 1:51:13
獲得標高 184m




by simisimit | 2019-06-19 19:49 | 自転車旅 | Comments(1)